パーキンソンの法則 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

パーキンソンの法則

投稿日:

パーキンソンの法則は余裕があるとそれを使い切ってしまう心理です。

第1法則と第2法則に分類されていますが、どちらも与えられた分を使い切ってしまうという点は同じです。

第1の法則について

期限が決められているものは、その期限に近づくまで終わりません。

学校の宿題を思い浮かべてください。
提出期限まで1週間あり、本来なら1日で終わる内容だとしても、提出期限が近くなるまで終わらない方が多いと思います。

仕事で残業が多い方はこの心理が働いている方もいると思います。
定時で帰るために何をしましたか?
残業ありきの考えに陥っているようでしたら一度見直してみてください。
時間は限られています。

第2の法則について

支出の金額は、収入と同額になるまで増加します。

小さい頃のお小遣いよりも大人に向かうにつれ、お小遣いは増えていった方が多いと思います。
しかし、多くなった分もしっかりと使っているはずです。

パーキンソンの法則に陥らないためには

パーキンソンの法則に陥らないようにするためには要点を抑え、枠を決めてください。
給料が20万円あるのでしたら、そのうちわけを全て決めてください。


 10万円を生活費、5万円を積み立て、3万円を投資、2万円をお小遣い

もし守れなかった場合は、お小遣いを減らしてください。
浮いた予算があってもお小遣いに回してはいけません。
浮いた予算は積み立てするか、投資に回しましょう。

時間も同じです。
ペース配分をしっかりと計画し、予定通りに進めてください。

まとめ

パーキンソンの法則は与えられたものは使い切ってしまうという心理です。
しかし、これは枠全体を使い切ろうとして、本当に重要なものを隠してしまいます。

これを避けるためには重要なものがしっかりと見えていなくてはいけません。
しかし、重要なものが見えていないからパーキンソンの法則にはまり、一度はまると重要なものが隠れてさらに見えなくなってしまいます。

パーキンソンの法則に陥ってしまったらリセットし、重要なことを見つめなおす事も大切です。

備考

政治学者のシリル・ノースコート・パーキンソンの著書「パーキンソンの法則:進歩の追求」で提唱されました。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

優越の錯覚

優越の錯覚は自分は平均よりも優れていると過大評価する心理です。知識や技術、身体能力や性格など、他者よりも優れていると錯覚しやすい傾向があります。 これは人間の生存本能によるもので、他者よりも優れている …

同調効果(姿勢反響/ミラーリング効果)

同調効果は、同じ振る舞いをすることで好感度が高まる現象です。同調効果は動作、姿勢、表情、喋り方などで同じ振る舞いをすることで好感を得られます。また、言葉を繰り返す事も効果的です。この際に不自然にならな …

ダブルバインド

ダブルバインドは提示された選択肢のどちらを選んでも不利益になる状況です。避けにくい学校や家庭内、職場などで起こると悪質です。 特に未成年のような自立できない年の子にとって親は神様同然です。親の言う事は …

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

ドクターフォックス効果(Dr.Fox effect)

ドクターフォックス効果は非言語メッセージの影響が大きいという心理効果の実験です。ドクターフォックス効果は非言語メッセージ(言葉で発するメッセージではなく、身振りや表情などの動作などで伝わるメッセージ) …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ