心理会計(メンタルアカウンティング) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

心理会計(メンタルアカウンティング)

投稿日:2020年1月1日 更新日:

心理会計はメンタルアウカウンティングや心の会計、心の家計簿など多くの呼び方があります。
いずれもお金の使用目的や入手方法によって評価が異なる心理です。

勘定項目毎に価値が異なり、平均評価額が心の中で決まっているはずです。
この評価額はマネースクリプト (お金に対する価値観 )が異なるため人によって異なります。
そのため無駄使いしてるつもりはないのにお金が無くなるという方は、大きく予算を取っている項目が原因かもしれません。

心理会計は実験によって裏付けもされているので、合理的な見直しを行う事で余裕が生まれるはずです。

また、大きい金額を見ていると、金銭感覚は麻痺し、次第に大きく感じなくなってしまいます。

使用目的の差による具体例

勘定項目の違いをご飯代に当てはめてみました。

生活費 日常的に消費する
  一食 500円
交際費 友人との付き合い
  一食 1,000円
接待費 お客様をもてなす
  一食 2,000円

生活費で一食500円は高いと思う方もいると思います。
接待費で一食2,000円は安く思う方もいると思います。

このように、目的によって評価額が異なります。
接待ばかりしていては当然お金もすぐなくなります。

入手方法の差による具体例

一所懸命働いて稼いだ 100万円
宝くじで当てた 100万円

このお金を実際に入手できた場合多くの人は、

労働して得たお金は大事に貯金する。
宝くじで得たお金は無駄使いしてしまう。


こういう方が多いと思います。
しかし、100万円の中には自己負担分が含まれている事を忘れてはいけません。

働いて稼いだ場合
時間を対価にお金を得ています。
100万円稼ぐ場合日当2万円としても50日働かなくてはいけません。

宝くじの場合
100万円当てるのに宝くじ3万円購入した場合
当たった100万円の利益は97万円となります。
(100万円-3万円=97万円)

50日と3万円どちらが価値がありますか?
多くの方は50日だと思います。
つまり、宝くじで当てた100万円(100万円-50日<100万円-3万円)の方が価値があるはずです。

しかし価値が逆転してしまいます。
これは努力した過程を高く評価する傾向が強いためです。
特に日本人は過程を重要視する傾向が強いので注意が必要です。

関連記事

 マネースクリプト

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

限界利益(貢献利益)

限界利益は売上から変動費を引いたものです。限界利益は損益計算特融の計算方法で、売上から変動費を引いて計算を行うため、基本的には売上の増加とともに増加する費用です。限界利益の計算式は  限界利益=売上高 …

資本主義(資本制)

資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。資本主義は取引を行い、競争が起き、発展していくのが特徴とされています。しかし、放任するだけで経済成長が伸び続けるわけではなく、金融危機の影響な …

焼け太り

焼け太りは災害などの被害者が保証を受ける事で、被害を受ける前よりも生活が良くなる現象です。焼け太りの由来は、火災で損害を受けた際に保険によって補償金や見舞金などを受け取る事で以前の生活や事業を取り戻す …

割賦販売(かっぷはんばい)

割賦販売は分割払いを用いた販売方法です。割賦販売は購入金額を分割して支払うシステムで、ローン払いやリボ払いで使われているシステムです。高額な商品を販売する際に一括で支払いを求められてしまっては販売する …

民事再生(個人再生)

民事再生は借金を減額してもらう制度の一つです。民事再生は借金総額の全額返済見込みがない状態の人の借金総額を減額する制度で、減額後の借金を返済する事で減額された分の借金についても法律上の返済義務がなくな …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ