給料ファクタリング | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

給料ファクタリング

投稿日:

給料ファクタリングは給料を受け取る権利を売却して現金を手にする取引です。

ファクタリングは手元資金がない時に使える方法ですが、その価格差を金利(利息/利子)に直すと基本的には高金利となるため、新たな闇金の手口として周知されつつあります。

特に給料ファクタリングのターゲット層はサラリーマンなどの会社員が多いため、詳細を知らないで給料ファクタリングを行ってしまう人も多いです。

給料ファクタリングは会社員が特定の期日に受け取る給料を第三者(ファクタリング会社)が先に支払ってくれます。
その後、給料が支払われた際に手数料と共に第三者(ファクタリング会社)に返金するシステムです。

つまり、給料を受け取る権利を第三者機関が買い取るシステムです。

ファクタリングは権利の売買という扱いに現在は分類されていますが、その実態は闇金(高金利の金融機関)である事が多いです。

具体例

〇〇会社の給料日が毎月25日で、この会社に勤めるAさんは毎月20万円の手取りがあるとします。

しかし、Aさんは10日に手元の資金がなくなってしまったため、25日まで生活できなくなってしまいました。
そのため、給料ファクタリングを利用し、ファクタリング会社から9万円を借りました。

25日の給料日になったらファクタリング会社へお金を支払わなくてはいけません。

この時に返すのは借りた9万円ではなく、手数料がついた10万円です。

その結果、本来20万円の手取りがあるはずなのに、使えるのは19万円となってしまいます。

これを繰り返し利用すると毎月の手取り額からファクタリング会社へ支払う金額が増えてしまいます。

給料ファクタリングのメリット・デメリット

給料ファクタリングのメリット
  • 審査が厳しくない(収入の見込みを証明する必要があります)
  • 融資までが早い(即日の場合も有り)
  • 職業を問わない(アルバイト、フリーターでも大丈夫)
  • 金融ブラックでも大丈夫(金融事故を起こしていても問題ない)
  • 個人信用情報に傷がつくリスクが少ない(借入の区分ではない)
給料ファクタリングのデメリット
  • 手数料が高い
  • 法的にグレー
  • 勤務先や周囲の人間に知られる可能性がある

まとめ

ファクタリングは基本的には優良なシステムで、海外では昔からファクタリング事業があり広く普及していますが、日本ではあまり普及していませんでした。

しかし、近年ファクタリングの悪徳業者が増加したため、問題視されています。
そのため、法整備も行われる可能性があります。
※通常のファクタリングは2020年7月現在は違法性がないため、法律上取り締まる法律はありません。

しかし、一部の違法性の高いファクタリング会社は取締の対象となる事もあります。

ファクタリング会社を利用する会社員の多くは、ファクタイング会社に債券を譲渡した事を知られたくないため、ファクタリング会社と債券を譲渡した人との二者間で完結する事が多いです。

しかし、悪徳業者はそれをいいことに高い手数料(年利換算で500%を超えることもあります)を要求する事もあるため、法律を遵守している消費者金融(サラ金)での高い年利(約15%前後)ですら良心的に思えます。

ただし、一部の消費者金融(サラ金)での借り入れも難しい金融ブラックの認定の人たちは選択肢が非常に少ないです。

そのため、このような人をターゲットに「給料の前借」「金融ブラックでも可能」「誰でも即金」などをアピールして広告を出す会社も少なくはありません

最後に

給料ファクタリングは消費者金融(サラ金)などと同じで、自分が働いたお金の一部を支払う必要があります。

そのため、繰り返し利用する人は、他人のために働いている状態となっている点には注意が必要です。

関連記事

 金利(利息/利子)
 金融事故
 個人信用情報
 消費者金融(サラ金)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

安全余裕率(経営安全率)

安全余裕率は売上に対して利益が占める割合です。売上高と損益分岐点との差を示す指標です。そのため、安全余裕率が高ければ損失への耐性が高くなります。つまり、経営の安全度を示す指標の一つとして考える事もでき …

損害遅延金(遅延賠償)

損害遅延金はお金の引き渡しが遅延した場合に追加で請求される賠償金です。基本的になにか契約を結ぶ時に金額とその引渡期限が決められています。そして、その引き渡し期限を守らない場合には何らかのペナルティーが …

生き金(いきがね)、死に金(しにがね)

生き金、死に金の定義は 生き金 使ったら戻ってくる死に金 使っても戻ってこない戻ってくると言っても、現金で戻ってくるとは限りません。そもそも、お金は引換券です。なにかと交換するのが本来の使い方です。生 …

民事再生(個人再生)

民事再生は借金を減額してもらう制度の一つです。民事再生は借金総額の全額返済見込みがない状態の人の借金総額を減額する制度で、減額後の借金を返済する事で減額された分の借金についても法律上の返済義務がなくな …

非遡及型融資(ノンリコースローン)

非遡及型融資(ひそきゅうがたゆうし)は返済の範囲を限定する融資です。通常の融資(リコースローン)では返済が上手くいかない場合でも借入額+利息の合計を払う必要があるため、融資を受けた対象以外の資産を手放 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ