焼け太り | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

焼け太り

投稿日:2020年4月23日 更新日:

焼け太りは災害などの被害者が保証を受ける事で、被害を受ける前よりも生活が良くなる現象です。

焼け太りの由来は、火災で損害を受けた際に保険によって補償金や見舞金などを受け取る事で以前の生活や事業を取り戻すためには補って余りある補償を受けとり、以前よりも生活が豊かになることからきています。

現在では広義の意味で用いられるようになり、火災に限らず、危機や災害で損害を受ける事をきっかけに利益を得たり、事業規模を大きくしたりすることを指すようになりました。

具体例

災害の保険には建物のほかに、貴重品や家財道具なども保険に入れる事ができるものがあります。
このような保険に入っている状態で建物が全壊した際の補償を受ける場合に保険金が損失以上におりる事があります。
これは住居が無い期間の補償など様々な要素を保証してくれるプランに入っている事が条件です。

また、大きな災害になると個人の加入している保険のほかに、公共団体でも補償を行ってもらえる事もあります。
個人の加入している補償と公共団体から受ける補償が合算される事で、損失以上の補償を受ける事もあります。

このような事例が昔は多く発生したため、現在では焼け太りが発生する事は以前よりも減少しました。

まとめ

焼け太りは全壊などの損害ケースで昔は発生する事がありましたが、現在は基本的に焼け太りが発生する事はありませんが、極稀に焼け太りが発生する事があります。
しかし、保険に入っていても保険が下りないで自分で損失を支払わなくてはいけないこともあります。

そのため、オプションの保険に加入し補償の範囲を拡大することで、自身の持ち出しを減らすという選択も増加してきました。
しかし、保険を多くかけるとその分保険料も高くなるので、バランスを考えた保険の選択が必要になります。

このようにリスクはいつ発生するかわからないため、リスクマネジメンを常に想定しておく事が重要です。

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

泡銭効果(ハウスマネー効果)

泡(あぶく)銭効果は運の要素が高い状態で得た利益は使い方が荒くなってしまう心理傾向です。良くあるのがカジノなどのギャンブルで得た利益を再び元手として投資してしまい、最終的に利益がなくなってしまうなどで …

リボルビング払い(リボ払い)

リボルビング払いは分割払いの一種です。リボ払いは割賦販売(かっぷはんばい)の一種で、主にクレジットカードの支払いを分割して支払うカードローンの一種です。手軽に借り入れができる反面、基本的に金利(利息/ …

クレジットヒストリー(クレヒス)

クレジットヒストリー(クレヒス)はクレジットカードの利用履歴です。クレジットカードで行った決済は過去の利用履歴として記録に残っています。クレジットカードのデータはデジタル処理されているため記録が残しや …

金利(利息/利子)

金利は借金に対しての追加費用です。お金の貸し借りを行う際には、貸す側は返ってこない可能性が有る事ため、見返りがなければお金を貸すメリットがありません。そのため、基本的にはお金を借りる際には元本に追加し …

リスクアセスメント

リスクアセスメントはリスクの分析を行うプロセスです。現状問題が無い場合でも状況の変化によってトラブルが発生する可能性があります。トラブルの発生を未然に防ぐことや、対応方法の検討、その後の影響など、リス …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ