家庭内暴力(DV/ドメスティック・バイオレンス) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

家庭内暴力(DV/ドメスティック・バイオレンス)

投稿日:2020年10月14日 更新日:

日本では家庭内暴力(DV:Dmestic Violence)は親しい人(配偶者や祖父母、実の子供や恋人など)からの暴力だと認識されています。

暴力の種類は多岐にわたり、心身に有害な影響を及ぼす言動は暴力だと考えられています。

暴力を受けた被害者は過度なストレスによって、肉体・精神的に悪影響を受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)鬱病(うつびょう)となる事も珍しくはありません。
また、最悪の場合は生死に関わる重大な事件となります。

このような重大な事件となるのは、家庭内の限られた空間で起こる限定的な暴力である事が多いため、周囲の人が気づかない事も多いためです。
また、止める人がいない事で、長期間継続的に行われる事も多く、毎日積み重なるそれらのストレスは徐々に心身を蝕んでいきます。

近年のDV事情

DVの相談件数(被害者からの通報)は20~40代が多く、30~40代の人が加害者になる事が多いです。

基本的には男性(夫)から女性(嫁)に対する暴力の相談件数が多いです。
残念なことに、相談件数は徐々に増加している傾向にあります。

また、男性が女性に対する暴力よりも件数は少ないですが、女性が男性に対する暴力は大幅に増加している傾向にあります。
また、女性から受ける暴力の被害者は男性に限らず老人や児童も増加傾向にあります。

男性の被害者は女性から暴力を振るわれていても恥ずかしくて相談できない人が多いようなので、潜在的な被害者数の把握が難しいです。

しかし、潜在的な被害者の数の確認が難しいのは男性に限った話ではなく、女性の潜在的な被害者数の把握も難しいため、実際の被害者は男女共に把握が困難だと考えられています。

DVの具体例

DVとして扱われる暴力には様々な種類があります。

  • 身体的暴力
     殴る・蹴る・首を絞める・物を投げる・凶器で傷つけるetc
  • 精神的暴力
     怒鳴る・侮辱する・行動を制限する・恥をかかせるetc
  • 性的暴力
     無理やり性的行為をする・避妊しないetc
  • 経済的暴力
     生活費を渡さない・借金をさせる・お金を返さないetc

このようにDVには多くの種類がありますが、家庭内で行われる事が多いため周囲から発見される事は少ないです。

まとめ

日本では人権(全ての国民が生命と自由を確保され、幸福を追求する権利)が保証され、人間らしく生きる事を生まれた時から保証されています。

そのため、人権は誰にとっても大切な権利で人々に平等に与えられています。
しかし、現実には暴力によって命の危険がある事件や事故の被害者となる事があります。
これは重大な人権侵害ですが、その救済が十分に行えていないのが現状です。

DV被害のアンケートでは「DVを受けた事がある女性は37.2%、男性は21.7%、全体で29.7%」というデータもあります。

つまり、約3割(10人中3人)はDVの被害者となった経験があるという事です。
また、DVの相談件数は男女で3倍も違いがあり、女性の相談者が圧倒的に多い反面、実際のアンケートの比率とは解離しているため、潜在的なDV被害者の数はとても多いと考えられています。

備考

家庭内暴力はドメスティックバイオレンス(Dmestic Violence)やその頭文字をとってDVとも呼ばれます。

配偶者からの暴力を防止する「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」も定められています。

関連記事

 ストレス
 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
 鬱病(うつびょう)

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

空気感染

空気感染は空気中を漂う病原体を吸い込む事で感染します。空気感染は空気を感染経路とするため感染者から離れていても感染してしまう可能性があり、特に密閉された空間で同じ空気を共有している場合、感染の拡大につ …

注意欠損・多動性障害(ADHD)

注意欠損・多動性障害(ADHD)は注意散漫な状態が続く症状です。ADHDは先天的・後天的に発症する症状で、注意散漫が原因で過活動・衝動性・不注意などがみられる症状でが、幼少期にADHDと通常の行動の差 …

ニコチン依存症(煙草依存症)

ニコチン依存症は依存症の一種でニコチンに依存している病気です。ニコチンは喫煙をすることで体内に吸収され脳に幸福感を与えるます。この幸福感がやめられずに依存してしまう人がニコチン依存症です。ニコチン依存 …

スマホ依存症(スマートフォン依存症)

スマホ依存症はスマートフォンの使用をやめられなくなり、多くの時間をスマホの使用に費やす状態です。近年の技術発展によってスマホは軽量で高機能となり、インターネットの普及や発展に伴い、電波の入るエリア・通 …

ブルーライト

ブルーライトは光を構成する青い光で紫外線に近い光です。近年は技術発展に伴い人工的なブルーライトを目にする頻度が増加し生活には欠かせないものとなりました。しかし、人工的なブルーライトは波長が短く(波長が …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ