フルインベストメント | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

フルインベストメント

投稿日:2020年3月11日 更新日:

フルインベストメントは資産の多くを投資する方法です。

フルインベストメント(full=全力、investment=投資)は直訳すると全力投資です。
資産のほぼ全てを投資に回し最低限必要な現金しか持たない投資法です。
投資できる資金を全額投資に回す事で効率的な投資ができます。

具体例

元本100万円で年利4%の場合

100万円投資する場合は4万円の利益がでます。
50万円投資する場合は2万円の利益がでます。

投資資金を倍にすることで倍の収益がでます。
このため資本が少ない場合はリスクが少ないため、有効な投資法と考える方も多いです。

しかし、年利がマイナスになってしまうと損失も大きくなります。

元本1000万円で年利マイナス4%の場合
1000万円投資する場合は40万円の損失がでます。
500万円投資する場合は20万円の損失がでます。

このようにフルインベストメントは、相場の影響を強く受けるため、現金比率が多い投資よりもハイリスクハイリターンになります。

まとめ

フルインベストメントはリスクが大きいです。
しかし、含み損を抱えても、長期的な視点では収益を発生させる可能性が高いです。
これは、世界全体の人口は増え経済も発展していく事が予想されるためです。

しかし、投資先が破綻してしまっては回収は困難です。
大切なのは破綻しない投資先です。

購入価格が50万円で毎年1万円(年利2%)の収益えでも50年続ければ資産は100万円で倍になります。
このようなインカムゲイン狙いの場合は保有し続ける事で資産が形成されていくため、安定的な収入が確保されている方には有効な投資法と言えます。

資産が増えると無リスク資産の割合を増やす事も有効な投資方法です。
資産を増やす事だけではなく、失わない方法が大切となるためです。

反対に資金が少ない期間はキャピタルゲインを視野に入れた投資で資金を短期的に増やす事が有効です。

どのような投資方法にしても、投資は期間が長ければ福利効果の影響が大きくなります。
投資は早く始める事が大切です。

関連記事

 インカムゲイン・キャピタルゲイン
 福利効果
 無リスク資産

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

労使協定

労使協定は会社と労働者の間で労働基準法の例外を定めるために結ばれる協定です。労使協定は誰でも結べるわけではなく、労働者の中から代表を選出し、選出された人が会社との交渉などを行います。労働者の代表は民主 …

ゼロサム・ゲーム(ゼロ和)

ゼロサム・ゲームは総体的なお金が一定に保たれ、その配分によって利益が出る事です。 ゼロサム・ゲームを行うと短期的には利益が出るかもしれませんが、継続しても利益を得ることは難しいです。そのため、ゼロサム …

心理会計(メンタルアカウンティング)

心理会計はメンタルアウカウンティングや心の会計、心の家計簿など多くの呼び方があります。いずれもお金の使用目的や入手方法によって評価が異なる心理です。勘定項目毎に価値が異なり、平均評価額が心の中で決まっ …

資本主義(資本制)

資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。資本主義は取引を行い、競争が起き、発展していくのが特徴とされています。しかし、放任するだけで経済成長が伸び続けるわけではなく、金融危機の影響な …

ローソク足(ロウソク足)

ローソク足は投資で使われている一般的な表示方法です。ローソク足は値動きで重要な四本値(「始値」「終値」「最高値」「最安値」)が視覚的にわかる様に設計されているため、一目で需給バランスがわかります。ロウ …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ