パーソナルファイナンス | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

パーソナルファイナンス

投稿日:2020年7月5日 更新日:

パーソナルファイナンスはライフプランに応じたお金の知識や使い方を意味します。

パーソナルファイナンスを考えるためには、どのような人生を送りたいかを考える事が重要です。
個人個人でお金の使い方は異なりますが、その使い方によって生活が大きく異なります。

生きるためには食費や税金など最低限の支払いだけでもそれなりのお金が必要になります。
そして、結婚や家や車が欲しいという個人の夢もあると思います。

このような人生を送るためには、その実現に向けてお金との付き合い方を考えなくてはいけませんし、そのためにはファイナンシャルリテラシーも必要です。

しかし、これらの知識は一朝一夕で実に着くものではありませんし、貯金も一夜で増える事はありません。

日々の積み重ねが将来に大きな影響を与えます。

具体例

生活を行うために必要な資金は多く、毎月の収入の多くは使用目的が決まってしまいます。

主な内訳は下記の内容になると思います。

品目備考補足
生活費食べ物や水道光熱費、通信費や交際費など生活に欠かせないものは多いです。
住居賃貸でも持ち家でも費用は掛かります。一般的に住居費は可処分所得の1/3以下が良いと言われています。
交通費都内のように公共交通機関の利便性が良い場合は電車・バス・タクシー代など。
田舎では車がなければ生活できない地域も多いです。
車を購入する場合は毎月一定額の積み立てを行う事が望ましいです。
保険病気や怪我によるリスクは高いです。
生活防衛資金転職や休職の際の資金として役に立ちます。一般的には生活費3か月分以上といわれています。
貯金毎月一定の積み立てを行い有事の備えを作ります。一般的には可処分所得の1/10以上を貯金に回すと言いと言われています。
結婚資金結婚式を行うか、子供が欲しいかで費用が大きく異なります。※貯金項目の1/10とは別に用意しましょう。
老後資金年金の給付額の減少が大きな問題として取り上げられ、老後資金は2,000万円必要だと言われています。※貯金の項目の1/10とは別で用意しましょう。

個人で内訳が達症異なると思いますが、これらの出費が予想されます。
またこれらの費用は地域によっても大きく事なります。

また、自動車購入、住宅購入、結婚式、定年後の費用などはある程度のまとまった額が必要になります。
そのため、日々の積み立ても必要に応じた額に設定しなくてはいけません。

まとめ

人生ではまとまったお金が必要になる時が何度かあると思います。
しかし、その度に借入を行っていては多くの金利(利息/利子)が発生してしましいます。

資本主義の社会では住宅ローン借入を行っていると
パーソナルファイナンスを考えるためには、どのようになりたいかを考える事が大切です。

そして、その生き方をするためにはそれに応じたお金の使い方を考えなくてはいけません。
しかし、必要な知識を全て得る事は難しため、優先順位をつけて対応しなくてはいけません。

また、お金の使い方にも優先順位を付けなくてはいけません。
ここで重要になるのはマネースクリプト(お金の価値観)で、これによって優先順位の付け方が変わります。

優先順位が決まったら、アセットマネジメント(資産管理・運用)を行う必要があります。

目的意識がなければ、重要度が高くないものにお金を使ってしまいやすいので、計画は大切です。
大切な事に回すお金がないと、良い経験も積めなくなってしまいます。

お金の使い道や価値観は人それぞれですし、若い時にしかできない事もたくさんあります。

特に若いうちの経験はお金よりもその後の人生に大きな影響を与える事が多いです。
いくら知識を得ても経験する事とは異なるクオリアをもつと私は思います。

備考

パーソナルファイナンスは個人規模ですが、企業などに拡大されるとコーポレートファイナンスと呼ばれます。

関連記事

 ファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)
 可処分所得
 生活防衛資金
 金利(利息/利子)
 マネースクリプト
 アセットマネジメント(資産管理・運用)
 クオリア

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

流動性リスク(リクイディティリスク)

流動性リスクは売買が減少する事で取引が成立しなくなる事で起こるリスクです。物の流動性が低下すると売りたい時に売れない・買いたい時に買えない可能性が高くなります。特に問題視されるのは短期間で売却したい場 …

無リスク資産(リスクフリー資産)

無リスク資産はリスクが少なく収益が得られる安全性の高い資産を指します。一般的に元本が保証された安全資産を指します。国債、銀行貯金などが主に該当します。完全にリスクが存在しない事はありませんが、国債は国 …

狼狽売り(狼煙売り/パニック売り)

狼狽(ろうばい)売りは株価が下落した際、冷静な判断ができずに売却してしまう事です。狼狽売りは価格が下落したことで「保有していると膨大な損失が発生する」と思い込んでしまい、冷静な判断を行う事ができないパ …

ヴェブレン効果(ベブレン財)

ヴェブレン効果は商品価格が高いものを所有したくなる欲求です。ヴェブレン効果は価格が上昇する事で需要が増加する現象ですがただ価格を上げるだけでは購入する人はいなくなってしまいます。そのため価格を上げても …

需給バランス

需給(じゅきゅう)バランスは需要と供給のバランスです。需要は欲しい人が多ければ増加し、供給はものが多ければ増加します。つまり、ものの量に対してそれを欲しい人のバランスが需給バランスです。需給バランスは …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ