心的外傷後ストレス障害(PTSD) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

投稿日:2020年2月26日 更新日:

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は強い負の感情が心に残り生活に支障をきたす病気です。

強烈なストレス(不安、恐怖、緊張など)が心に大きな負担を与える事で、通常は忘れられるはずの光景や感情が忘れられなくなってしまいます。

ストレスの原因は事故や災害をはじめ、人的な要素なども含まれ、それが心の傷(トラウマ)となり心に深く刻まれますが、時間経過でも癒えることなく心に残り、酷い場合は何度も繰り返し思い出される事で記憶が鮮明になっていく方もいます。
特に心だけではなく、体にも傷を負った方はPTSDの発症リスクが高いです。
また、男性よりも女性の方が発症リスクが高いとされています。

災害、火事、事故、犯罪などの恐怖体験によって過度な精神的ショックを受ける事で、食欲不振、不眠症や頭痛、めまい、鬱などの症状がでる可能性があります。

そのため、精神的な苦痛のほかに、身体的な不調が現れるため、生活を行うのが困難になる方やが多く、半数が鬱状態や不安障害などを引き起こしています。

PTSDの発症について

  • 1~2か月でPTSDが改善されない場合、慢性化の危険性があります。
  • 男性よりも女性の方が発症リスクが高いです。
  • 精神・肉体の両方を同時に傷つけられる事で発症リスクが増加します。

まとめ

精神的に深い傷を負った人がPTSDになりますが、必ずなるわけではありませんし、なった方のその後のケアも大切です。
これは同じような体験をしても感じ方は人によって異なるためです。
ケアの仕方によって、短期で改善する方もいますし、慢性化してしまう方もいます。
そのため、誰がなってもおかしくない障害ですし、いつまで続くかもわからない病気のため、実際に悩まされている方も多いです。
また、克服する事も難しく、中には原因がわからない患者の方もいます。

PTSDを克服するには周囲の理解と協力が大切です。
周囲の方の協力がない環境では悪循環に陥ってしまう事も考えられます。
そのため、被害者の方が安心して生活を送れる環境を整える事が改善されていく傾向あります。
しかし、改善の見込みが薄い場合は医療機関への相談も検討したほうがいいです。

備考

PTSDは心的外傷後ストレス障害とも呼ばれています。

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

アルコール依存症

アルコール依存症は行動や感情を抑制する事ができなくなる症状です。アルコール依存症は飲酒をしている人の誰しもがなる可能性がある依存症で、身体にも悪景況を及ぼす危険な症状です。しかし、日本ではお酒は成人を …

鬱病(うつびょう)

鬱病(うつびょう)は精神的に疲れていて、舞います思考になってしまう状態です。鬱病になってしまう原因は主にストレスによるものが強く、将来に対する不安や、周囲からのプレッシャー、自分の能力以上の仕事量、ハ …

パニック障害

パニック障害は急に理由もなく不安や恐怖を感じるため日常生活に支障がでます。パニック障害の「突然」「理由もなく」強い不安や恐怖、動機や発汗手足の震えなどの症状が起きます。また、パニック障害は特定の場所や …

論理療法(理性感情行動療法)

論理療法は心理療法の一種で、論理的な観点からメンタルケアを行う方法です。論理療法は心理的問題や生態的反応は論理的な思考が心理に影響を及ぼすという考えを元にしています。そのため、アルバート・エリスのAB …

アルツハイマー病

アルツハイマー病は脳の機能が徐々に低下してく病気です。アルツハイマー病は認知症の一種で、脳の機能(特に記憶力や思考力)が徐々に低下してくのが特徴です。重度の方の中には日常生活に支障をきたす方もいます。 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ