ラットレース | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

ラットレース

投稿日:2019年12月16日 更新日:

ラットレースは「金持ち父さん、貧乏父さん」で知られるロバート・キヨサキが 働いても働いても現状維持で終わってしまう事を表現するのに用いた言葉です。

多くの方が毎月支払いに追われ収入を得てもお金は生活費にあてています。
残ったお金も消費してしまい、資産を購入することはありません。
翌月も翌々月も繰り返し、これでは支払いから追われる生活が続いてしまいます。

これを抜け出すには現在の働いて収入を得るキャピタルゲイン から、働かなくても収入が入ってくるインカムゲインに移行し不労所得を得なければいけません。

資本主義では、資本が無い方がインカムゲインを形成する事が大変です。

ラットレースを抜け出す方法

1. 収支の管理を行います。

  • 実際のお金の収支(キャッシュフロー)を確認します。
  • 何にお金を使っているのか、本当に必要なのかどうか確認してください。
  • 人は明確化されていないものに対しては、都合のいいように判断する傾向があるため、数字でわかるようにしなくてはいけません。

2. 資金を増やします。

  • 資産(投資額<利益額)を購入するためには資金が必要です。
  • 資金を作るには収入を増やすか、支出を減らすか、両方行うかです。
  • 収入が増加すると生活レベルも上昇させてしまう方が多いので気を付けてください。
  • 収入が増加し生活レベルを落とせたら資金にはゆとりがうまれます。

3. 資産を購入します。

  • 資金ができたら、資産を購入します。
  • 負債(投資額>利益額)を生むのは資産ではありません。
  • 資産は資金を増やすものです。
  • 資産から生まれた資金を再投資し、複利効果を狙います。
  • 判別方法は生き金になるか、死に金になるかです。

4. 継続

  • 1~3を継続して行い、生産性を向上させてください。
  • 生産性を向上させることで、労働時間が減っていきます。
  • 最終的に「生活費<資産収入」となればラットレースから抜け出せたことになります。

まとめ

ラットレースから抜け出すには自分の力で生きていかなくてはいけません。
会社員でいなくなるという事は、行動に対しての全責任を負わなければいけません。

しかし、ラットレースを抜けた先には自由な時間、自由な行動、自由な人間関係があります。

価値観は人それぞれです。

例えば、人生を80才までとした場合
1/4にあたる20年を教育機関で過ごします。
1/2にあたる40年を社会人として過ごします。
1/4にあたる20年を余生として過ごします。

ひと昔前の日本では終身雇用制が多く、定年後は不自由なく暮らせた方も多かったようです。

しかし、現状は異なります。

老後も年金額がいくらになるのかわからないなか、政府は雇用年齢の引き上げを目指しているようです。

より詳しく知りたい方は関連書籍を読んでみてください。

関連記事

 生き金(いきがね)、死に金(しにがね)
 インカムゲイン・キャピタルゲイン
 資本主義
 複利効果
 不労所得

関連書籍

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

心理会計(メンタルアカウンティング)

心理会計はメンタルアウカウンティングや心の会計、心の家計簿など多くの呼び方があります。いずれもお金の使用目的や入手方法によって評価が異なる心理です。勘定項目毎に価値が異なり、平均評価額が心の中で決まっ …

アセットアロケーション(資産配分)

アセットアロケーションは各資産の配分です。資産には種類があり各資産毎に期待できるリターンやリスクが異なります。そのため、投資資金を複数の異なる資産として保有する事で、リスクを抑えながら投資を行う事がで …

損害遅延金(遅延賠償)

損害遅延金はお金の引き渡しが遅延した場合に追加で請求される賠償金です。基本的になにか契約を結ぶ時に金額とその引渡期限が決められています。そして、その引き渡し期限を守らない場合には何らかのペナルティーが …

リボルビング払い(リボ払い)

リボルビング払いは分割払いの一種です。リボ払いは割賦販売(かっぷはんばい)の一種で、主にクレジットカードの支払いを分割して支払うカードローンの一種です。手軽に借り入れができる反面、基本的に金利(利息/ …

育児休業制度

育児休業制度は子育てを支援する制度です。育児休業制度を利用するには一定の条件があり、給付金の額や受け取れる期間には一定の決まりがあります。今では一般的な認識となっていますが、育児休業は男女共に利用でき …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ