EQ(イーキュー) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

EQ(イーキュー)

投稿日:

EQ(Emotional Inteligence Quotient)は心の知能指数と呼ばれています。

EQは感情を測定する指標で、感情に対しての認識・理解・抑制・表現などを数値化したものです。

EQが高い人は文学・芸術・音楽などの表現する分野で高い評価を得る事ができます。
このような分野で生まれつき高い能力を持つ人はタレンテッドと呼ばれています。

日本の学校教育ではこのような表現能力に関する分野を伸ばす取り組みは少ないです。
また、EQは感情を読む能力も高いため、他者がなにを求めているのかを見抜く能力が高い反面、嘘や偽りなどを見抜く能力も高いため悩まされる事も多いようです。

EQとIQの違い

IQ(アイキュー)論理的思考能力を測定する指標で分析、推測、理論などを判断する指標です。
一つの明確な答えを導く能力を測ります。

それに対し

EQは感情能力を測定する指標です。
答えのない感情に対する能力を測ります。

他者の感情を読み取ったり、自分の感情を表現する能力の指標です。
また、表現する能力には自信を抑制し、平静を表現したり、怒りを表現する能力も含まれ、総じて感情をコントロールする能力と言えます。

まとめ

感情の抑制能力が高い人は社会的に成功しやすいと言われ、感情の起伏に左右されない冷静な対応ができるためとされています。

しかし、感情を抑制する能力が高いだけでは成功できません。

社会では偏った能力だけでは物事を多面的に見る事が難しく、不利になる事が多いです。
多面的な視点と、柔軟な思考、つまり、IQとEQの両方の能力が高水準に備わる事で、社会的に成功しやすいです。

他者の気持ちを理解する事はもちろん論理的思考能力も求められます。

感情で動く人は感情の変化で行動理念が変化してしまうため、周囲からの信用を得る事が難しいです。
特に、多くの人が信用にお金を払うビジネスの世界で成功する事は難しいです。

信用にお金を払うというのは、ハイブランド商品のように今までの実績から不良品に対する対応や、その後の補修などの要素が充実している場合に信用が高まり値段が高騰します。

備考

EQは1989年にアメリカのピーター・サロベイ博士とジョン・メイヤー博士によって発表された比較的新しい理論で定義が確立していません。

関連記事

 IQ(アイキュー)
 タレンテッド
 論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

百聞は一見に如かず(百聞一見)

「百聞は一見に如かず」は何度も聞くよりも1度見たほうが理解できるということわざです。有名なことわざなので、耳にした事がある人も多いと思います。「百聞は一見に如かず」の「如かず」は「そこまでにはならない …

バタフライ効果(バタフライエフェクト)

バタフライ効果は小さな変化が後々大きな変化をもたらす現象です。最初の小さな変化が時間経過共に大きな影響となる現象です。大きな現象を分析していくと小さな変化の積み重ねだとわかります。また、最初の些細な変 …

制度疲労

制度疲労は昔に作られた制度が現在の状況に適していない状態です。制度疲労は、制度ができた当時は有効的に機能していたはずの内容が時間経過で徐々に状況に対応できなくなっている状態です。本来の制度は社会状況に …

IQ(アイキュー)

IQ(Intelligence Quotiont)は知能指数の一つです。特に論理的思考(ロジカルシンキング)に対する知能指数を意味し、数字が大きいほど知能が高い事を意味します。IQの表記は標準偏差を用 …

メアリーの部屋(スーパー科学者メアリー/一人ぼっちのメアリー)

メアリーの部屋は色を知らない科学者が色を目にする事でどの様に変化するのかを考える思考実験です。物理学的な知識を全てと考える場合は色についての知識が全てある状態で見る色から学ぶ事はありません。しかし、色 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ