複利効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

複利効果

投稿日:2019年12月15日 更新日:

複利効果は運用で得た利益を再投資する事で元本を増やし、増やした元本によって利益が増加していく効果です。

当然利回りが良いほど利幅が膨らみますが、複利効果ではこの利回りが非常に重要な要素となってきます。

複利効果で重要なのは「元本」「利率」「時間」です。
上記3点が良ければより大きな複利効果を生みます。
しかし、実際は一定の利益を出すことはとても難しいです。
基本的には利率を上げるとリスクも上がります。
最悪利益がマイナスになるときもあります。
リスクと金利のバランスが大事です。

比較しやすいように下記表に元本100万円、年利1%と3%の表を記載しました。
(※ 他の元本・年利を計算したい人はこちら → 複利計算

表を見ていただければわかる通り時間経過で年利の差が顕著に表れていきます。

30年で見た場合
 1%の場合は約33万円(約1.3倍)の増加
 3%の場合は約136万円(約2.3倍)の増加
となり、2%の違いが30年の時間をかける事で収益には約4倍の差がつきました。

元手がない、もしくは、1%で運用できない場合の早見表も作成してみました。
毎月1万円を投資して運用します。
左下の表は銀行の0.35%(2019.12.13現在オリックス銀行5年定期税引前利回)で計算しました。※税金は考慮してません。
(※ 他の積立・年利を計算したい人はこちら → 積立計算(複利運用)

30年毎月1万円銀行預金した場合
 積み立てた金額は360万円
 表では約379万円ですので、約19万円(約5%)増えました。

40年毎月1万円銀行預金した場合
 積み立てた金額は480万円
 表では約514万円ですので、約34万円(約14%)増えました。

銀行預金利回でも年月をかけると大きな利益をもたらしてくれます。

1%で運用できれば銀行に預けるよりも多くの利益が得られます。
もちろん、利回りは多ければ多いほどいいですが、利回りが上昇するとリスクも増加しやすい傾向があります。

最後に

この複利効果を一番活用しているのはローン会社です。
特にリボルビング払い(リボ払い)の利回りは比較的高め(15%くらい)に設定されている事が多いです。

複利効果を活用するか、活用されるかでその後のフリーキャッシュフローに大きな影響が出ると思います。

関連記事

 複利計算
 積立計算(複利運用)
 リボルビング払い(リボ払い)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

多重債務

多重債務は複数の会社から借金をしていて返済が難しい状態です。多重債務の人は借金の総額が多くなったことで、金利も増加し返済が追い付かない状況となっています。多重債務者の中には借金返済のために他の金融機関 …

資産三分割法

資産三分割法は性質の異なる三種類の資産を保有する投資方法です。三分割する事でリスクを分散させる方法です。基本的に三種類のうちの一種類は預金とする事が多いです。代表的な選択肢は下記になります。 預金(普 …

ノーワーク・ノーペイ

ノーワーク・ノーペイは「働かなくして給料なし」という原則です。ノーワーク・ノーペイは会社などの組織の基本概念で、働いた分についての給料を支払わなくてはいけませんが、働いていない分についての給料は支払う …

リスクオン

リスクオンはリスクを好んで取る事です。通常はリスクが増加する事でリターンも増加します。つまり、リスクとリターンが比例するため、リスクを増やす事でハイリスクハイリターンとなります。つまり、リスクオンはリ …

投資

投資はお金を増やすためにお金を使う事で、使った分以上のお金が戻ってきます。投資の多くは不労所得だと考えられています。そのため、投資家に興味を持つ人は多く、投資に興味がある人は全体の6割(60%)程度だ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ