焼け太り | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

焼け太り

投稿日:2020年4月23日 更新日:

焼け太りは災害などの被害者が保証を受ける事で、被害を受ける前よりも生活が良くなる現象です。

焼け太りの由来は、火災で損害を受けた際に保険によって補償金や見舞金などを受け取る事で以前の生活や事業を取り戻すためには補って余りある補償を受けとり、以前よりも生活が豊かになることからきています。

現在では広義の意味で用いられるようになり、火災に限らず、危機や災害で損害を受ける事をきっかけに利益を得たり、事業規模を大きくしたりすることを指すようになりました。

具体例

災害の保険には建物のほかに、貴重品や家財道具なども保険に入れる事ができるものがあります。
このような保険に入っている状態で建物が全壊した際の補償を受ける場合に保険金が損失以上におりる事があります。
これは住居が無い期間の補償など様々な要素を保証してくれるプランに入っている事が条件です。

また、大きな災害になると個人の加入している保険のほかに、公共団体でも補償を行ってもらえる事もあります。
個人の加入している補償と公共団体から受ける補償が合算される事で、損失以上の補償を受ける事もあります。

このような事例が昔は多く発生したため、現在では焼け太りが発生する事は以前よりも減少しました。

まとめ

焼け太りは全壊などの損害ケースで昔は発生する事がありましたが、現在は基本的に焼け太りが発生する事はありませんが、極稀に焼け太りが発生する事があります。
しかし、保険に入っていても保険が下りないで自分で損失を支払わなくてはいけないこともあります。

そのため、オプションの保険に加入し補償の範囲を拡大することで、自身の持ち出しを減らすという選択も増加してきました。
しかし、保険を多くかけるとその分保険料も高くなるので、バランスを考えた保険の選択が必要になります。

このようにリスクはいつ発生するかわからないため、リスクマネジメンを常に想定しておく事が重要です。

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

パーソナルファイナンス

パーソナルファイナンスはライフプランに応じたお金の知識や使い方を意味します。パーソナルファイナンスを考えるためには、どのような人生を送りたいかを考える事が重要です。個人個人でお金の使い方は異なりますが …

スノッブ効果

スノッブ効果は希少なものほど価値が高いと認識する心理作用です。スノッブ効果における希少性とは 需要に対して供給が少なければ希少性が高い需要に対して供給が多ければ希少性は低い のように、需要に対しての供 …

流動性リスク(リクイディティリスク)

流動性リスクは売買が減少する事で取引が成立しなくなる事で起こるリスクです。物の流動性が低下すると売りたい時に売れない・買いたい時に買えない可能性が高くなります。特に問題視されるのは短期間で売却したい場 …

出産手当金

出産手当金は出産で会社を休んだ時に支給されます。出産するために会社を休んだ場合に給料を受け取る事ができない人が出産給付金を支給してもらう事ができます。しかし、申請が必要なので必要な書類を用意し申請しま …

iDeCo(イデコ)・個人型確定搬出年金

iDeCoの詳細はお取引機関で確認お願いいたします。この記事では、 iDeCoの仕組がお得かを考察しています。iDeCoは基本的に60才まで引き出せない積み立てですから、始める前にしっかりと調べたいで …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ