親和欲求(親和動機) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

親和欲求(親和動機)

投稿日:2020年1月19日 更新日:

親和欲求は他者と友好的になりたいと思う心理です。

人は基本的に他者と友好的になりたい気持ちがあります。
これは生存率が集団で生活した方が高いためだと思います。
しかし、親和欲求は状況によって強くなったり、弱くなったりします。
これを恋愛に応用したのが、つり橋効果になります。

親和欲求が強くなる状況

  • 不安や恐怖など精神的に心細い状況です。
  • 失敗や困難な状況で精神的に疲弊しています。
  • 聴覚刺激を受けます。
     特に異性の声からだとその影響は大きいです。
  • 一人でいる事が多い人です。

親和欲求の強い人の特徴

  • 一人でいる事が嫌です。
  • 他者から好かれたいです。
  • 交友関係を積極的に作ろうとします。
  • 人に騙されやすい。
  • 一人でいる時間が長い。 

具体例

親和欲求が強い管理者は秩序を乱す恐れが強いため危険です。

管理者は人から嫌がられる事もする前提の役職です。
そのため、他者から好かれたいという意思が強い管理者は、決められた規則を捻じ曲げても自らを好かれようと行動する事があります。

「無理が通れ道理引っ込む」といわれるように、不正が常態化してしまうようになるのは時間の問題です。

まとめ

親和欲求は誰にでもある気持ちです。

現在はインターネットの普及で連絡が簡単に行えるようになりました。
そのため親和欲求を満たすために携帯を長時間使用する携帯依存症や、SNSで自分をよく見せようと危険な行為を行う方も多くなりました。

また、親和欲求が強くなりすぎるとだれでもいいから仲良くしてほしいという気持ちになります。
そのため、インターネットで知り合った人と出会い、犯罪に巻き込まれるケースも増えてきました。
このように悪い人が利用する危険性があるため、注意が必要です。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

カリギュラ効果(心理的リアクタンス)

カリギュラ効果は禁止されている事に対しての興味や関心が強くなる効果です。禁止されている事を破りたくなった事は誰しもあると思います。普段だったらやらないような事でも禁止されると気になってしまうものです。 …

新奇恐怖症(ネオフォビア)

新奇恐怖はネオフォビア(neophobia)ともいわれ知らないものへの恐怖です。ネオフォビアの心理が働くのは生存本能による影響が強く。不確定な要素を減らす事で、生存確率を伸ばそうとする本能があります。 …

割れ窓理論

割れ窓理論は始めの些細な犯罪が後に大きな犯罪へと繋がる例です。割れ窓理論はバタフライ効果の様に、最初の些細な切っ掛けが後の大きな犯罪への布石となってしまうモデルケースで、軽微な犯罪でも徹底的に取り締ま …

コールド・リーディング

コールド・リーディングは人を分析する方法の一種で、他者の気持ちを読み取る方法です。コールドリーディングは対象者の情報が一切ない状態から、外見や会話などのあらゆる情報から分析を行い、相手の情報や心理を読 …

パブロフの犬

パブロフの犬は、条件反射の実験例です。犬に限ったことではなく、人にも同様の現象がおき、数多くの条件反射があります。広義には癖や習慣、トラウマなどもこの条件反射の一つといえます。そしてこれらは人生に大き …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ