コールド・リーディング | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

心理学

コールド・リーディング

投稿日:2020年11月16日 更新日:

コールド・リーディングは人を分析する方法の一種で、他者の気持ちを読み取る方法です。

コールドリーディングは対象者の情報が一切ない状態から、外見や会話などのあらゆる情報から分析を行い、相手の情報や心理を読み取っていく事ができます。

そのため、コールド・リーディングは幅広く活用することができます。
特に、使い方によっては他者からの好感や信頼を得る事に役立つため、コミュニケーションを円滑に行うためにとても有効なテクニックです。

つまり、恋愛や会社組織などをはじめ、対人関係ではとても役に立つスキルです。

しかし、コールド・リーディングを取得するためには高い技術や経験、知識も必要になります。

また、悪用し嘘を織り交ぜながら話を引き出そうとする人もいます。
そのような人に対抗するために、どおようなテクニックであるのかを知っておくことは有効な対策となります。

コールド・リーディングに役立つテクニック

コールド・リーディングの基本的なテクニック
コールド・リーディングで役立つ知識
コールド・リーディングで役立つ技術

コールド・リーディングの概要

コールド・リーディングを行う際の対象者は初対面である人が前提の技術です。

そのため、話術だけに頼るのではなく、纏っている衣装や人相などからの分析も行い、ある程度その人の特性を理解する事ができれば会話の難易度も下がります。
つまり、会った時から分析を始める事でより精度の高い分析を行う事ができます。

例えば、
 首元が開いた服を好む人は束縛を嫌う傾向が強いです。

このような分析は対象者が選んだ洋服に限ります。
自由に選ぶ事のできる洋服には心理的な傾向が現れやすいため、身に着けているものを確認する事も重要です。

このように、コールド・リーディングで重要なの話術だけではありません。
そのため、難易度が高くなる傾向があります。

このような状況の分析を行い、その結果を元に会話を展開します。

そして、コールド・リーディングで最も重要な話術を使う事で、より具体的で精度の高い分析へとなっていきます。

分析の方法としては質問に対する反応(表情やしぐさなど)を見たり、無意識で行っている癖なども分析の対象になります。

例えば、
 前のめりになって話す人は会話に興味深々ですし、口を隠して話す人は何かを言わないようにしています。

まとめ

コールド・リーディングは人の心理を読む技術であるため、セラピスト、セールスマン、詐欺師、宗教家、占い師、霊能者、手品師など、短期的に信頼性を得る必要がある職業の人が積極的に取り入れている手法です。

超能力者として知名度が高まった人の中には、超能力ではなく、コールドリーディングを応用していたと種明かしする人もいます。

コールド・リーディングの技術を悪用された人の中には一種の洗脳状態となってしまった人もいます。

コールド・リーディングを習得する事はとても難しいですが、習得する事ができばとても優れた能力になります。

しかし、その使い方を間違わないように注意してください

備考

コールド・リーディングのコールドは事前準備が無い事を指し、リーディングは心を読むという意味を含むため、事前準備無しで相手の心を読むという意味となります。

対象者の事を調べた上で情報を言い当てる事をホット・リーディングといいます。
コールド・リーディングにホット・リーディングを組み合わせる事によって、より真実味を帯びた情報を提示できるので、相手からの信頼を得やすくなります。

また、対象者が近所の人である場合は一定の情報を知っているため、コールド・リーディングやホット・リーディングではなくウォーム・リーディングと呼ばれ区別されています。

関連記事

 サトルクエスチョン
 サトルネガティブ
 ストックスピール
 一貫性の法則(一貫性の原理)
 カラーバス効果
 決定麻痺
 現状維持バイアス
 熟知性の原則
 承認欲求
 バーナム効果(フォアラー効果)
 返報性の原理(返報性の法則)
 類似性の法則
 優越の錯覚
 スポットライト効果
 同調効果(姿勢反響/ミラーリング効果)
 ドクターフォックス効果(Dr.Fox effect)
 ピーク・エンドの法則
 初頭効果

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

メラビアンの法則(7-38-55ルール/3Vの法則)

メラビアンの法則は矛盾した情報に対しての影響に関する法則です。コミュニケーションを取ろうとすると、言語を用いて表現する事が主流です。その際に会話の内容以外にも多くの情報があります。しかし、会話の内容や …

サトルクエスチョン

サトルクエスチョンは状況や言動を予測した質問をすることで、相手から話や情報を引き出すテクニックです。サトルクエスチョンは基本的には他者への質問ですが、質問している事を相手に意識させないようにする事が重 …

学習無力感

学習無力感は、無力である事を学習してしまう心理です。理不尽な事が起こる場合、通常はそれを回避しようと行動します。しかし、回避する事が困難な状態が続くと、抵抗しても結果が変わらない事を学習するため、回避 …

熟知性の原則

熟知性の原則は相手の事を知れば知るほど好きになるものです。人は知らないものに対して恐怖や敵意がわきます。そのため、他者を知る事でその恐怖や敵意が払拭(ふっしょく)されていきます。 ジョハリの窓で知られ …

カリギュラ効果(心理的リアクタンス)

カリギュラ効果は禁止されている事に対しての興味や関心が強くなる効果です。禁止されている事を破りたくなった事は誰しもあると思います。普段だったらやらないような事でも禁止されると気になってしまうものです。 …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ