第二領域思考 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

第二領域思考

投稿日:2020年10月19日 更新日:

第二領域思考は優先順位を重要性と緊急性に分類した際の考え方です。

物事を重要性と緊急性に分類すると4つに分類されます。

  • 第一領域 緊急性が高く 重要度も高い
     基本的にはやらなければいけない事が該当します。
  • 第二領域 緊急性が低く 重要度が高い
     やった方が良いですが、緊急性がないので後回しになりやすいです。
  • 第三領域 緊急性が高く 重要度が低い
     重要ではないため、やらなくても問題はありませんが、多くの人がやってしまいます。
  • 第四領域 緊急性が低く 重要度も低い
     必要性がないので、ここに分類される事を減らす事ができれば生産性が向上しやすいです。

基本的に優先順位が一番高いのは第一領域のため、ここに分類される事を一番最初に処理します。
そして、多くの人が次に優先するのは第三領域となります。
これは緊急性が高いため、その時を逃すと後から取り戻す事が大変です。

しかし、大切なのは重要度です。
いくら緊急でも重要でない事を優先していては重要な事が処理されない為、第二領域にある重要な事が時間経過によって第一領域へ変わる事も多いです。

そのため、第一領域を最優先で処理するのは重要ですが、第二領域をいかに処理する事かは重要な要素になります。

具体例

一般的な家計の支出で考えてみます。

  • 第一領域
     生活費(食費、光熱費etc)
  • 第二領域
     貯金、投資、健康管理etc
  • 第三領域
     新製品・限定品の購入・交際費etc
  • 第四領域
     娯楽etc

多くの人がやっているお金の優先順位は

  1. 家計で最も優先するのは生活費(第一領域)です。
    生活費は衣食住などに必要なお金なので最優先で支払わなくてはいけません。
  2. 次に優先しがちなのが新製品や限定品などの商品を購入(第三領域)してしまいます。
    しかし、今まではその商品がなくても生活に困っていなかったため、無くても問題はないので、本来ならば優先度は低いです。
  3. 次に使いがちなのが娯楽(第四領域)です。
    個人的な欲求を満たすための出費なので、最も削りやすい場所です。
  4. 最後に余ったお金で貯金(第二領域)を行おうとしても残金はありません。

このようなお金の使い方をしていてはお金が溜まるはずがありません。

そのため、資産を形成する事ができる人は第一領域の次に第二領域を優先しています。
そのため、この第二領域にどれだけお金を回せるのかで、その後の人生に大きな差がうまれます。

まとめ

第二領域には健康管理などの自己投資も含まれているため、病気になるリスクも軽減されています。
また、ビジネスにおいては重要であるが緊急性が高い業務をうまく処理し、将来の収入を増やすための仕事は未来業務とも呼ばれる重要な仕事で、先行投資に分類されると考える事もできます。

具体例のように貯金や投資を行わない生活をしている人が、もし急な出費(事故・病気・怪我など)がでるような事態になった場合は、借金をしてでも治療を行うか、それとも治療をしないかという選択肢を取る事になってしまいます。

しかし、第二領域を考えて行動できていた人は資金に余裕があるため、治療に専念する事ができます。

このように、可処分所得の使い方の違いは人生にも大きく影響を与えます。

少数ではありますが、中には第二領域へお金を使わずに何かしらのトラブルによって消費者金融(サラ金)などから借金をしてしまい、そこから抜け出せなくなり多重債務による高額な金利(利息/利子)の支払いができなくなってしまう人もいます。
このような人は自己破産などの金融事故を起こして社会的な信用がなくなってしまう事もあり資本主義では大きなハンデを背負う事となってしまいます。

その反対に、第二領域へ投資続けた人は複利効果によって増加した不労所得を得て、お金に不自由しない生活をするようになります。

関連記事

 未来業務
 可処分所得
 消費者金融(サラ金)
 多重債務
 金利(利息/利子)
 金融事故
 複利効果
 不労所得

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

超知能

超知能は驚異的な知能で、現在超知能を持つ存在はいません。超知能は優れた知能ですが、私たちの考える優秀な人(ギフテッドのような人)を遥かに凌駕する驚異的な知能を指します。そのため、特定の分野に特化した専 …

スーパーコネクター

スーパーコネクターは、人脈が広い人です。スーパーコネクターは人と人を結びつけるのが好きで、広く多種多様な人脈(コネクト)を持ち、人間関係の輪を広げてくれます。また、その人脈は数だけでなく、質も良く、年 …

フェルミ推定(フェルミの問題)

フェルミ推定とはいくつかの手がかりを元に論理的な概算を求める方法です。求めたい数値を仮定とする情報を元に論理的に分析するため、答えのわからない問いに対しての一つの解決方法として重宝されています。しかし …

メアリーの部屋(スーパー科学者メアリー/一人ぼっちのメアリー)

メアリーの部屋は色を知らない科学者が色を目にする事でどの様に変化するのかを考える思考実験です。物理学的な知識を全てと考える場合は色についての知識が全てある状態で見る色から学ぶ事はありません。しかし、色 …

全能のパラドックス(全能の逆説)

全能のパラドックスは、全能には論理的な矛盾が発生してしまうため、全能を否定するパラドックスになっています。全能のパラドックスの論理的な矛盾は物理的に無理があったり、正反対のことを同時に満たす事はできな …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ