IQ(アイキュー) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

IQ(アイキュー)

投稿日:2020年4月12日 更新日:

IQ(Intelligence Quotiont)は知能指数の一つです。

特に論理的思考(ロジカルシンキング)に対する知能指数を意味し、数字が大きいほど知能が高い事を意味します。

IQの表記は標準偏差を用いた数字です。
IQ100を中央値として、プラスマイナス15前後が標準的な数値とされています。
つまり、IQ85~115が標準的な数値とされています。

  • IQ85~115には人口の68%程度が該当します。
  • IQ70~130には人口の95%程度が該当します。
  • IQ130を超える人はギフテッドと呼ばれ、人口の2%程度が該当します。

IQは社会や文化的な背景、時代や環境で平均が異なり、近年は低下傾向(フリン効果)とされています。
IQの平均が高い時代と低い時代があるため、各年齢で算出されるIQが同じ水準ではありません。

つまり、IQは年齢で基準が異なるため同じ回答でも年齢でIQは異なります。
しかし、簡易的な検査では年齢別にしない事が多いです。

具体例

以下の数字の並びはどのような法則に基づいているでしょう?という問題を解析するとします。

1 3 5 7

小学校低学年では1つ飛ばしの並びという回答が標準的な回答となります。
小学校高学年では奇数の並びという回答が追加されるはずです。
中学校レベルでは素数という回答が追加されるはずです。

このように同じ問題でも回答が異なります。

さらに次の数字を回答してくださいという追加の問題が派生する場合、小学校までの回答は「9」で固定となりますが、中学生の段階では「9」と「11」の両方の選択肢が浮かぶため、次の数字を絞り込む事はできません。

まとめ

IQは様々な影響で変化するとされ、一般的には幼少期のストレスでIQが低下するとされています。
他にも食生活や教育、宗教や政治、先天性、後天性などの要因が考えられていますが、いずれも影響があると想定されていますが、断定的な根拠はありません。

IQ200の人でも初めて見聞きする物の名前は答えられません。
これは知識がないためです。
しかし、学校のテストではこの知識を学力として測定します。
IQの測定は論理的思考能力を測定するため、学力とは別の要素を測定します。

このように、教育で知識をあたえる事ができますが、それがIQに影響を与えるかは疑問視されています。

また、IQが高いと良いと思う人も多いと思いますが、ギフテッドの様にIQが高い人は周囲との差に悩まされ、孤独を抱えやすい傾向があります。

備考

知能指数を示す指標はIQのほかに「精神年齢(Mental Age)」「EQ」「SQ」などがありそれぞれ方向性が異なります。
ここで表現される精神年齢は知能年齢とも呼ばれ、知的能力が何歳の平均に近いかを測定するものです。

関連記事

 ギフテッド
 論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

技術的特異点(シンギュラリティ)

技術的特異点(シンギュラリティ)は今までの技術を飛躍的に向上させる出来事の到来を指します。近年は技術的特異点(シンギュラリティ)だと考えられているのは自己学習を行える人工知能(人間のように自律的に学習 …

SDGs(エスディージーエス)

SDGs(Sustainable Development Doals)は世界中の人々が暮らしやすい社会を目指すための持続可能な開発目標を国際的に決めたものです。国際的な目標は大きく分けて17項目あり、 …

グレートフィルター(The Great Filter)

グレートフィルターは生命の特異点のようなもので、生命が次の段階に発展するための大きな障害となるものです。宇宙は広大であるため、私たちのような文明をもつ知的生命体が私たちの他にいなくてはおかしいです。し …

砂山のパラドックス

砂山のパラドックスは砂山から砂粒を減らしていき、砂粒が一定の数以下になった場合は砂山でなくなるのかという思考実験です。砂山のパラドックスの問題点は定義が曖昧なものを深く考える事で定義が揺らいでしまい矛 …

箱の中のカブトムシ

箱の中のカブトムシは、自分が認識している事実はそれが周囲の人の認識している事実とは限らない事を考えるものです。箱の中のカブトムシは数ある思考実験の中の一つです。思考実験の多くは実際に実験を行う事が難し …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ