コールド・リーディング | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

コールド・リーディング

投稿日:

コールド・リーディングは人を分析する方法の一種で、他者の気持ちを読み取る方法です。

コールドリーディングは対象者の情報が一切ない状態から、外見や会話などのあらゆる情報から分析を行い、相手の情報や心理を読み取っていく事ができます。

そのため、コールド・リーディングは幅広く活用することができます。
特に、使い方によっては他者からの好感や信頼を得る事に役立つため、コミュニケーションを円滑に行うためにとても有効なテクニックです。

つまり、恋愛や会社組織などをはじめ、対人関係ではとても役に立つスキルです。

しかし、コールド・リーディングを取得するためには高い技術や経験、知識も必要になります。

コールド・リーディングに役立つテクニック

コールド・リーディングの基本的なテクニック
コールド・リーディングで役立つ知識
コールド・リーディングで役立つ技術

コールド・リーディングの概要

コールド・リーディングを行う際の対象者は初対面である人が前提の技術です。

そのため、話術だけに頼るのではなく、纏っている衣装や人相などからの分析も行い、ある程度その人の特性を理解する事ができれば会話の難易度も下がります。
つまり、会った時から分析を始める事でより精度の高い分析を行う事ができます。

例えば、
 首元が開いた服を好む人は束縛を嫌う傾向が強いです。

このような分析は対象者が選んだ洋服に限ります。
自由に選ぶ事のできる洋服には心理的な傾向が現れやすいため、身に着けているものを確認する事も重要です。

このように、コールド・リーディングで重要なの話術だけではありません。
そのため、難易度が高くなる傾向があります。

このような状況の分析を行い、その結果を元に会話を展開します。

そして、コールド・リーディングで最も重要な話術を使う事で、より具体的で精度の高い分析へとなっていきます。

分析の方法としては質問に対する反応(表情やしぐさなど)を見たり、無意識で行っている癖なども分析の対象になります。

例えば、
 前のめりになって話す人は会話に興味深々ですし、口を隠して話す人は何かを言わないようにしています。

まとめ

コールド・リーディングは人の心理を読む技術であるため、セラピスト、セールスマン、詐欺師、宗教家、占い師、霊能者、手品師など、短期的に信頼性を得る必要がある職業の人が積極的に取り入れている手法です。

超能力者として知名度が高まった人の中には、超能力ではなく、コールドリーディングを応用していたと種明かしする人もいます。

コールド・リーディングの技術を悪用された人の中には一種の洗脳状態となってしまった人もいます。

コールド・リーディングを習得する事はとても難しいですが、習得する事ができばとても優れた能力になります。

しかし、その使い方を間違わないように注意してください

備考

コールド・リーディングのコールドは事前準備が無い事を指し、リーディングは心を読むという意味を含むため、事前準備無しで相手の心を読むという意味となります。

対象者の事を調べた上で情報を言い当てる事をホット・リーディングといいます。
コールド・リーディングにホット・リーディングを組み合わせる事によって、より真実味を帯びた情報を提示できるので、相手からの信頼を得やすくなります。

また、対象者が近所の人である場合は一定の情報を知っているため、コールド・リーディングやホット・リーディングではなくウォーム・リーディングと呼ばれ区別されています。

関連記事

 サトルクエスチョン
 サトルネガティブ
 ストックスピール
 一貫性の法則(一貫性の原理)
 カラーバス効果
 決定麻痺
 現状維持バイアス
 熟知性の原則
 承認欲求
 バーナム効果(フォアラー効果)
 返報性の原理(返報性の法則)
 類似性の法則
 優越の錯覚
 スポットライト効果
 同調効果(姿勢反響/ミラーリング効果)
 ドクターフォックス効果(Dr.Fox effect)
 ピーク・エンドの法則
 初頭効果

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。後光効果やハローエラーとも呼ばれます。ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる …

反動形成

反動形成は抑圧された意識を隠しすぎてしまい本心とは異なった言動をしてしまう心理現象です。自分の気持ちを抑圧すると多くのストレスを受けます。そして、ストレスが過度に蓄積されると、そのストレスを発散させる …

ロミオとジュリエット効果

ロミオとジュリエット効果は恋愛に障害がある事で、恋愛感情が強くなる効果です。ロミオとジュリエット効果はカリギュラ効果(禁止されると興味や関心が強くなる)の一種で、恋愛を禁止されたり、障害が多くなる事で …

ダブルバインド

ダブルバインドは提示された選択肢のどちらを選んでも不利益になる状況です。避けにくい学校や家庭内、職場などで起こると悪質です。 特に未成年のような自立できない年の子にとって親は神様同然です。親の言う事は …

決定麻痺

決定麻痺は選択回数が多くなるほど適切な決定が難しくなる心理効果です。複数の選択肢から選択するためにはエネルギーを使います。選択は朝出かける間に服を選んだり、髪型が整っているか整っていないかなどの判断も …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ