ジョハリの窓 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ジョハリの窓

投稿日:2019年12月12日 更新日:

ジョハリの窓はコミュニケーションの円滑に行うために提案されました。
一般的には自己開示が進むことで、対人関係が円滑に進むとされます。
つまり、相手へ自分の趣味や性格、価値観や人間性を伝える事で、コミニュケーションが円滑に進みます。

下記の表のように区切り、未知の窓が小さくなれば自己開示が進んでいる事になります。

自分は知っている自分が知らない
他人は知っている解放の窓盲点の窓
他人が知らない秘密の窓未知の窓

解放の窓が小さい方は何を考えてるかわからないと思われてしまいます。
一般的には未知のものや、理解できないものに大して、不安や恐怖を感じます。
そのため、コミュニケーションが円滑に進むのを阻害します。

秘密の窓を小さくし、自己開示を行う事で円滑なコミュニケーションを得られますが、個人情報(プライバシー)が公開されていきます。
どこまで公開するのかのバランスが大切です。

盲点の窓は無意識の行動が多いです。
人は無意識に9割の思考や行動を行っているともいわれています。
特に悪い習慣が無意識で行われている可能性があるので他人から見た自分を知ることは大切です。
悪い習慣は気づけば治せます、しかし、無意識下で行われてしまうと気づかないため、改善が難しいです。

未知の窓は可能性が眠っているといえます。
未知の窓の中に、なにが入っているかはわからないので、多くのことを経験し、自分の才能や秘密などの伸びしろを見つけられるようにしたいです。

ジョハリの窓は性質上自分一人で調べる事ができません。
そのため、自身の悪いところを指摘してもらえる信頼できる方に評価を行ってもらう事が重要です。


ジョハリの窓はアメリカの心理学者ジョセフ・ルフトとハリ・インガムが発表したため、ジョハリの窓といわれています。
現在はコミュニケーション心理学や、健康心理学、能力開発などでよく使われています。
学校の授業でジョハリの窓を学習する事もあるようです。
これは、心理学が社会で役に立つと認識されはじめた兆候かもしれません。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

正常性バイアス(恒常性バイアス/正常化の偏見)

正常性バイアスは自分にとって都合の悪い事を過小評価する心理です。認めなくない事などは突き詰めて考える事を放棄したりします。そして、その結果がどうなるのかを考慮する事をやめ、結果による被害を過小評価しま …

親和欲求(親和動機)

親和欲求は他者と友好的になりたいと思う心理です。人は基本的に他者と友好的になりたい気持ちがあります。これは生存率が集団で生活した方が高いためだと思います。しかし、親和欲求は状況によって強くなったり、弱 …

スリーパー効果(仮眠効果)

スリーパー効果は発信源の情報が時間経過によって忘却される現象です。情報の内容の信頼性は情報の発信源の信頼性に比例します。しかし、「情報の内容」と「発信源の情報」では、「情報の内容」の方が記憶に残りやす …

現状維持バイアス

現状維持バイアスは変化や知らないものを避ける心理です。人は安定を求める思いが強く、わからないものを恐怖として認識します。そのため、現状維持しようとする傾向が強いです。これには複数の心理的作用が働いてい …

自己親密行動

自己親密行動は気持ちを落ち着かせるためにとる行動です。自己親密行動は不安や緊張、悩みを抱えている場合に現れる無意識の行動です。話している最中にこのような行動が不自然に現れたらそれはなにかしらの(会話の …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ