不労所得 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

不労所得

投稿日:2020年1月5日 更新日:

不労所得とは所得を得るための労力が少ない所得です。

労働をして得る事のできる勤労所得を除いたもの全般を指します。
労力無しで得られる収入と誤解される事が多いですが、労力がかかるものも含みます。
労力が収入に対して少ないのが特徴ですが、不労所得を形成するには条件があるため、条件を満たすのが大変な事も多いです。

主な不労所得一覧

  • 預金の利息
  • 株式の配当
  • 債券の利子
  • 不動産の所有益
  • 各種手当(児童手当など)
  • 保険(雇用保険・失業保険など)
  • 印税など

不労所得を得る手段の中から実際にできる事は限られる方が多いと思います。
これは金銭的側面だけではなく、専門的な知識や経験がないとできない事も多いからです。
また、忘れてはいけないのが、利益(リターン)のみではなく、損失(リスク)も生じるという事です。
リターンに対するリスク管理はとても大切です。

具体例

株の配当を例にあげます。
※概算です

株を100万円分購入します。
配当金は4%です。

最初に購入手数料を3%引かれ97万円の投資になります。
一年後に配当を受ける時期になり、株価が5%下落し評価額が92万円になったため配当金は36,800円です。
配当金は税金が20%かかり手取りは29,440円です。

一年後の資産
株の評価額 92万円
配当金、手取り 29,440円
合計 949,440円

この年は約5万円の損質になります。

まとめ

不労所得は基本的にインカムゲインであるため、不労所得で生活するためには、その過程で多くの労力が必要になります。
最初は働いても収益はほとんどない状態が続き、それを乗り越えることで収益が出始めるものもあります。

不労所得はその性質上、最初が最も大変です。
これは複利効果のようなもので、不労所得が得られるようになれば自由に使える時間が増加するため、さらなる不労所得を形成する事ができます。
さらに、資産が増えていけばより良い条件の不労所得を得る事ができます。

関連記事

 インカムゲイン・キャピタルゲイン
 複利効果

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

資産三分割法

資産三分割法は性質の異なる三種類の資産を保有する投資方法です。三分割する事でリスクを分散させる方法です。基本的に三種類のうちの一種類は預金とする事が多いです。代表的な選択肢は下記になります。 預金(普 …

損害遅延金(遅延賠償)

損害遅延金はお金の引き渡しが遅延した場合に追加で請求される賠償金です。基本的になにか契約を結ぶ時に金額とその引渡期限が決められています。そして、その引き渡し期限を守らない場合には何らかのペナルティーが …

投資

投資はお金を増やすためにお金を使う事で、使った分以上のお金が戻ってきます。投資の多くは不労所得だと考えられています。そのため、投資家に興味を持つ人は多く、投資に興味がある人は全体の6割(60%)程度だ …

フルインベストメント

フルインベストメントは資産の多くを投資する方法です。フルインベストメント(full=全力、investment=投資)は直訳すると全力投資です。資産のほぼ全てを投資に回し最低限必要な現金しか持たない投 …

トレードオフ

トレードオフはお互いに譲れない条件が対立した場合は取引が不成立となる状態です。トレードオフは複数の両立し得ない条件になる関係をさします。一方を得るために、もう一方を犠牲にするように、両立不可能な二律背 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ