サヴァン症候群 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

サヴァン症候群

投稿日:

サヴァン症候群は障害(自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群/ASD)発達障害など)がある人の中で優れた能力を併せ持っている人を指します。

サヴァン症候群は近年認知された症状で、特定の分野で突出した能力がありますが、能力は多種多様で、記憶力が優れていたり、数学的能力が異常に高かったり、共感覚を持っている人など多くのタイプの人がいます。

一般的にサヴァン症候群は能力の総合力が高いわけではなく、特化している能力があると考えられています。

サヴァン症候群の具体例

サヴァン症候群は特定の分野の能力が突出して高いですが、その反面苦手分野が多い傾向が強いです。

そして、特異な能力の組み合わせは多種多様なため、それぞれの個性が色濃くでます。

例えば

  • 記憶力が高い
     記憶力が異常に高いため一度知った情報を丸暗記する事ができ、中には数千冊の本の内容を全て記憶できる人もいます。
  • 計算能力が高い
     驚異的な速度で暗算ができ、特定の日付の曜日を即答できる人もいます。
  • 芸術的能力が高い
     一瞬だけ一度見たものでも細部まで正確に描く事がきでる人もいます。
  • 音楽的能力が高い
     一度聞いた音楽を演奏したり、何全曲も暗記ができる人もいます。
  • 時間、空間的に認知能力が高い
     時計がなくても正確に時間が把握できたり、定規などの測量機器を使わなくても正確な距離がわかる人もいます。

このような能力は多様な能力の極一部となります。

しかし、サヴァン症候群には欠点もあります。

記憶力が高い場合は本を一度読んだだけで〇ページの〇行には何と書いてあるのかのような細部まで情報を記憶しています。
その一方で、暗記した内容が理解できていない場合もあります。

そのため、サヴァン症候群の持つ高い能力を活かせる人は得意な能力の組み合わせと不得意な能力の組み合わせがとても良い限られた人となっていて、能力の組み合わせが良い人は有能サヴァンや天才サヴァンなどと呼ばれます。

有能サヴァン、天才サヴァン

サヴァン症候群は能力の差が激しく、特異な能力も異なります。

サヴァン症候群の人は、基本的には総体的な能力が高いわけではなく、一部の能力が突出しています。
そして、その特殊な能力の組み合わせが良い人は非常に珍しく、有能サヴァンと呼ばれるような能力の組み合わせの良い人はほんの一握りで、才能を活かせないタイプの人が多いようです。

例えば、

国語英語社会数学理科音楽体育

これらの項目があった時

一般の人は

国語英語社会数学理科音楽体育
65点60点62点80点83点50点53点

このようにある程度は全体的にできて、その中でも特異な科目があるのが一般的です。
しかし、サヴァン症候群の人は

国語英語社会数学理科音楽体育
0点100点0点100点0点0点0点

このようなとても偏った成績になります。

そして、多くのサヴァン症候群の人は特化している能力が限られていたり、能力に共通点が少ない事が多いです。

そのため、特化した能力の方向性に統一感があり、能力を活かせるのは極めて稀な一部の人が有能サヴァンに分類されます。

例えば、国語と英語のような語学に特化し多言語を話す事が容易であるサヴァン症候群の人はその他の成績が例え0点でも有能サヴァンとして扱われます。

まとめ

サヴァン症候群は先天的要因と後天的要因があるようですが、なぜそのような能力があるのかについては解明されていません。

そして、その能力の高さからサヴァン症候群についての研究が進んでいますが、未だにその原因が明確にはなっていません。

しかし、サヴァン症候群は先天性・後天性のどちらも脳になにかしらの異常があるため極端に秀でた能力となると考えられています。

そのため先天的に高い能力を持つギフテッドタレンテッドHSP(エイチエスピー/ハイリー・センシティブ・パーソン)などの特徴とは異なります。

また、サヴァン症候群は男性に多いと考えられています。
これは自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群/ASD)が男性に多い事に原因がある可能性が強いと考えられています。

しかし、サヴァン症候群については現在も不明な点が多いため、その理由が明確にはなっていません。

そして、この症状の解明が進めば人工的に後天性サヴァン症候群のような優れた能力を身に着ける事ができ、超知能を持つような人が存在するようになる可能性もあります。

関連記事

 自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群/ASD)
 発達障害
 ギフテッド
 タレンテッド
 HSP(エイチエスピー/ハイリー・センシティブ・パーソン)
 超知能

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

ニコチン依存症(煙草依存症)

ニコチン依存症は依存症の一種でニコチンに依存している病気です。ニコチンは喫煙をすることで体内に吸収され脳に幸福感を与えるます。この幸福感がやめられずに依存してしまう人がニコチン依存症です。ニコチン依存 …

ブルーライト

ブルーライトは光を構成する青い光で紫外線に近い光です。近年は技術発展に伴い人工的なブルーライトを目にする頻度が増加し生活には欠かせないものとなりました。しかし、人工的なブルーライトは波長が短く(波長が …

全般性不安障害(GAD)

全般不安性障害は日常生活に問題がなくても不安な気持ちが常にある状態です。全般性不安障害は不安障害の一種とされていますが、不安の原因が漠然としているたため、その解決方法も明確になりません。そのため、不安 …

算数障害(ディスカリキュア)

算数障害(ディスカリキュア)は計算が苦手な症状です。ディスカリキュア(dyscalculia)は学習障害(LD)の一種で、数の理解や扱い、計算などが困難症状です。原因は特定されていませんが、人口の3~ …

強迫性障害(OCD)

強迫性障害(Obsessive Compulsive Disorder)は不安や恐怖、強いこだわりによって生活に支障がでる状態です。強迫性障害の人は不合理なイメージが脳内に浮かび、それを払拭しようと行 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ