レバレッジ効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

レバレッジ効果

投稿日:2020年12月24日 更新日:

レバレッジ効果は自己資本を超えて運用資産を増やして取引する方法です。

レバレッジは自己資本の他に他者の資本を借り入れる事で、少ない資金で大きなお金を動かす事ができるようになるため、少資本で少ない利益しか出せない状態から、レベレッジによって資本を多きくして大きな利益を得る事ができるようになります。

しかし、レバレッジを掛けて大きな資本を動かすということは、損失も大きくなるため注意が必要です。

そのため、レバレッジの上限は規制されている事が多いです。

レバレッジの上限

レバレッジを掛ける事で大きな取引ができるようになりますが、その反面リスクも大きくなります。
その結果、返す事が困難になるような大きな負債を抱えてしまった人が多く出てしまったため、レバレッジには上限が設けられるようになりました。

品目レバレッジの上限倍率
仮想通貨(暗号資産)2倍
3.3倍
FX(外国為替証拠金取引)25倍

レバレッジの上限は過去の実績から、その変動を考慮して考えられています。

そのため、基本的な価格変動が小さい相場でのレバレッジは大きく設定されていますし、価格の変動が大きな相場ではレバレッジは小さく設定されています。

つまり、現物取引ではレバレッジの倍率が低いものは、ボラティリティ(ボラ)が大きいので、利益を出すチャンスが多い反面、損失を被る可能性も高いハイリスクハイリターンな相場です。

しかし、リスクを大きくする(レバレッジをかける)事で、リターンも大きくできるようにしたため、本来は小さな値動きでも、レバレッジによって大きな損益が発生するようになりました。

レバレッジの具体例

レバレッジは自分の資産以上のお金を借り入れる事で資産を増やす方法です。

FXのレバレッジを10倍、元金が10万円の場合

10万円の10倍で100万円の資金を動かす事ができます。

ドル円が100円の時に買いで入った場合、1万ドルを得る事ができます。
(100万円→1万ドル)

この状態でドル円が101円となった時にドル円を売ると101万円になります。
(1万ドル→101万円)

つまり、10万円の元金で1万円が増えた(利益率10%)事になります。

現在は日本で取引できるFXのレバレッジ上限は25倍となっていますが、海外ではレバレッジが400倍が標準となっています。

そのため、10万円の元金で4,000万円を動かせる事となり、先ほどと同様のシュミレーションの場合は40万円の利益がでます。

非常に稀ですが、ドル円の相場は1日で3円以上、1週間で7円以上の値動きをする事もあります。

  • 1日で3円変動する場合、レバレッジ10倍の場合は3万円、400倍の場合は120万円の変動となります。
  • 1週間で7円変動する場合、レバレッジ10倍の場合は7万円、400倍の場合は280万円の変動となります。

そして、これは収益のみではなく、損失になる可能性もあります。

10万円の資産しかない人が280万円の損失を被った場合、その後の人生には少なからず影響がでると思います。

そして、元金が増えれば動かせるお金も増加します。

例えば100万円の元金がある人が先程と同様の状態になった場合、2800万円の負債を背負うことになり、その後の人生には大きな影響が出ると思います。

このような状態を回避するために、日本ではレバレッジの上限が設定されていますし、強制ロスカット(強制的に損切をするシステム)が設定されている事が多いです。

強制ロスカットについて

レバレッジを使った取引では依託証拠金(預けてある元金)が一定の水準よりも低下した場合(証拠金維持率が100~50%以下が多い)に強制ロスカットが行われます。

このような状態にならないために、証拠金が一定割合まで低下すると追証(おいしょう=追加の証拠金)を求められ、定められた証拠金を定められた期日以内に準備する必要があり、準備できない場合は強制的に決済されてしまいます。

強制的に決済されないようにするためには、追証を収めるか損切(含み損を確定させる)をする必要があります。

そして、なによりも忘れてはいけないのは、このようなシステムが正常に機能していれば強制ロスカットされても元金から損失分を失うだけで借金を背負うことは通常はありません。

しかし、土日など休日は取引が行えない期間があり、この期間中に大きな変動があった場合、取引会社が月曜日に動き出した時には大きな含み損となっているにも関わらず、その損失が確定されてしまい負債を負ってしまう事があります。

まとめ

レバレッジは諸刃の剣です。

上手く使えば大きな利益を得る事ができる反面、失敗すると大きな損失を被ってしまいます。

つまり、レバレッジによってリスクプレミアムがついている状態です。

しかし、慣れてくるとこのリスクに対しての認識が低下し、リスクを取りすぎてしまう事があります。

例えば
追証を求められた時に損切を行わずに追証を納めます。
そして、更に含み損が増加し2度・3度と追証を納めると手持ちの資産と呼べるものがなくなり、消費者金融(サラ金)やキャッシングなどを駆使してお金を集めてしまう人がいます。

このような人が強制ロスカットを受けてしまうと含み損が決済され、利益がでて返済できる予定だった借金を返済できる見込みがなくなってしまいます。
中には複数の金融機関への返済が必要な多重債務の状態になってしまう人もいます。

このような状態にならないためには損切を確実に行い、投資資金と生活防衛資金を分けておく事が大切です。

しかし、このようなアセットマネジメント(資産管理・運用)をせずに常にフルインベストメントではリスクが高すぎます。

フルインベストメントならばレバレッジは大きくかけないほうが良いでしょうし、レバレッジを大きくかけるならばフルインベストメントはやめた方が良いと思います。

投資で成功するために重要な事は、利益を優先してリスクを取る事ではなく、リスクを抑えて利益を出す事です。

備考

レバレッジは、てこ=レバー(lever)が語源とされています。
そのため、レバレッジはレヴァレッジ、リブレッジ、レバレッジ効果、レバレッジ率などと呼ばれる事もあります。
また、歯車=ギアリング(gearin)と呼ばれる事もあります。

依託証拠金は証拠金や保証金などと呼ばれることもあります。

基本的に力を増大させるものに例えられる事が多いです。

関連記事

 ボラティリティ(ボラ)
 証拠金
 損切(ロスカット/スロップロス)
 リスクプレミアム
 消費者金融(サラ金)
 投資
 アセットマネジメント(資産管理・運用)
 フルインベストメント

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

多重債務

多重債務は複数の会社から借金をしていて返済が難しい状態です。多重債務の人は借金の総額が多くなったことで、金利も増加し返済が追い付かない状況となっています。多重債務者の中には借金返済のために他の金融機関 …

自爆営業(自腹営業)

自爆営業は従業員が自己負担で商品を購入して売上を上げる行為です。会社は基本的には顧客に商品を購入してもらいますが、顧客の変わりに従業員が商品を購入する事があり、購入する事自体には問題はありません。しか …

給与所得者等再生

給与所得者等再生は借金の一定額を3年間返済する事で残りの借金を免除してもらう制度です。給与所得者等再生は民事再生の一種で、借金の総額に対して収入が少ない状態が続く事で生活が困窮する方を対象に、借金の返 …

労使協定

労使協定は会社と労働者の間で労働基準法の例外を定めるために結ばれる協定です。労使協定は誰でも結べるわけではなく、労働者の中から代表を選出し、選出された人が会社との交渉などを行います。労働者の代表は民主 …

現在価値(PV)

現在価値(PV)は現在を基準に価値を算出する方法です。ものの価値は変動しているため、同一のものでも過去・未来で異なった価値になります。(現在の価値を現在価値、未来の価値を将来価値と言います。)現在価値 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ