需給バランス | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

需給バランス

投稿日:2020年8月27日 更新日:

需給(じゅきゅう)バランスは需要と供給のバランスです。

需要は欲しい人が多ければ増加し、供給はものが多ければ増加します。

つまり、ものの量に対してそれを欲しい人のバランスが需給バランスです。

需給バランスは価格を決定する際の重要な指標です。

  • 需要に対して供給量が多ければ価格が下がります。
  • 供給に対して需要が多ければ価格は上がります。

具体例

商品Xを160円で欲しい人が1人います。
商品Xを130円で欲しい人が2人います。
商品Xを100円で欲しい人が3人います。

Dさんが商品Xを1個売却する場合は160円で売却できます。

しかし、商品Xを複数個売却しようとする場合(供給が多い場合)は平均売却価格は下がっていきます。
6個売却した場合は平均120円となり、1個だけ売却する時よりも安くなります。

これは供給が多くなった事によって需要が減少したため購入希望価格が安い人にも販売したためです。

このように需要と供給の量によって商品の価格が左右されるため需給バランスは難しいです。

まとめ

需要に対して供給が減少する購入価格があがります。
しかし価格が上がり過ぎると需要も減少します。

また、供給に対して需要が減少すると販売価格を下げるしかありません。

このようにものが流動するには一定の条件があります。
しかし、受給バランスがくずれる事で物の流動が減少したり、最悪止まってしまう事もあります。

この規模が大きく世界的な影響を与える事もあり、経済が衰退する事もあります。

記憶に新しいのは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって人の流れが止まる事で需給バランスが崩れ経済に深刻な影響を与えました。

また、サブプライムローンの影響で経済に大きな影響を与えたリーマンショックも需給バランスが崩れた事によって起こりました。

このように、需給バランスと経済は切り離せないものとなっています。

備考

需給バランスは重要ですが、商品を販売するためには人の心理作用も重要です。
ヴェブレン効果(ベブレン財)のような高いものに対して所有欲を刺激する心理作用やスノッブ効果希少なものほど価値が高いと認識する心理効果があります。

関連記事

 ヴェブレン効果(ベブレン財)
 スノッブ効果
 サブプライムローン(サブプライム・モーゲージ)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

資本主義(資本制)

資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。資本主義は取引を行い、競争が起き、発展していくのが特徴とされています。しかし、放任するだけで経済成長が伸び続けるわけではなく、金融危機の影響な …

隠れリッチ(隠れ金持ち)

隠れリッチは一般的な人に紛れて生活している資産の多い人です。基本的に隠れリッチは全世帯の6%程度を占める純富裕層(金融資産が5,000万円~1億円未満)の人に多いと考えられています。富裕層(金融資産が …

ローソク足(ロウソク足)

ローソク足は投資で使われている一般的な表示方法です。ローソク足は値動きで重要な四本値(「始値」「終値」「最高値」「最安値」)が視覚的にわかる様に設計されているため、一目で需給バランスがわかります。ロウ …

ボラティリティ(ボラ)

ボラティリティ(Volatility)は価格の変動を表現しています。ボラ(ボラティリティの略)が大きいと表現される場合は価格の変動が激しい事を意味しています。そのため、ボラが大きいほどリスクも大きいで …

現在価値(PV)

現在価値(PV)は現在を基準に価値を算出する方法です。ものの価値は変動しているため、同一のものでも過去・未来で異なった価値になります。(現在の価値を現在価値、未来の価値を将来価値と言います。)現在価値 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ