箱の中のカブトムシ | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

箱の中のカブトムシ

投稿日:

箱の中のカブトムシは、自分が認識している事実はそれが周囲の人の認識している事実とは限らない事を考えるものです。

箱の中のカブトムシは数ある思考実験の中の一つです。
思考実験の多くは実際に実験を行う事が難しいですが、箱の中のカブトムシは実際に実験が行えますが、比較的イメージしやすため実験を行わ無くても結果がわかると思います。

箱の中のカブトムシの概要

箱の中のカブトムシは、被験者(複数人)に一人につき一つの箱を配ります。

配られた箱の中身は自分以外に見せる事(視覚情報を共有する事)はできません。

被験者には「箱の中にはカブトムシが入っている」と伝えられます。

被験者間では視覚情報が共有できないため、配られたカブトムシは全て同じであるのかを視覚的に確認することができません。

そのため、箱の中に入っているカブトムシは異なるものである可能性があります。

例えば、カブトムシには性別があるため、それがオスなのかメスなのかは情報を共有しなければわかりません。
また、カブトムシには成長の過程があるため、幼虫なのか成虫なのかも情報を共有しなければわかりません。
さらに、それが生体としてのカブトムシではなく、おもちゃのカブトムシの可能性もあります。

このように視覚情報を共有しないだけでも、様々な誤解が生まれる可能性があります。

そして、これらは私たちがカブトムシを知っているからわかる事であって、カブトムシを知らない人がカブトムシと信じているものは、もしかしたら別のものの可能性もあります。

まとめ

カブトムシは実際に明確な物体があります。
そのため、視認する事で視覚情報を共有する事は比較的簡単です。

しかし、感覚を共有する事ができないものもあります。

共有できない代表的なものに痛覚があります。
他者の受けた痛みを共有する事はできません。
同程度の傷を受けてもその痛みは異なります。
中には先天性無痛病(指定難病)などのように痛みを感じない人もいます。

そして、この痛みは物質的な痛みに留まらず、精神的な苦痛も伝える事が困難です。

これは痛みを例にあげたものですが、他にも共有する事が難しいものはあります。

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

ソーシャルグッド

ソーシャルグッドは社会に対して良い影響を与える事です。ソーシャルグッド(social good)は直訳すると「社会的に良いこと」で、社会に役立つ取り組み(社会貢献活動や支援など)を指します。海外では企 …

スーパーコネクター

スーパーコネクターは、人脈が広い人です。スーパーコネクターは人と人を結びつけるのが好きで、広く多種多様な人脈(コネクト)を持ち、人間関係の輪を広げてくれます。また、その人脈は数だけでなく、質も良く、年 …

ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)

ヘンペルのパラドックスはカラスではないものの情報を集める事で、逆説的にカラスを証明するパラドックスです。「AはBである」反対に「BでないならばAではない」という事を前提にした内容です。「カラスは黒い」 …

制度疲労

制度疲労は昔に作られた制度が現在の状況に適していない状態です。制度疲労は、制度ができた当時は有効的に機能していたはずの内容が時間経過で徐々に状況に対応できなくなっている状態です。本来の制度は社会状況に …

フリン効果

フリン効果はIQ(アイキュー)の推移が向上する事です。反対にIQの推移が低下する場合は、負のフリン効果と呼ばれます。フリン効果によるIQ(アイキュー)の推移の研究では、1970年代をピークにIQ(アイ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ