親リッチ | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

親リッチ

投稿日:

親リッチは大きな資産を持つ親の子供で、生活面をはじめとして様々な支援を期待できる環境にある人です。

一般的に、お金持ちと呼ばれる富裕層は資産1億円以上を指す事が多く、富裕層の家庭で育つ子供は親リッチと呼ばれます。

特に超富裕層の子供は、親の代、子供の代、孫の代まで特に大きな失敗をしなければ財産が残るような規模の資産があります。

そのため、親リッチはそうでない人よりも経済的な支援をはじめ多くの支援を受ける事が多いですが、最も大きな影響を与えるのは教育です。

幼少期から成人するまでに様々な教育的支援を受ける事ができる親リッチと、そうでない家庭で育つ子供には大きな教育格差が生まれる(教育費が多く必要な職は貧困層の家庭で育てる事は困難なことも多いです)事が多いです。
そして、この教育格差は生涯にわたり大きな影響をあたえます。

特に親の事業を継承する事が多い長男の場合、親は資産を継承してもらうためには優れた能力を求める傾向が強く、教育にも積極的にお金をかけていく傾向があります。

そのため、富裕層の教育費は通常の家庭よりも多くなりやすく、優れた教育をうける機会に恵まれる親リッチは優れた能力を身に着けやすい傾向があります。

また、教育を受ける過程で子供にも事業を継承するという自覚が芽生える事も珍しくありません。

その結果、知識や経験を積極的に吸収するため、一般家庭ではあまり向上しないファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)が向上しやすい傾向があります。
このような環境の違いは貧富の差が広がる要因の一つだと考えられています。

しかし、全ての親リッチが優秀であるとは限らず、中には親の資産を使う事だけに長け、身の丈に合わない生活を送っている人もいます。

このような人は世間から稀有の眼差しを向けられてしまいます。

親リッチの生活

「親リッチはこう」とまとめて考えられてしまうことも多いですが、それぞれ価値観や行動原理・環境の違いなどがあるため、必ずしも同じような生活をしているわけではありませんが、一般的な家庭よりも多くの支援を受ける傾向が強いです。

例えば
 収入は世間並ではあるものの、親からの金銭的支援により同程度の収入ではできない生活を送る人や、住宅や車などの購入費用を出してもらう人、旅行・食事などの出費を親に出してもらえるような人などと支援の方法も様々です。

基本的に親リッチとそうでない人の差は、生活に問題があると生活を支援してくれる場合か、十分な可処分所得があり経済的に困っていないのに娯楽費や嗜好品などの生活に関係ない面を支援してもらえるのかが大きな差となっています。

特に、事業を継承する可能性の低い女性(日本では嫁ぐことが多いため)は経済的な支援を多く受ける傾向があるようです。

しかし、親リッチの生活はメリットのみではありません。

日本では跡を継ぐことが多い長男は基本的に厳しく育てられる傾向が強いです。
そのため、富裕層の家庭では事業をしている事が多いこともあり、長男への教育にはより力を入れ厳しい教育をする傾向があります。

その結果能力は向上しやすい傾向がありますが、他の子供が遊んでる時間に塾などの習い事をすることも多く、苦労せずにメリットのみを享受しているわけではない人も多いです。

親リッチと一般的な子供の差

親リッチと一般的な家庭の子供は経済的な支援のほかにも教育の差など、様々な差があります。

具体的な親リッチとそうでない人の差で代表されるのは保有資産です。

親リッチの平均資産

  • 男性の場合、1,061万円
  • 女性の場合、1,347万円

親リッチでない人の平均資産

  • 男性の場合、641万円
  • 女性の場合、541万円

このように親リッチと比較するとその差は約2倍あり、大きな差が生まれています。

そして、この差は環境・経験・知識などの様々な要因(優れた教育を受ける傾向があったり、金融に関する情報に触れる機会も多くなりファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)も高い傾向など)が複合的に合わさって生まれています。

例えば、高校や大学に通っている間の支援にはそれぞれの家庭事情が反映されやすいです。

バイトをしながら諸学金を借りて学校に通う学生がいる一方で、在学中に企業する人もいます。

住んでいる賃貸物件にもその差は現れますし、仕送りも異なると思います。

このような過程を考慮すると、その後の影響も必然的に大きくなるのは容易に想像ができます。

しかし、親リッチのような経済的に恵まれた環境でも散財する事しかせずに遊びまわっている親リッチもいるため、周囲の人から「ずるい・運がいい」などと揶揄されてしまう人もいます。

まとめ

親リッチの子供は金融に関連する能力が高く、親からの支援も受けられることが多いため生活に困る人は少ないです。

そのため、基本的には経済的な支援を必要とする人はほとんどいません。
つまり、経済的に困らないのに親から支援を受けているため、生活水準は同程度の収入の人よりも経済的にゆとりがある生活を送る事ができます。

また、一般的な家庭で親リッチと同程度の資産を形成するためにはそれなりにリスクを取る必要があるため、金融事故を起こす可能性も高くなります。

例えば
 元金100万円を1憶円にするためには100倍にしなくてはいけません。
しかし、元金が1憶円ならば生活費を稼げれば良いです。

既に多くの資産がある親リッチは手堅いアセットマネジメント(資産管理・運用)を行うことで、その収益は貧困損の年収を超える事もあります。

投資の一つとして株式投資がありますが、株式投資の期待値は年間1.05程度だと考えられています。
つまり、長く続けることで資産は年間5%平均ずつ増えていきます。
1憶円の5%は500万円です。
手堅く投資をして3%の運用目標とする場合でも年間300万円を得る事ができる計算です。

しかし、元金が少ない場合は大きなリスクを取り運用目標を上げる必要があります。
具体的には信用取り引きを行い、自分の資産以上の資産を動かす事などです。

このような投資方法をとる場合、リターンに比例してリスクも増加していますが、親リッチはこのようなリスクを取る必要がありません。

そのため、リスクを抑えて手堅く資産を運用する事が最善策である事が多いです。

しかし、親リッチは幼少期からそれ相応の教育を受けて育つため、通常とは異なった環境で成長する事が多いです。

例えば、事業に対する情報を積極的に取り込みファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)が高かったり、事業の商品に対して人一倍詳しい知識を身に着けていたり、交友関係が社会的にも影響力の大きい人であるなど、「門前の小僧習わぬ経を読む」ともいわれるように環境による影響は大きいです。

親リッチの家庭では自己投資を率先して行うように教育される一方で、貧困層の子供は金融には直接的には関係のない行動をしています。

例えば、貧困層の子供が料理の作り方を覚えている間に、富裕層の子供はご飯代の稼ぎ方を学びます。

このような差は人格形成・価値観などに強い影響を与え、貧困層の子供は貧困層のまま、富裕層の子供は富裕層のままとなる要因の一つとなります。

そのため、貧困層の子供が富裕層になるためには人一倍努力をする必要があります。

しかし、親リッチも努力していないわけではありません。

優秀な知識や経験を持つ親リッチは、自分の能力にうぬぼれることなく、周囲の金融専門家の意見を参考(親が金融の専門家から有力な情報を得ているのを目の当たりにしている事が要因の一つである可能性もあります)にしたりするなど、情報を集める事に手をこまねくことはありません。

しかし、必ずしも適性があるとは限りません。

中には学業やビジネスに一切興味を示すことがなく、資産を消費するだけの子供もいます。

関連記事

 富裕層
 ファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)
 可処分所得
 金融事故
 アセットマネジメント(資産管理・運用)
 投資

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

年次有給休暇

年次有給休暇は減給されない休日です。年次有給休暇は一定の条件を満たす事で会社から付与され、事前に申請する事で、会社を欠勤しても減給されない制度です。基本的に有給休暇の使用を会社が拒否する事はできず、有 …

難平(ナンピン)

難平(なんぴん)は売買方法の一種で、価格が下落した場合に買い足す方法です。難平のメリットは平均習得価格を下げる効果です。平均取得単価が下がることで上げ幅が少なくても利益が出やすくなります。その反面、投 …

変動費率

変動費率は価格の変動する費用が売上に占める割合です。変動費率は経営を安定させるためには大事な指標の一つです。変動費率が正しく導けなければ損益分岐点の計算も正しくは行えません。肝心の変動費率の計算方法は …

富裕層

富裕層は資産が多い世帯と一般的には認識されています。日本は資本主義国家であるため、資本が多いほど選択肢が多く有利な傾向が強いです。そのため、特に資産の多い世帯を富裕層(富裕層の条件は一般的に「は純金融 …

金銭警戒

金銭警戒は貯金する傾向が強い人です。マネースクリプトで分類される金銭警戒はお金を使う事に抵抗を感じる傾向がある人です。節約や倹約を行い浪費を抑えて貯金し、いざという時に備える事が大切だと考えている傾向 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ