親和欲求(親和動機) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

親和欲求(親和動機)

投稿日:2020年1月19日 更新日:

親和欲求は他者と友好的になりたいと思う心理です。

人は基本的に他者と友好的になりたい気持ちがあります。
これは生存率が集団で生活した方が高いためだと思います。
しかし、親和欲求は状況によって強くなったり、弱くなったりします。
これを恋愛に応用したのが、つり橋効果になります。

親和欲求が強くなる状況

  • 不安や恐怖など精神的に心細い状況です。
  • 失敗や困難な状況で精神的に疲弊しています。
  • 聴覚刺激を受けます。
     特に異性の声からだとその影響は大きいです。
  • 一人でいる事が多い人です。

親和欲求の強い人の特徴

  • 一人でいる事が嫌です。
  • 他者から好かれたいです。
  • 交友関係を積極的に作ろうとします。
  • 人に騙されやすい。
  • 一人でいる時間が長い。 

具体例

親和欲求が強い管理者は秩序を乱す恐れが強いため危険です。

管理者は人から嫌がられる事もする前提の役職です。
そのため、他者から好かれたいという意思が強い管理者は、決められた規則を捻じ曲げても自らを好かれようと行動する事があります。

「無理が通れ道理引っ込む」といわれるように、不正が常態化してしまうようになるのは時間の問題です。

まとめ

親和欲求は誰にでもある気持ちです。

現在はインターネットの普及で連絡が簡単に行えるようになりました。
そのため親和欲求を満たすために携帯を長時間使用する携帯依存症や、SNSで自分をよく見せようと危険な行為を行う方も多くなりました。

また、親和欲求が強くなりすぎるとだれでもいいから仲良くしてほしいという気持ちになります。
そのため、インターネットで知り合った人と出会い、犯罪に巻き込まれるケースも増えてきました。
このように悪い人が利用する危険性があるため、注意が必要です。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

初頭効果

初頭効果は最初に与える影響が大きい現象です。最初に与えられる刺激に対しては感情的に受け止める事が多いです。最初は未知の部分がほとんどで、その未知の部分に対して予想を立てる事で、合理的な判断と異なった印 …

バーナム効果(フォアラー効果)

バーナム効果は個人を診断する準備行動の後に、誰にでも該当する曖昧で一般的な特徴を示すことで、個人の特徴でるあると錯覚させる心理学の現象です。占いでよく用いられ、生年月日や名前などの個人情報を聞き出す事 …

自己親密行動

自己親密行動は気持ちを落ち着かせるためにとる行動です。自己親密行動は不安や緊張、悩みを抱えている場合に現れる無意識の行動です。話している最中にこのような行動が不自然に現れたらそれはなにかしらの(会話の …

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

アンダードック効果(判官贔屓効果/負け犬効果)

アンダードック効果は立場や状況が劣勢な状況の人を応援したくなる心理現象です。アンダードック効果は弱い立場や劣勢な状況では同情や共感が集まるため、その状況を打開しようと頑張っている人を応援したくなる心理 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ