IQ(アイキュー) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

IQ(アイキュー)

投稿日:2020年4月12日 更新日:

IQ(Intelligence Quotiont)は知能指数の一つです。

特に論理的思考(ロジカルシンキング)に対する知能指数を意味し、数字が大きいほど知能が高い事を意味します。

IQの表記は標準偏差を用いた数字です。
IQ100を中央値として、プラスマイナス15前後が標準的な数値とされています。
つまり、IQ85~115が標準的な数値とされています。

  • IQ85~115には人口の68%程度が該当します。
  • IQ70~130には人口の95%程度が該当します。
  • IQ130を超える人はギフテッドと呼ばれ、人口の2%程度が該当します。

IQは社会や文化的な背景、時代や環境で平均が異なり、近年は低下傾向(フリン効果)とされています。
IQの平均が高い時代と低い時代があるため、各年齢で算出されるIQが同じ水準ではありません。

つまり、IQは年齢で基準が異なるため同じ回答でも年齢でIQは異なります。
しかし、簡易的な検査では年齢別にしない事が多いです。

具体例

以下の数字の並びはどのような法則に基づいているでしょう?という問題を解析するとします。

1 3 5 7

小学校低学年では1つ飛ばしの並びという回答が標準的な回答となります。
小学校高学年では奇数の並びという回答が追加されるはずです。
中学校レベルでは素数という回答が追加されるはずです。

このように同じ問題でも回答が異なります。

さらに次の数字を回答してくださいという追加の問題が派生する場合、小学校までの回答は「9」で固定となりますが、中学生の段階では「9」と「11」の両方の選択肢が浮かぶため、次の数字を絞り込む事はできません。

まとめ

IQは様々な影響で変化するとされ、一般的には幼少期のストレスでIQが低下するとされています。
他にも食生活や教育、宗教や政治、先天性、後天性などの要因が考えられていますが、いずれも影響があると想定されていますが、断定的な根拠はありません。

IQ200の人でも初めて見聞きする物の名前は答えられません。
これは知識がないためです。
しかし、学校のテストではこの知識を学力として測定します。
IQの測定は論理的思考能力を測定するため、学力とは別の要素を測定します。

このように、教育で知識をあたえる事ができますが、それがIQに影響を与えるかは疑問視されています。

また、IQが高いと良いと思う人も多いと思いますが、ギフテッドの様にIQが高い人は周囲との差に悩まされ、孤独を抱えやすい傾向があります。

備考

知能指数を示す指標はIQのほかに「精神年齢(Mental Age)」「EQ」「SQ」などがありそれぞれ方向性が異なります。
ここで表現される精神年齢は知能年齢とも呼ばれ、知的能力が何歳の平均に近いかを測定するものです。

関連記事

 ギフテッド
 論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

技術的特異点(シンギュラリティ)

技術的特異点(シンギュラリティ)は今までの技術を飛躍的に向上させる出来事の到来を指します。近年は技術的特異点(シンギュラリティ)だと考えられているのは自己学習を行える人工知能(人間のように自律的に学習 …

大数の法則(多数の法則)

大数の法則(たいすうのほうそく)は確率や統計の分母を大きくすることで理論値に近づく法則です。大数の法則は実験を証明する際の偏りを減らすために用いられることが多いです。試行回数が少ないと偏りによる影響が …

モラルジレンマ

モラルジレンマとは道徳的に矛盾した二者択一です。モラルジレンマは複数の選択を迫られた時にどの選択も正しく、どの選択も間違っているとする矛盾を抱えています。実社会ではモラルジレンマが起きないようにするこ …

ハイエンド

ハイエンドは最上級の商品やサービスを指します。ハイエンドは提供している商品やサービスの中で(性能・機能・仕様などが総合的に)優れたものが属するカテゴリなどを指し、基本的に価格が高いです。一般的には 高 …

ギフテッド

ギフテッドは神様から学術的才能を授かった(ギフトされた)人を指します。 ギフテッドは先天的な資質や遺伝によって平均より高い記憶力・学習能力・論理的思考能力( IQ130超) を持つ人で、人口の2%程度 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ