リスクプレミアム | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

リスクプレミアム

投稿日:2020年3月14日 更新日:

リスクプレミアムはリスク資産から無リスク資産を引いた収益率の差です。

リスクプレミアムは無リスク資産を基準とします。
 無リスク資産はリスクがない(ほとんどないor少ない)資産を指します。

投資は基本的にリスクとリターンが比例します。
そのため収益性を向上させるためにリスクが上昇していきます。
リスクが向上する事で得られる利益がリスクプレミアムとなります。

このリスクプレミアムがなければリスク資産は投資対象にならずに、投資対象は無リスク資産へ一本化されてしまいます。

そのため、基本的にはリスクの大きさに比例して収益性は向上するのが一般的となっています。

具体例

国債などが無リスク資産
株式などがリスク資産

国債の利回りを1%
株式の利回りを5%
とした場合

5%-1%=4%
この4%がリスクプレミアムとなります。

100万円の場合ですと
国債は101万円になります。
株式は105万円になります。
この差の4万円がリスクプレミアムとなります。

まとめ

基本的にはリスクとリターンは比例しますが、リスクが多すぎると回収できない事が増えます。
そのため一つのリスク資産へフルインベストメントを行う場合は思わぬトラブルで資産を大幅に失う事があります。

投資は損をしない事が基本です。
リスク管理を行い取る事ができるリスクなのかの検討は十分にしてください。

特にキャピタルゲインを軸にした投資ではこのリスクが大きくなりやすい傾向があります。
レバレッジの利いた投資はリターンが大きい反面、リスクも大きくなることを忘れないようにしましょう。

関連記事

 インカムゲイン・キャピタルゲイン
 フルインベストメント
 無リスク資産
 レバレッジ

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

損益分岐点(採算点/BEP)

損益分岐点(採算点)は損益(損失と利益)がプラスマイナスゼロになるところです。基本的には個人でも、企業でも利益を出さなくてはいけません。一般的には利益を得るためには損失が発生します。そのため損失以上の …

ギャンブラーの錯誤(ギャンブラーの誤謬/モンテカルロの誤謬)

ギャンブラーの錯誤(ギャンブラーの誤謬/モンテカルロの誤謬)とは 概要 ギャンブラーの錯覚は「実際の数学的な確率の計算」と「感覚的な確率の推測」の差が発生してしまう心理です。このように、実際の数字と感 …

内部者取引(インサイダー取引)

内部者取引(インサイダー取引) 概要 インサイダー取引は一般の投資家が知らない情報を利用し利益を上げる事です。上場企業の会社関係者等(特に職務内容が内部の情報と密接にかかわっている人や地位が高い人など …

キャシュフロークワドラント(ESBI)

キャッシュフロークワドラントは収入を得る方法を4つに分類した考えです。収入を得ている人は基本的に「社員」「自営業者」「経営者」「投資家」に分類されます。※中には複数を掛け持ちしている人もいます。 労働 …

現在価値(PV)

現在価値(PV)は現在を基準に価値を算出する方法です。ものの価値は変動しているため、同一のものでも過去・未来で異なった価値になります。(現在の価値を現在価値、未来の価値を将来価値と言います。)現在価値 …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-1.png鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ