奨学金 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

奨学金

投稿日:2020年9月15日 更新日:

奨学金は学生を支援するために貸し出されるお金です。

奨学金は国内の高等専門学校・専修学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院などで学ぶ人を対象にしています。

奨学金は基本的には借金のため、借りた分は返す必要があります。
そのため、返済計画は大切ですが、多くの人は学校を卒業したら就職して安定した収入を得る事を前提に考えてしまいます。

しかし、入学してから数年後に返済を開始するため、世間の情勢が入学時と同じとは限りません。
例えば有効求人倍率が1を下回るような環境の年もありました。
このような状態では就職もままならず、奨学金を返済する事が難しいです。

そのため、奨学金は申請する事で返済方法を変更する事もできます。
このように、通常の借金よりも優遇された内容となっています。

中でも成績が優秀で一定の条件を満たす人は奨学金の返済を免除される事もあります。

奨学金の種類

奨学金には「給付型(きゅうふがた)」と「貸与型(たいよがた)」があります。
「貸与型」の奨学金は「第一種奨学金」と「第二種奨学金」に分類されます。
「第二種奨学金」には「固定方式」と「変動方式」があります。

  • 給付型の奨学金は返済の必要はありません。
  • 貸与型の奨学金は返済の必要があります。(借金)
  • 第一種奨学金は無利子なので、借りた額の返済となります。 
  • 第二種奨学金は有利子なので、借りた額と利子(上限は年利3%)を返済しなくてはいけません。
  • 固定方式は借入の際に利子が確定します。
  • 変動方式は借入をした後も定期的に利子が変動(平成25年度以降は1%以下)します。

このように奨学金には種類がありますが、基本的に第一種奨学金は成績、家系、人柄、健康状態などの条件を満たす必要が有るため、多くの人は第二種奨学金を借りる事となります。

奨学金の返済に対する救済措置

第二種奨学金は返済を行う必要がありますが、学校を卒業しても安定した収入が約束されているわけではありません。
そのため、災害、傷病、経済困難、失業などの事情によって収入が少なかったり、安定していない人が返済を行う事は難しいです。
しかし、第二種奨学金は基本的には借金と同じため、返さなくてはいけません。
そこで、「減額返済」や「返済期限猶予」などの救済措置があります。

  • 減額返済
     一定期間の返済額を減らして返済期間を延長する
  • 返済期限猶予
     一定期間の返済を停止して返済期間を延長する

これらの制度は返済額が減少するわけではない(返済期間が長くなると利子は増えます)ので注意が必要です。

返済が難しい場合には必ずこれらの手続きを行ってくください。
これらの手続きを行わないで未納状態が続くと延滞金の支払いを求められてしまいます。
延滞金は通常の金利よりも高額になる事が多いの注意が必要です。

まとめ

奨学金は借金です。
しかし、消費者金融(サラ金)などと比べると金利に大きな差があります。

奨学金の年利上限は3%ですが、消費者金融(サラ金)はその約5倍の15%程度の事が多いです。
年利は毎年加算されるので借入額が多くなると金利の違いが大きな影響を与えます。
そのため、福利の概念は知っておいた方が良いです。

例えば100万円で10年、年利3%と年利15%の場合

年数年利3%年利15%
1年目100+3=
103万円
100+15=
115万円
2年目103+3.09=
106.09万円
115+17.25=
132.25万円
3年目106.09+3.18=
109.27万円
132.25+19.84=
152.09万円

このように3年で約40万円の差となりますが、借入期間が長くなると差がさらに大きくなっていきます。

奨学金は低金利で借入を行う事ができるのですが、学生の多くはファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)低いため、お金の管理が上手く行えない人もいます。
最悪の場合は返済ができなくなり自己破産などの金融事故をおこしてしまう人も珍しくはありません。

関連記事

 金利(利息/利子)
 消費者金融(サラ金)
 福利効果
 ファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)
 自己破産
 金融事故

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

自爆営業(自腹営業)

自爆営業は従業員が自己負担で商品を購入して売上を上げる行為です。会社は基本的には顧客に商品を購入してもらいますが、顧客の変わりに従業員が商品を購入する事があり、購入する事自体には問題はありません。しか …

損切(ロスカット/ストップロス)

損切は含み損を抱えている状態で、更なる含み損の増加が予想される場合に、損失を確定させる事です。損切を行う事で損失が確定されてしまいますが、それ以上の損失を止めるためには重要な事です。特にレバレッジを掛 …

消費者金融(サラ金)

消費者金融は貸金業法に基づいて、一般消費者に小口融資を行う金融機関です。消費者金融に悪い印象を持っている人も多いと思いますが、法令に法った運営を行っているため、不正な行いをしているわけではありません。 …

埋没費用効果(コンコルド効果/サンクコスト効果)

埋没費用効果は、損切(損失を確定させる)ができない心理状態です。金銭、時間、精神などを投資し続ける事が損失になるとわかっていても、積み上げてきたものを失いたくない、無駄だと思いたくない心理です。始めた …

トレードオフ

トレードオフはお互いに譲れない条件が対立した場合は取引が不成立となる状態です。トレードオフは複数の両立し得ない条件になる関係をさします。一方を得るために、もう一方を犠牲にするように、両立不可能な二律背 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ