福利効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

福利効果

投稿日:2019年12月15日 更新日:

福利効果は運用で得た利益を再投資する事で元本を増やし、増やした元本によって利益が増加していく効果です。

当然利回りが良いほど利幅が膨らみますが、福利効果ではこの利回りが非常に重要な要素となってきます。

福利効果で重要なのは「元本」「利率」「時間」です。
上記3点が良ければより大きな福利効果を生みます。
しかし、実際は一定の利益を出すことはとても難しいです。
基本的には利率を上げるとリスクも上がります。
最悪利益がマイナスになるときもあります。
リスクと金利のバランスが大事です。

比較しやすいように下記表に元本100万円、年利1%と3%の表を記載しました。

表を見ていただければわかる通り時間経過で年利の差が顕著に表れていきます。

30年で見た場合
 1%の場合は約33万円(約1.3倍)の増加
 3%の場合は約136万円(約2.3倍)の増加
となり、2%の違いが30年の時間をかける事で収益には約4倍の差がつきました。

元手がない、もしくは、1%で運用できない場合の早見表も作成してみました。
毎月1万円を投資して運用します。
左下の表は銀行の0.35%(2019.12.13現在オリックス銀行5年定期税引前利回)で計算しました。※税金は考慮してません。

30年毎月1万円銀行預金した場合
 積み立てた金額は360万円
 表では約379万円ですので、約19万円(約5%)増えました。

40年毎月1万円銀行預金した場合
 積み立てた金額は480万円
 表では約514万円ですので、約34万円(約14%)増えました。

銀行預金利回でも年月をかけると大きな利益をもたらしてくれます。

1%で運用できれば銀行に預けるよりも多くの利益が得られます。
もちろん、利回りは多ければ多いほどいいですが、利回りが上昇するとリスクも増加しやすい傾向があります。

最後に

この福利効果を一番活用しているのはローン会社です。
特にリボ払いの利回りは比較的高め(15%くらい)に設定されている事が多いです。

福利効果を活用するか、活用されるかでその後のフリーキャッシュフローに大きな影響が出ると思います。

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

不労所得

不労所得とは所得を得るための労力が少ない所得です。労働をして得る事のできる勤労所得を除いたもの全般を指します。労力無しで得られる収入と誤解される事が多いですが、労力がかかるものも含みます。労力が収入に …

カントリーリスク

カントリーリスクは投資対象が特定の地域に偏っているため、リスクが上がっている状態です。投資対象が特定の地域に偏るとその地域で政治・経済・社会情勢などでなにかしらの問題が起きた場合、大きく資産価値が低下 …

生き金(いきがね)、死に金(しにがね)

生き金、死に金の定義は 生き金 使ったら戻ってくる死に金 使っても戻ってこない戻ってくると言っても、現金で戻ってくるとは限りません。そもそも、お金は引換券です。なにかと交換するのが本来の使い方です。生 …

損害遅延金(遅延賠償)

損害遅延金はお金の引き渡しが遅延した場合に追加で請求される賠償金です。基本的になにか契約を結ぶ時に金額とその引渡期限が決められています。そして、その引き渡し期限を守らない場合には何らかのペナルティーが …

育児休業制度

育児休業制度は子育てを支援する制度です。育児休業制度を利用するには一定の条件があり、給付金の額や受け取れる期間には一定の決まりがあります。今では一般的な認識となっていますが、育児休業は男女共に利用でき …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ