ラテマネー | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

ラテマネー

投稿日:

ラテマネーは普段から何気なくつかっているお金です。

ラテマネーは日常的な小さな出費です。
少額ですが頻度が多いため、深く考えずに使いやすい傾向があります。
しかし、その小さな積み重ねは次第に大きな出費となります。

そのため、少額でも意識して使うことが大切です。

ラテマネーの具体例

会社員で多いラテマネーは、出勤前にコンビニで飲み物を買ったり、お昼にデザートを買ったり、休憩で吸うタバコの購入代などが当てはまります。

具体的な金額を見てみます。

朝の飲み物 150円/日=39,600円/年
 150×22日=3,300円
 3,300円×12カ月=39,600円

タバコ 250円/日=90,000円/年
 200円×30日=7,500円
 7,500円×12カ月=90,000円

お昼のデザート 300円/日=79,200円/年
 300円×22日=6,600円
 6,600円×12カ月=79,200円

このように年間で考えるとそれなりにまとまった金額となります。
特に煙草のように毎日消費するものは大きな出費となります。

他にも銀行の引き出し手数料や、急な雨の際に購入するビニール傘など、ラテマネーの種類は様々で、これらの小さな出費をまとめると大きな出費になります。

まとめ

ラテマネーのような日々の小さな支出を管理する事は難しいです。

そのため、意識せずに使っているお金を管理するためには、家計簿をつける事は大切です。

可処分所得がいくらあり、生活防衛資金がいくら必要なのかをしっかりと見極める事が大切です。

中にはアフォーダンス(環境的な要因)によって使っているお金を見直すだけでも大きな違いがでる人もいます。

家計簿をつけるようになれば、ラテマネーだけではなく固定費やその他の変動費も自然と意識ができるようになるのでお勧めです。

なににいくら使っているのか?
それは必要な出費なのか?
それだけの価値があるのか?

これを繰り返し行える人は時間経過と共に確実に富裕層へと近づいていきます。
そして、富裕層の多くは「お金は稼ぐことよりも使う事の方が難しい」と考えています。

反対にこれができてない人は、所得を増やしても富裕層へはなれません。

所得が多くても借金をしてしまう人
宝くじが当たったのに不幸になってしまう人

このような人はたくさんいます。

不幸にならないように、しっかりとしたファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)を身に着けてください。

関連記事

 可処分所得
 生活防衛資金
 アフォーダンス
 ファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

金銭忌避

金銭忌避はお金があると不幸になるという考えです。マネースクリプトの診断で金銭忌避に分類される人はお金が悪であるという認識が強い人で金銭崇拝とはほぼ対局の考えです。「高所得者は悪人、人をだましてお金を搾 …

金銭警戒

金銭警戒は貯金する傾向が強い人です。マネースクリプトで分類される金銭警戒はお金を使う事に抵抗を感じる傾向がある人です。節約や倹約を行い浪費を抑えて貯金し、いざという時に備える事が大切だと考えている傾向 …

休業手当

休業手当は会社の事情によって従業員を休ませた場合に時に発生する手当です。従業員を会社の事情で休業させる場合、従業員には労働して入ってくる予定だった収入が入らなくなります。従業員は会社で労働する事で給料 …

トレードオフ

トレードオフはお互いに譲れない条件が対立した場合は取引が不成立となる状態です。トレードオフは複数の両立し得ない条件になる関係をさします。一方を得るために、もう一方を犠牲にするように、両立不可能な二律背 …

資産三分割法

資産三分割法は性質の異なる三種類の資産を保有する投資方法です。三分割する事でリスクを分散させる方法です。基本的に三種類のうちの一種類は預金とする事が多いです。代表的な選択肢は下記になります。 預金(普 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ