パーキンソンの法則 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

パーキンソンの法則

投稿日:

パーキンソンの法則は余裕があるとそれを使い切ってしまう心理です。

第1法則と第2法則に分類されていますが、どちらも与えられた分を使い切ってしまうという点は同じです。

第1の法則について

期限が決められているものは、その期限に近づくまで終わりません。

学校の宿題を思い浮かべてください。
提出期限まで1週間あり、本来なら1日で終わる内容だとしても、提出期限が近くなるまで終わらない方が多いと思います。

仕事で残業が多い方はこの心理が働いている方もいると思います。
定時で帰るために何をしましたか?
残業ありきの考えに陥っているようでしたら一度見直してみてください。
時間は限られています。

第2の法則について

支出の金額は、収入と同額になるまで増加します。

小さい頃のお小遣いよりも大人に向かうにつれ、お小遣いは増えていった方が多いと思います。
しかし、多くなった分もしっかりと使っているはずです。

パーキンソンの法則に陥らないためには

パーキンソンの法則に陥らないようにするためには要点を抑え、枠を決めてください。
給料が20万円あるのでしたら、そのうちわけを全て決めてください。


 10万円を生活費、5万円を積み立て、3万円を投資、2万円をお小遣い

もし守れなかった場合は、お小遣いを減らしてください。
浮いた予算があってもお小遣いに回してはいけません。
浮いた予算は積み立てするか、投資に回しましょう。

時間も同じです。
ペース配分をしっかりと計画し、予定通りに進めてください。

まとめ

パーキンソンの法則は与えられたものは使い切ってしまうという心理です。
しかし、これは枠全体を使い切ろうとして、本当に重要なものを隠してしまいます。

これを避けるためには重要なものがしっかりと見えていなくてはいけません。
しかし、重要なものが見えていないからパーキンソンの法則にはまり、一度はまると重要なものが隠れてさらに見えなくなってしまいます。

パーキンソンの法則に陥ってしまったらリセットし、重要なことを見つめなおす事も大切です。

備考

政治学者のシリル・ノースコート・パーキンソンの著書「パーキンソンの法則:進歩の追求」で提唱されました。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

エンハンシング効果

エンハンシング効果は賞賛されるとやる気がでる心理現象です。人は承認欲求と言われる認めてもらいたい心理があり、賞賛されることでこの承認欲求が満たされモチベーションが上がります。そして、その賞賛された経験 …

コールド・リーディング

コールド・リーディングは人を分析する方法の一種で、他者の気持ちを読み取る方法です。コールドリーディングは対象者の情報が一切ない状態から、外見や会話などのあらゆる情報から分析を行い、相手の情報や心理を読 …

反報性の原理(返報性の法則)

返報性(へんぽうせい)の原理は頂いたものは返したいと思う心理です。返報性の法則は人が本能的に持っている心理ですし、日本人は「恩を受けたら返しなさい」と教育された方が多いと思います。そのため、好意を受け …

ジャム理論(ジャムの法則)

ジャム理論は選択肢が多くなると選択を決定する事をあきらめてしまう事を証明した実験です。ジャム理論では多数の選択肢と、少数の選択肢を提示した際の意志決定に与える影響を調べる実験です。ジャム理論の検証実験 …

アンダードック効果(判官贔屓効果/負け犬効果)

アンダードック効果は立場や状況が劣勢な状況の人を応援したくなる心理現象です。アンダードック効果は弱い立場や劣勢な状況では同情や共感が集まるため、その状況を打開しようと頑張っている人を応援したくなる心理 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ