フルインベストメント | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

フルインベストメント

投稿日:2020年3月11日 更新日:

フルインベストメントは資産の多くを投資する方法です。

フルインベストメント(full=全力、investment=投資)は直訳すると全力投資です。
資産のほぼ全てを投資に回し最低限必要な現金しか持たない投資法です。
投資できる資金を全額投資に回す事で効率的な投資ができます。

具体例

元本100万円で年利4%の場合

100万円投資する場合は4万円の利益がでます。
50万円投資する場合は2万円の利益がでます。

投資資金を倍にすることで倍の収益がでます。
このため資本が少ない場合はリスクが少ないため、有効な投資法と考える方も多いです。

しかし、年利がマイナスになってしまうと損失も大きくなります。

元本1000万円で年利マイナス4%の場合
1000万円投資する場合は40万円の損失がでます。
500万円投資する場合は20万円の損失がでます。

このようにフルインベストメントは、相場の影響を強く受けるため、現金比率が多い投資よりもハイリスクハイリターンになります。

まとめ

フルインベストメントはリスクが大きいです。
しかし、含み損を抱えても、長期的な視点では収益を発生させる可能性が高いです。
これは、世界全体の人口は増え経済も発展していく事が予想されるためです。

しかし、投資先が破綻してしまっては回収は困難です。
大切なのは破綻しない投資先です。

購入価格が50万円で毎年1万円(年利2%)の収益えでも50年続ければ資産は100万円で倍になります。
このようなインカムゲイン狙いの場合は保有し続ける事で資産が形成されていくため、安定的な収入が確保されている方には有効な投資法と言えます。

資産が増えると無リスク資産の割合を増やす事も有効な投資方法です。
資産を増やす事だけではなく、失わない方法が大切となるためです。

反対に資金が少ない期間はキャピタルゲインを視野に入れた投資で資金を短期的に増やす事が有効です。

どのような投資方法にしても、投資は期間が長ければ複利効果の影響が大きくなります。
投資は早く始める事が大切です。

関連記事

 インカムゲイン・キャピタルゲイン
 複利効果
 無リスク資産

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

ラットレース

ラットレースは「金持ち父さん、貧乏父さん」で知られるロバート・キヨサキが 働いても働いても現状維持で終わってしまう事を表現するのに用いた言葉です。多くの方が毎月支払いに追われ収入を得てもお金は生活費に …

リボルビング払い(リボ払い)

リボルビング払いは分割払いの一種です。リボ払いは割賦販売(かっぷはんばい)の一種で、主にクレジットカードの支払いを分割して支払うカードローンの一種です。手軽に借り入れができる反面、基本的に金利(利息/ …

ゼロサム・ゲーム(ゼロ和)

ゼロサム・ゲームは総体的なお金が一定に保たれ、その配分によって利益が出る事です。 ゼロサム・ゲームを行うと短期的には利益が出るかもしれませんが、継続しても利益を得ることは難しいです。そのため、ゼロサム …

SBIネオモバイル証券(国内株式について)

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は国内株式を1株から購入できる(FXなどの他のサービスもあります)サービスです。SBIネオモバイル証券の最大の特徴はTポイントを使って株を購入する事ができる点で、お買 …

民事再生(個人再生)

民事再生は借金を減額してもらう制度の一つです。民事再生は借金総額の全額返済見込みがない状態の人の借金総額を減額する制度で、減額後の借金を返済する事で減額された分の借金についても法律上の返済義務がなくな …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ