フルインベストメント | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

フルインベストメント

投稿日:2020年3月11日 更新日:

フルインベストメントは資産の多くを投資する方法です。

フルインベストメント(full=全力、investment=投資)は直訳すると全力投資です。
資産のほぼ全てを投資に回し最低限必要な現金しか持たない投資法です。
投資できる資金を全額投資に回す事で効率的な投資ができます。

具体例

元本100万円で年利4%の場合

100万円投資する場合は4万円の利益がでます。
50万円投資する場合は2万円の利益がでます。

投資資金を倍にすることで倍の収益がでます。
このため資本が少ない場合はリスクが少ないため、有効な投資法と考える方も多いです。

しかし、年利がマイナスになってしまうと損失も大きくなります。

元本1000万円で年利マイナス4%の場合
1000万円投資する場合は40万円の損失がでます。
500万円投資する場合は20万円の損失がでます。

このようにフルインベストメントは、相場の影響を強く受けるため、現金比率が多い投資よりもハイリスクハイリターンになります。

まとめ

フルインベストメントはリスクが大きいです。
しかし、含み損を抱えても、長期的な視点では収益を発生させる可能性が高いです。
これは、世界全体の人口は増え経済も発展していく事が予想されるためです。

しかし、投資先が破綻してしまっては回収は困難です。
大切なのは破綻しない投資先です。

購入価格が50万円で毎年1万円(年利2%)の収益えでも50年続ければ資産は100万円で倍になります。
このようなインカムゲイン狙いの場合は保有し続ける事で資産が形成されていくため、安定的な収入が確保されている方には有効な投資法と言えます。

資産が増えると無リスク資産の割合を増やす事も有効な投資方法です。
資産を増やす事だけではなく、失わない方法が大切となるためです。

反対に資金が少ない期間はキャピタルゲインを視野に入れた投資で資金を短期的に増やす事が有効です。

どのような投資方法にしても、投資は期間が長ければ福利効果の影響が大きくなります。
投資は早く始める事が大切です。

関連記事

 インカムゲイン・キャピタルゲイン
 福利効果
 無リスク資産

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

無リスク資産(リスクフリー資産)

無リスク資産はリスクが少なく収益が得られる安全性の高い資産を指します。一般的に元本が保証された安全資産を指します。国債、銀行貯金などが主に該当します。完全にリスクが存在しない事はありませんが、国債は国 …

現在価値(PV)

現在価値(PV)は現在を基準に価値を算出する方法です。ものの価値は変動しているため、同一のものでも過去・未来で異なった価値になります。(現在の価値を現在価値、未来の価値を将来価値と言います。)現在価値 …

ファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)

ファイナンシャルリテラシーは金融を理解し、活用する事を意味します。生活に欠かせないファイナンシャルリテラシーですが、日本の学校教育では学ぶ機会は少ないですが、金融の情報は変化が激しいため、人・本・イン …

変動費率

変動費率は価格の変動する費用が売上に占める割合です。変動費率は経営を安定させるためには大事な指標の一つです。変動費率が正しく導けなければ損益分岐点の計算も正しくは行えません。肝心の変動費率の計算方法は …

原価

原価はその製品を作成する際にかかる費用です。原価を正確に把握するためには原価の計算を行う必要があります。原価計算には材料費、労務費、経費などを計算する事で原価がわかります。通常は原価に利益を載せて販売 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ