サトルクエスチョン | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

サトルクエスチョン

投稿日:2020年11月12日 更新日:

サトルクエスチョンは状況や言動を予測した質問をすることで、相手から話や情報を引き出すテクニックです。

サトルクエスチョンは基本的には他者への質問ですが、質問している事を相手に意識させないようにする事が重要です。

また、質問の内容はバーナム効果(フォアラー効果)の影響を受けやすい健康・お金・人間関係などがメインで、誰でも一度は考えた事がある話題にする事で好感度を上げやすいです。

これらの内容を織り込む事で、実際には多くの人が当てはまる事でもそれが個人の特徴であるように錯覚しやすいです。

サトルクエスチョンを使い親密度を高める事で、好感度アップにつながりコミュニケーションがとりやすくなり、多くの情報を開示してもらう事ができるため、その後の交友関係も円滑に行いやすくなります。

概要

例えば身なりを見て社会人をしていると判断できるような人と話す場合は「疲れているように感じます。お仕事が大変そうですね。」と切り出します。

このようなストックスピール(誰にでも該当するような事を抽象的な内容)を使う事で、それが個人の特徴を言い当てたかのように錯覚させる事ができます。

社会人の多くの人は疲労感を感じていますし、仕事に対して何かしらの疑問点はあると思います。
そして、仕事が順調であったとしても該当しそうな問題点を探して当てはめてしまう傾向が強いです。

そのため、大衆に該当する内容であっても、個人に該当している場合は自分の気持ちが理解されていると錯覚してしまう傾向が強いです。

まとめ

サトルクエスチョンを効率的に行うためにはスペルスピールを確保しておく事が重要で、使いやすいスペルスピールを繰り返し使う事で、回答に対する次の会話の流れをつかみやすくなります。

そして、コミュニケーションを円滑に行いつつも、会話の中から情報を集めながら分析し、コールド・リーディングを行う事で、他者の特徴を理解できるようになります。

このような技術を日々磨いていいるのが、営業活動をしている人・占い師・詐欺師などです。

そのため、悪い話に騙されないように、このように会話の中から情報を集める技術がある事を覚えておく事は身を護るためにも有効です。

関連記事

 バーナム効果(フォアラー効果)
 コールド・リーディング

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

単純接触効果(ザイアンスの法則)

単純接触効果は接触回数が増加するほど好感度が増加する現象です。最初は好感がなくても、接触回数(見たり聞いたり触れたり)が増加することで、その頻度に比例して好感が強くなり評価が高まっていきます。これは人 …

ロサダ比(ロサダの法則/3対1の法則)

ロサダ比は対人関係の黄金比とされる考え方です。ロサダ比(ロサダの法則)は「3対1の法則」とも呼ばれています。「3:1の法則」と呼ばれるのは幸福になるためには、他者と接する際にポジティブ(※1)な感情3 …

パレートの法則(働きアリの法則/ばらつきの法則)

パレートの法則は集団の上位2割がその集団の8割を占める活躍をしているという原理です。ここから、2対8の法則や、8対2の法則ともいわれます。 パレートの法則は2:6:2に分けて分析を行います。上位の2割 …

割れ窓理論

割れ窓理論は始めの些細な犯罪が後に大きな犯罪へと繋がる例です。割れ窓理論はバタフライ効果の様に、最初の些細な切っ掛けが後の大きな犯罪への布石となってしまうモデルケースで、軽微な犯罪でも徹底的に取り締ま …

学習無力感

学習無力感は、無力である事を学習してしまう心理です。理不尽な事が起こる場合、通常はそれを回避しようと行動します。しかし、回避する事が困難な状態が続くと、抵抗しても結果が変わらない事を学習するため、回避 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ