パラドックス | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

パラドックス

投稿日:

パラドックスは論理的な矛盾が発生してしまうものです。

パラドックスの特徴は正しそうに思える点です。
正しそうに思えるだけで、それが正しいのかが疑問となるのがパラドックスです。

パラドックスの基本は「論理的に矛盾しているが、感覚的には正しいと感じるもの」ですが、広義の意味では「論理的には正しいが、感覚的に不自然さを感じるもの」も含まれます。

そのため、論理的な問題を解決する事ができるものと、矛盾を解決できないものがあります。

前者は数学的なパラドックスに多く、後者は哲学的なパラドックスに多いです。

数学的パラドックスと論理的パラドックス

数学的なパラドックスの代表

アキレスと亀のパラドックスのように着眼点を変える事で解決したり、男女のパラドックス(子供のパラドックス)のように条件付き確率などによって感覚と異なるものです。

論理的パラドックスの代表

砂山のパラドックスのような定義を根本的から見直すものや、全能のパラドックス(全能の逆説)のような論理的な矛盾をかかえるものです。

主なパラドックス

まとめ

パッラドックスは数学的な正確さだけではなく、感覚的に納得できるのかも影響を与えます。

そのため、数学的に正しくても多くの人の感覚と異なる場合はパラドックスとして扱われます。

そのため、一般的に正しいと思われていても、必ずしもそれが論理的に正しい事ではないことの証明として使われる事もあります。

そのため、パラドックスはコペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)のように、それを知るだけで認識している常識が覆るような影響を与える事もあります。

また、自分自身を見つめる機会を与えてくれることもあると思います。
知れば知るほど知らない事が増えていくような感覚に陥ります。

そのため、「無知の知」を体感するにはパラドックスは適しているのかもしれません。

関連記事

 アキレスと亀のパラドックス
 男女のパラドックス(子供のパラドックス)
 条件付き確率
 砂山のパラドックス
 全能のパラドックス(全能の逆説)
 親殺しのパラドックス
 囚人のパラドックス
 フレンドシップパラドックス
 ヘンペルのパラドクス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)
 ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ)
 コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

制度疲労

制度疲労は昔に作られた制度が現在の状況に適していない状態です。制度疲労は、制度ができた当時は有効的に機能していたはずの内容が時間経過で徐々に状況に対応できなくなっている状態です。本来の制度は社会状況に …

バタフライ効果(バタフライエフェクト)

バタフライ効果は小さな変化が後々大きな変化をもたらす現象です。最初の小さな変化が時間経過共に大きな影響となる現象です。大きな現象を分析していくと小さな変化の積み重ねだとわかります。また、最初の些細な変 …

シュレディンガーの猫

シュレディンガーの猫は事象を確認するまでは予想に過ぎず、確認する事で事象は確定するという理論の例です。シュレディンガーの猫は量子力学における思考実験です。この思考実験のポイントは猫の生死が確認されるま …

スーパーコネクター

スーパーコネクターは、人脈が広い人です。スーパーコネクターは人と人を結びつけるのが好きで、広く多種多様な人脈(コネクト)を持ち、人間関係の輪を広げてくれます。また、その人脈は数だけでなく、質も良く、年 …

男女のパラドックス(子供のパラドックス)

男女のパラドックスは問題に対する答えが直観とは異なるパラドックスです。通常は男女の比率は約1:1となるため、男女の問題ではその前提条件を元に考える事が多いです。しかし、その前提条件が変わる事があるため …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ