注意欠損・多動性障害(ADHD) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

注意欠損・多動性障害(ADHD)

投稿日:2020年4月26日 更新日:

注意欠損・多動性障害(ADHD)は注意散漫な状態が続く症状です。

ADHDは先天的・後天的に発症する症状で、注意散漫が原因で過活動・衝動性・不注意などがみられる症状でが、幼少期にADHDと通常の行動の差を明確にすることが難しいため、周囲が発見できない事もあります。

幼少期の発症率は女子の方が高く、不注意の症状が多いと報告されています。
一方男子は多動性の症状が多いと報告されています。

成長と共に症状がなくなる方もいますが、大人になっても症状がなくならない方は、順序立てて行動する事が苦手だったり、ケアレスミスが多いなどが見られ生涯に渡り苦労する方もいます。

昔は子供だけが発症すると思われ、大人になる事で改善されると考えられていました。

他の要因(他の精神障害や薬物など)でも同じような症状がみられることがあるため、問診等での誤診も報告されています。
また、小児と成人では異なる経緯を持つとされ、解明されていない要素を含むため判断が難しい症状です。

判断基準

  • 学習に影響がある場合
  • 対人関係が困難
  • 6歳以上から発症し半年以上継続している
  • 長期間の観測においてもその症状が継続している(幼少期から)
  • 不注意が多い
  • 過活動・衝動性がみられる
  • 感情で行動するため計画通りに動けない
  • 言動にまとまりがない
  • 脳の部分的(右前頭前皮質、大脳基底核など)異常
  • 他の精神疾患に該当しない

具体例

不注意

  • 気が散りやすい
  • 集中して取り組む事が難しい
  • 簡単なミスが多い
  • 物を良く無くす

過活動・衝動性

  • 座っている事が難しい
  • 黙っている事が難しい
  • 待つことが難しい

まとめ

ADHDは一般的に起こりうる問題が症状と一致するため、見極める事が難しいです。

本人や周囲の人が違和感を抱いている事もありますが、それを確定するだけの要因をつかめない状態も多いです。
そのため、本人や周囲の人がADHDに対する知識が無い環境では感情的な問題と考えられてしまい、自己嫌悪に陥ってしまう方も少なくはありません。

また、自閉症スペクトラム障害と混同される事が多い症状でもあります。

このように周囲から理解を得る事が難しい症状ですが、子供は20人に1人、大人では40人に1人の割合で発症すると考えられています。

原因がストレスではなく、幼少期から継続して症状がみられる方は専門医へ一度受診をしていただき、治療を行う事で症状が緩和されたり不安から抜け出せる方もいます。

対人関係で悩みを抱えている方でも周囲から認知される事で対人関係が緩和されれる事もあります。

備考

注意欠損・多動性障害は注意欠損障害や、多動性障害、多動症などとも呼ばれます。

関連記事

 自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群/ASD)

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

学習障害(LD)

学習障害(LD)は極端に苦手な分野があり知的遅れがない症状です。学習障害は発達性障害の一種とされ、感覚器官の影響によって学習に大きなハンディを持つ方で、苦手な分野として語学・数学などの学習する際に必要 …

家庭内暴力(DV/ドメスティック・バイオレンス)

日本では家庭内暴力(DV:Dmestic Violence)は親しい人(配偶者や祖父母、実の子供や恋人など)からの暴力だと認識されています。暴力の種類は多岐にわたり、心身に有害な影響を及ぼす言動は暴力 …

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は強い負の感情が心に残り生活に支障をきたす病気です。強烈なストレス(不安、恐怖、緊張など)が心に大きな負担を与える事で、通常は忘れられるはずの光景や感情が忘れられなく …

感染経路

感染経路は病原体が感染者を増やす経路です。感染経路は「空気感染」「接触感染」「飛沫感染」「媒介感染」などがあり、対応策も異なるため、感染経路がわからなければ対応が難しいです。 空気感染 特徴:空気中に …

偽薬効果(プラシーボ効果/プラセボ効果)

偽薬効果は病気の症状に効果がないとされている物質での治癒効果です。心理的影響を強く受ける方では、薬の作用の30~40%は心理効果によってもたらされているといわれています。このため、治療法のない患者や、 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ