ジョハリの窓 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

心理学

ジョハリの窓

投稿日:2019年12月12日 更新日:

ジョハリの窓はコミュニケーションの円滑に行うために提案されました。
一般的には自己開示が進むことで、対人関係が円滑に進むとされます。
つまり、相手へ自分の趣味や性格、価値観や人間性を伝える事で、コミニュケーションが円滑に進みます。

下記の表のように区切り、未知の窓が小さくなれば自己開示が進んでいる事になります。

自分は知っている自分が知らない
他人は知っている解放の窓盲点の窓
他人が知らない秘密の窓未知の窓

解放の窓が小さい方は何を考えてるかわからないと思われてしまいます。
一般的には未知のものや、理解できないものに大して、不安や恐怖を感じます。
そのため、コミュニケーションが円滑に進むのを阻害します。

秘密の窓を小さくし、自己開示を行う事で円滑なコミュニケーションを得られますが、個人情報(プライバシー)が公開されていきます。
どこまで公開するのかのバランスが大切です。

盲点の窓は無意識の行動が多いです。
人は無意識に9割の思考や行動を行っているともいわれています。
特に悪い習慣が無意識で行われている可能性があるので他人から見た自分を知ることは大切です。
悪い習慣は気づけば治せます、しかし、無意識下で行われてしまうと気づかないため、改善が難しいです。

未知の窓は可能性が眠っているといえます。
未知の窓の中に、なにが入っているかはわからないので、多くのことを経験し、自分の才能や秘密などの伸びしろを見つけられるようにしたいです。

ジョハリの窓は性質上自分一人で調べる事ができません。
そのため、自身の悪いところを指摘してもらえる信頼できる方に評価を行ってもらう事が重要です。


ジョハリの窓はアメリカの心理学者ジョセフ・ルフトとハリ・インガムが発表したため、ジョハリの窓といわれています。
現在はコミュニケーション心理学や、健康心理学、能力開発などでよく使われています。
学校の授業でジョハリの窓を学習する事もあるようです。
これは、心理学が社会で役に立つと認識されはじめた兆候かもしれません。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

スポットライト効果

スッポットライト効果は他者からの認識を過剰に考えてしまい、自身が注目されていると錯覚をしてしまう現象です。自身の見られている意識と、周囲から見られている意識の差が大きい現象です。スポットライト効果は集 …

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

5秒ルール(5秒の法則)

5秒ルールはやる気を出す方法です。どうしてもやる気がでない方、三日坊主になってしまう方などに是非行っていただきたいです。やる気を出すためにやるべき事は、単純です。5秒数えたら行動に移すというルールを実 …

コールド・リーディング

コールド・リーディングは人を分析する方法の一種で、他者の気持ちを読み取る方法です。コールドリーディングは対象者の情報が一切ない状態から、外見や会話などのあらゆる情報から分析を行い、相手の情報や心理を読 …

茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群)

茹(ゆ)でガエル現象は環境の変化に対応する事の危険性の例えで使われています。熱湯にカエルを入れるとカエルは逃げてしまいます。しかし、カエルを入れてから徐々に水温を上げていくと逃げるタイミングを失って、 …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ