パラドックス | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

雑学

パラドックス

投稿日:2020年11月8日 更新日:

パラドックスは論理的な矛盾が発生してしまうものです。

パラドックスの特徴として、直感的には正しそうに思えますが、実際は正しそうに思えるだけで、それが正しいのかが疑問となるのがパラドックスになりますす。

パラドックスの基本は「感覚的には正しいと感じますが、論理的に矛盾しているもの」です。

広義の意味では「論理的には正しいが、感覚的に不自然さを感じるもの」も含まれるため、パラドックスと一概に表現してしまうと幅広い意味をもってしまいます。

つまり、パラドックスには論理的な問題を解決する事ができるものと、論理的な矛盾を解決できないものがあります。

前者は数学的なパラドックスに多く、後者は哲学的なパラドックスに多いです。

数学的パラドックスと論理的パラドックス

数学的なパラドックスの代表

アキレスと亀のパラドックスのように着眼点を変える事で解決したり、男女のパラドックス(子供のパラドックス)のように条件付き確率などによって感覚と異なるものです。

論理的パラドックスの代表

砂山のパラドックスのような定義を根本的から見直すものや、全能のパラドックス(全能の逆説)のような論理的な矛盾をかかえるものです。

主なパラドックス

まとめ

パッラドックスは数学的な正確さだけではなく、感覚的に納得できるものであるのかも影響を与えます。

そのため、数学的に正しくても多くの人の感覚と異なる場合はパラドックスとして扱われます。

つまり、一般的に正しいと思われていても、必ずしもそれが論理的に正しい事ではないことの証明として使われる事もあります。

また、パラドックスはコペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)のように、パラドックスについての理解を深める事によって今まで認識していた常識が覆るような影響を与える事もあります。

そのため、パラドックスについて学ぶことで自分自身を見つめ直す良い機会となることもあります。

様々な視点から物事を見つめる事により、知れば知るほど知らない事が増えていくような感覚に陥ります。

そのため、「無知の知」を体感するにはパラドックスは適しているのかもしれません。

関連記事

 アキレスと亀のパラドックス
 男女のパラドックス(子供のパラドックス)
 条件付き確率
 砂山のパラドックス
 全能のパラドックス(全能の逆説)
 親殺しのパラドックス
 囚人のパラドックス
 シンプソンのパラドックス(ユール=シンプソン効果)
 テセウスのパラドックス(テセウスの船)
 フェルミのパラドックス
 フレンドシップパラドックス
 ヘンペルのパラドクス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)
 ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ)
 コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

フレンドシップパラドックス

フレンドシップパラドックスは「あなたの友達はあなたよりも友達が多い」というパラドックスです。多くの方の場合、自分の友達よりも友達の友達の方が多いのには数学的トリックが隠されています。友達と話をしている …

貧困(絶対的貧困と相対的貧困)

貧困には定義があり、絶対的貧困と相対的貧困に分類されます。絶対的貧困と相対的貧困ではその生活水準が大きく異なります。 絶対的貧困 人としての水準を維持する事が難しい(貧困線を下回る)状態相対的貧困 文 …

ナッシュ均衡

ナッシュ均衡は非協力状態における硬直状態のことです。三つの力関係が同じくらいになると、力関係が拮抗し硬直状態となります。一度この状態になるとなかなか抜け出せず、この状態が長く続く場合、この力関係を前提 …

水平思考(ラテラルシンキング)

水平思考はラテラルシンキングともいわれ、既成概念や固定観念のような前提条件に支配されない自由な発想です。物事を多面的に捉え、多くの視点から見て発想を広げ、新たな要素を取り入れたり、既存の要素を取り除く …

国民の階層分類(A層・B層・C層・D層)

国民の思想を分類したものです。思想で分類しているため、貧富の差は関係ありません。国民にはB層が多いとされています。そのため、B層に的を絞った選挙や、販売促進活動を行う事で成功しやすいとされています。小 …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ