フルインベストメント | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

フルインベストメント

投稿日:2020年3月11日 更新日:

フルインベストメントは資産の多くを投資する方法です。

フルインベストメント(full=全力、investment=投資)は直訳すると全力投資です。
資産のほぼ全てを投資に回し最低限必要な現金しか持たない投資法です。
投資できる資金を全額投資に回す事で効率的な投資ができます。

具体例

元本100万円で年利4%の場合

100万円投資する場合は4万円の利益がでます。
50万円投資する場合は2万円の利益がでます。

投資資金を倍にすることで倍の収益がでます。
このため資本が少ない場合はリスクが少ないため、有効な投資法と考える方も多いです。

しかし、年利がマイナスになってしまうと損失も大きくなります。

元本1000万円で年利マイナス4%の場合
1000万円投資する場合は40万円の損失がでます。
500万円投資する場合は20万円の損失がでます。

このようにフルインベストメントは、相場の影響を強く受けるため、現金比率が多い投資よりもハイリスクハイリターンになります。

まとめ

フルインベストメントはリスクが大きいです。
しかし、含み損を抱えても、長期的な視点では収益を発生させる可能性が高いです。
これは、世界全体の人口は増え経済も発展していく事が予想されるためです。

しかし、投資先が破綻してしまっては回収は困難です。
大切なのは破綻しない投資先です。

購入価格が50万円で毎年1万円(年利2%)の収益えでも50年続ければ資産は100万円で倍になります。
このようなインカムゲイン狙いの場合は保有し続ける事で資産が形成されていくため、安定的な収入が確保されている方には有効な投資法と言えます。

資産が増えると無リスク資産の割合を増やす事も有効な投資方法です。
資産を増やす事だけではなく、失わない方法が大切となるためです。

反対に資金が少ない期間はキャピタルゲインを視野に入れた投資で資金を短期的に増やす事が有効です。

どのような投資方法にしても、投資は期間が長ければ複利効果の影響が大きくなります。
投資は早く始める事が大切です。

関連記事

 インカムゲイン・キャピタルゲイン
 複利効果
 無リスク資産

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

配当金

配当金は会社が得た利益の一部を株主に還元するものです。配当金は株主に分配される現金配当で、基本的に年に数回に分けて株主に分配されますが、その金額は会社ごとに異なるため、配当金がない会社もあります。また …

ポートフォリオ

ポートフォリオは業界毎に意味が若干異なりますが、いずれも実績がわかる内訳明細を示します。金融の世界では異なる種類の資産(株式・債券・不動産・貴金属など)の詳細を表現する事が多いです。ポートフォリオの構 …

クロヨン(トーゴーサンピン)

クロヨンは(9・6・4)は課税所得に対する不公平を意味する言葉です。クロヨンは税務署で把握している課税対象の所得の割合を示し、 給与所得者 9割自営業者 6割農林水産業 4割 といわれています。この割 …

育児休業制度

育児休業制度は子育てを支援する制度です。育児休業制度を利用するには一定の条件があり、給付金の額や受け取れる期間には一定の決まりがあります。今では一般的な認識となっていますが、育児休業は男女共に利用でき …

複利計算

複利の計算です。元金を複利運用した計算結果を表示します。※積立ではありません。 (積立はこちら→積立計算(複利運用)) 参考 年利3%程度 : リスクを抑えた投資年利5%程度 : リスクもリターンも中 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ