心理会計(メンタルアカウンティング) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

心理会計(メンタルアカウンティング)

投稿日:2020年1月1日 更新日:

心理会計はメンタルアウカウンティングや心の会計、心の家計簿など多くの呼び方があります。
いずれもお金の使用目的や入手方法によって評価が異なる心理です。

勘定項目毎に価値が異なり、平均評価額が心の中で決まっているはずです。
この評価額はマネースクリプト (お金に対する価値観 )が異なるため人によって異なります。
そのため無駄使いしてるつもりはないのにお金が無くなるという方は、大きく予算を取っている項目が原因かもしれません。

心理会計は実験によって裏付けもされているので、合理的な見直しを行う事で余裕が生まれるはずです。

また、大きい金額を見ていると、金銭感覚は麻痺し、次第に大きく感じなくなってしまいます。

使用目的の差による具体例

勘定項目の違いをご飯代に当てはめてみました。

生活費 日常的に消費する
  一食 500円
交際費 友人との付き合い
  一食 1,000円
接待費 お客様をもてなす
  一食 2,000円

生活費で一食500円は高いと思う方もいると思います。
接待費で一食2,000円は安く思う方もいると思います。

このように、目的によって評価額が異なります。
接待ばかりしていては当然お金もすぐなくなります。

入手方法の差による具体例

一所懸命働いて稼いだ 100万円
宝くじで当てた 100万円

このお金を実際に入手できた場合多くの人は、

労働して得たお金は大事に貯金する。
宝くじで得たお金は無駄使いしてしまう。


こういう方が多いと思います。
しかし、100万円の中には自己負担分が含まれている事を忘れてはいけません。

働いて稼いだ場合
時間を対価にお金を得ています。
100万円稼ぐ場合日当2万円としても50日働かなくてはいけません。

宝くじの場合
100万円当てるのに宝くじ3万円購入した場合
当たった100万円の利益は97万円となります。
(100万円-3万円=97万円)

50日と3万円どちらが価値がありますか?
多くの方は50日だと思います。
つまり、宝くじで当てた100万円(100万円-50日<100万円-3万円)の方が価値があるはずです。

しかし価値が逆転してしまいます。
これは努力した過程を高く評価する傾向が強いためです。
特に日本人は過程を重要視する傾向が強いので注意が必要です。

関連記事

 マネースクリプト

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

リスクアセスメント

リスクアセスメントはリスクの分析を行うプロセスです。現状問題が無い場合でも状況の変化によってトラブルが発生する可能性があります。トラブルの発生を未然に防ぐことや、対応方法の検討、その後の影響など、リス …

リスクプレミアム

リスクプレミアムはリスク資産から無リスク資産を引いた収益率の差です。リスクプレミアムは無リスク資産を基準とします。 無リスク資産はリスクがない(ほとんどないor少ない)資産を指します。投資は基本的にリ …

出産手当金

出産手当金は出産で会社を休んだ時に支給されます。出産するために会社を休んだ場合に給料を受け取る事ができない人が出産給付金を支給してもらう事ができます。しかし、申請が必要なので必要な書類を用意し申請しま …

不労所得

不労所得とは所得を得るための労力が少ない所得です。労働をして得る事のできる勤労所得を除いたもの全般を指します。労力無しで得られる収入と誤解される事が多いですが、労力がかかるものも含みます。労力が収入に …

生活防衛資金

生活防衛資金は問題が起きた時に現状の生活を継続するための資金です。生活防衛資金は現在の生活水準に合わせて決める必要があり、資産価値の変動が少ない現金や預金が代表的です。一般的には最低でも3か月分の生活 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ