生き金(いきがね)、死に金(死に金) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

生き金(いきがね)、死に金(しにがね)

投稿日:2019年12月31日 更新日:

生き金、死に金の定義は

生き金
 使ったら戻ってくる

死に金
 使っても戻ってこない


戻ってくると言っても、現金で戻ってくるとは限りません。
そもそも、お金は引換券です。
なにかと交換するのが本来の使い方です。

生き金の主な用途としては、自分のステップアップにつながる自己投資のお金や、資産購入などのリターンが見込めるものなどです。

しかし、ここで難しいのは、人それぞれで価値感が異なる点です。
このお金の価値の違いはマネースクリプトといわれています。
同じ行動をしても、見てる世界は人それぞれ異なります。

具体例

毎日のようにお酒を飲んでいるA、B、Cさんがいます。

Aさん
 お酒の飲み比べを楽しんでいます。

Bさん
 人とお酒を飲むのが好きで、人を誘っては飲んでいます。

Cさん
 ストレス発散のため、お酒を一人で毎日飲んでいました。

同じお酒を飲むという行為でも目的意識の違いがありますね。
死に金を使っているのはどなたか少し考えてみてください。

ここで20年後を考えてみます。

Aさんはソムリエとして順調にステップアップし、独立も果たしました。
Bさんは友人や同僚など、困った時に支えてれる多くの仲間ができました。
Cさんはお酒の飲む量が次第に増え、体調を崩して入院しています。

お酒を飲むのはA、B、Cさん同じでした。
違ったのは目的意識です。

目的の違いで結果が異なりました。

備考

貯金は流動性がないのだから死に金だという方もいますが、将来の保険として精神的な安定をもたらしてくれるのなら、それは生き金といえるかもしれません。

生き金、死に金の判断は価値観や見てる世界で異なるため一概には言えません。
しかし、目的意識を持ったお金の使い方はとても大切です。

関連記事

 マネースクリプト

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

狼狽売り(狼煙売り/パニック売り)

狼狽(ろうばい)売りは株価が下落した際、冷静な判断ができずに売却してしまう事です。狼狽売りは価格が下落したことで「保有していると膨大な損失が発生する」と思い込んでしまい、冷静な判断を行う事ができないパ …

パーソナルファイナンス

パーソナルファイナンスはライフプランに応じたお金の知識や使い方を意味します。パーソナルファイナンスを考えるためには、どのような人生を送りたいかを考える事が重要です。個人個人でお金の使い方は異なりますが …

金銭忌避

金銭忌避はお金があると不幸になるという考えです。マネースクリプトの診断で金銭忌避に分類される人はお金が悪であるという認識が強い人で金銭崇拝とはほぼ対局の考えです。「高所得者は悪人、人をだましてお金を搾 …

投資

投資はお金を増やすためにお金を使う事で、使った分以上のお金が戻ってきます。投資の多くは不労所得だと考えられています。そのため、投資家に興味を持つ人は多く、投資に興味がある人は全体の6割(60%)程度だ …

割賦販売(かっぷはんばい)

割賦販売は分割払いを用いた販売方法です。割賦販売は購入金額を分割して支払うシステムで、ローン払いやリボ払いで使われているシステムです。高額な商品を販売する際に一括で支払いを求められてしまっては販売する …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ