配当金 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

配当金

投稿日:2020年12月18日 更新日:

配当金は会社が得た利益の一部を株主に還元するものです。

配当金は株主に分配される現金配当で、基本的に年に数回に分けて株主に分配されますが、その金額は会社ごとに異なるため、配当金がない会社もあります。
また、配当金は事業の成績が好調であれば増加する可能性もありますし、反対に事業の成績が悪いと減少する可能性もあります。

注意する点として、直近の業績が良かった場合は配当が良くなる可能性があるため、過去の配当実績を調べ、次回の配当の予想を立てることも重要です。

配当金は年間で1~2回程度還元する会社が多いですが、その時期も会社によって異なるため、日程の確認も大切です。

配当金額について

配当金の多くは株価の2%程度の会社が多いです。

例えば
 株価 3,000円
 配当金 60円
 配当率 2% の場合

1株当たりの価格が3,000円で、1株当たりの配当金が60円となります。
そのため、100株(300,000円分)保有していれば6,000円の配当が得られます。

配当金が2%程度では少ないと感じる人も多いと思いますが、配当金の比率が上がるとリスクも上がりやすい傾向があります。
特に配当金が5%を超えてくると減配(配当金が減る)の可能性が高くなります。

中には連続増配株(連続して配当金の分配額を増やしている会社の株)もありますが、その多くは業績が好調で分配金を増やせるだけの余裕があります。
しかし、そのような企業が増配をやめてしまうと先行きが不安視されるので注意が必要です。

減配が公表されると、その影響を受けて株価も下がりやすい傾向があるため、長期保有銘柄でも含み損を抱える可能性があります。

また、権利が確定してもその配当金が手元に入るまでには時間がかかります。

配当金の貰い方

配当金は株主に分配されますが、権利付き最終日(配当を貰う権利を決める日)に株を保有していれば、長期間保有し続けていなくても配当を貰うことができます。
しかし、権利付き最終日が近くなると株価が上がりやすく、また権利落ち日(権利付き最終日の翌営業日)は株価が下がりやすい傾向があるため、配当金目的で株を購入する際には注意が必要です。

また、権利付き最終日の日程は会社によって異なるため、購入したい銘柄は十分に確認する必要があります。

※権利付き最終日は配当金だけではなく、株主優待の権利もあります。しかし、株主優待は特定の期間保有していないと貰うことができないものがあるため注意が必要です。

まとめ

配当金は株式投資では代表的な利益の獲得方法です。

当然利益は多いほうが良いので、配当利回りが高いほうが良いですが、配当比率が高い銘柄はリスクプレミアム(リスクが高くなるとリターンも増加する)がついている事を忘れてはいけません。

そして、資産を形成するためには貰った配当金を全て使ってしまうのではなく、再投資して複利効果の恩恵を受けることでより大きな資産を形成していくことができます。

しかし、配当金目当てで投資をしていても、株価が受け取る配当以上に減ってしまっては意味がありません。
そのため、投資を行う際には将来価値(FV/ファンダメンタル・バリュー)を見定めることも大切です。

関連記事

 株主優待
 リスクプレミアム
 複利効果
 投資
 将来価値(FV/ファンダメンタル・バリュー)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

最低賃金

最低賃金は雇用される授業員に支払われる時給の最低価格です。最低賃金未満の時給で雇う事は認められていません。非正規雇用(パートやアルバイト)などをはじめ全ての労働者に適用されます。また業種や都道府県によ …

ギャンブラーの錯誤(ギャンブラーの誤謬)

ギャンブラーの錯覚は確率の偏りが発生している状況では、その偏りが収束する確率が高いと誤認してしまう心理です。ギャンブルをしていて確率の偏りが発生している場合、感覚的にその偏りが収束するように働くと考え …

現在価値(PV)

現在価値(PV)は現在を基準に価値を算出する方法です。ものの価値は変動しているため、同一のものでも過去・未来で異なった価値になります。(現在の価値を現在価値、未来の価値を将来価値と言います。)現在価値 …

原価

原価はその製品を作成する際にかかる費用です。原価を正確に把握するためには原価の計算を行う必要があります。原価計算には材料費、労務費、経費などを計算する事で原価がわかります。通常は原価に利益を載せて販売 …

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は国や企業などの経済状況を重点に分析を行う方法です。ファンダメンタルは経済の基礎的条件と言われ、ファンダメンタルズ分析は経済状況を分析し、将来への影響を想定するために行われます。 …

PREV
投資
NEXT
株主優待

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ