心理会計(メンタルアカウンティング) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

心理会計(メンタルアカウンティング)

投稿日:2020年1月1日 更新日:

心理会計はメンタルアウカウンティングや心の会計、心の家計簿など多くの呼び方があります。
いずれもお金の使用目的や入手方法によって評価が異なる心理です。

勘定項目毎に価値が異なり、平均評価額が心の中で決まっているはずです。
この評価額はマネースクリプト (お金に対する価値観 )が異なるため人によって異なります。
そのため無駄使いしてるつもりはないのにお金が無くなるという方は、大きく予算を取っている項目が原因かもしれません。

心理会計は実験によって裏付けもされているので、合理的な見直しを行う事で余裕が生まれるはずです。

また、大きい金額を見ていると、金銭感覚は麻痺し、次第に大きく感じなくなってしまいます。

使用目的の差による具体例

勘定項目の違いをご飯代に当てはめてみました。

生活費 日常的に消費する
  一食 500円
交際費 友人との付き合い
  一食 1,000円
接待費 お客様をもてなす
  一食 2,000円

生活費で一食500円は高いと思う方もいると思います。
接待費で一食2,000円は安く思う方もいると思います。

このように、目的によって評価額が異なります。
接待ばかりしていては当然お金もすぐなくなります。

入手方法の差による具体例

一所懸命働いて稼いだ 100万円
宝くじで当てた 100万円

このお金を実際に入手できた場合多くの人は、

労働して得たお金は大事に貯金する。
宝くじで得たお金は無駄使いしてしまう。


こういう方が多いと思います。
しかし、100万円の中には自己負担分が含まれている事を忘れてはいけません。

働いて稼いだ場合
時間を対価にお金を得ています。
100万円稼ぐ場合日当2万円としても50日働かなくてはいけません。

宝くじの場合
100万円当てるのに宝くじ3万円購入した場合
当たった100万円の利益は97万円となります。
(100万円-3万円=97万円)

50日と3万円どちらが価値がありますか?
多くの方は50日だと思います。
つまり、宝くじで当てた100万円(100万円-50日<100万円-3万円)の方が価値があるはずです。

しかし価値が逆転してしまいます。
これは努力した過程を高く評価する傾向が強いためです。
特に日本人は過程を重要視する傾向が強いので注意が必要です。

関連記事

 マネースクリプト

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

株主優待

株主優待は企業が株主に対して、利益を現金以外の形で還元するものです。株主優待を行っている上場企業は数多くあり現在1500社程度あります。しかし、上場している全ての会社が株主優待を行っているわけではあり …

iDeCo(イデコ)・個人型確定搬出年金

iDeCoの詳細はお取引機関で確認お願いいたします。この記事では、 iDeCoの仕組がお得かを考察しています。iDeCoは基本的に60才まで引き出せない積み立てですから、始める前にしっかりと調べたいで …

マネースクリプト

マネースクリプトはお金に対する価値観です。マネースクリプトを大まかんに分類すると4つに分割する事ができます。分類された傾向や特徴を見る事で、自分の価値観を認識し、苦手な事を理解し改善しやすくなります。 …

SBIネオモバイル証券(国内株式について)

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は国内株式を1株から購入できる(FXなどの他のサービスもあります)サービスです。SBIネオモバイル証券の最大の特徴はTポイントを使って株を購入する事ができる点で、お買 …

安全余裕率(経営安全率)

安全余裕率は売上に対して利益が占める割合です。売上高と損益分岐点との差を示す指標です。そのため、安全余裕率が高ければ損失への耐性が高くなります。つまり、経営の安全度を示す指標の一つとして考える事もでき …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ