アセットマネジメント(資産管理・運用) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

アセットマネジメント(資産管理・運用)

投稿日:2020年1月24日 更新日:

アセットマネジメントはお金の管理をする事や、代行する業務の事です。

お金の管理は資産運用や資産管理をはじめ、収支の流れを把握する事です。

広義の意味では家計簿もアセットマネジメントの一部となります。
個人で行う場合でもエクセルやアプリなどのソフトを用いて資産を管理する事は大切です。
これは個人規模でできないものが大きくなってできるとは思えないためです。

収入に対して支出は基本的に比例します。
これは収入が増加すると生活水準があがる傾向が強いためです。
しかし、資産管理、運用ができる人とそうでない人には雲泥の差があります。
収入が同じでもお金の管理ができていれば経済的なゆとりが多く生まれます。

また、資産が多くなってくると個人で管理する事は難しいです。
そのため、資産管理の代行や、相談に乗ったり、助言、情報共有など、運用のアドバイスをするサービスが展開されました。

主な資産運用・管理サービス

  • プロパティマネジメント(PM)
  • ファシリティマネジメント(FM)
  • ビルマネジメント
  • リート(REIT)
  • 投資ファンド

委託サービスは依頼された業者が預かった資産を運用し利益を還元します。
その性質上、大きな利益を得る事は難しいですが、大きな損失を生む事も少ないです。
しかし、詐欺のような悪質なものもあるため、見極める事が重要です。

個人で行う場合

資産管理を個人で行う場合は資産管理会社を所有するのが一般的とされています。
節税や相続対策など、様々な点で恩恵を受ける事ができるためです。

資産から得られる利益の額が同じ場合でも個人か法人のどちらで納税を行うかで税率の差が生まれます。
税率の差は収入が多い場合に差が大きくなり、20%以上の差が生まれる事もあります。

その反面手間も多くなるので手間に見合う効果があるのかを考える必要があります。

まとめ

資産管理は個人の状況に応じて適切な選択肢が異なります。
そのため、最適解を見極める事が難しいです。

資産が大きくなると管理だけではなく、法律やセキュリティ面の問題もでてくるため、管理の難易度も上昇します。

しかし、いずれにしても生活の根幹にかかわる重要な事なので計画や理解が必要です。

備考

アセットマネジメントはアセット(asset=資産)とマネジメント(management=運用・管理)からきています。
そのためAMと略されることもあります。

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

ユニバーサルベーシックインカム(UBI)

ユニバーサルベーシックインカム(Universal Basic Income)は最低生活費を保障する制度です。ユニバースベーシックインカムは生活を保障するために必要な資金を国民に支給する制度です。生活 …

現在価値(PV)

現在価値(PV)は現在を基準に価値を算出する方法です。ものの価値は変動しているため、同一のものでも過去・未来で異なった価値になります。(現在の価値を現在価値、未来の価値を将来価値と言います。)現在価値 …

守銭奴(しゅせんど)

守銭奴(しゅせんど)は貯金に対する価値観が高い人です。守銭奴はお金を守る能力が高い人で、お金に強い執着心を持つため失う事に対して強い抵抗感を持っています。そのため、損をしないようにお金を貯める事が優先 …

マネースクリプト

マネースクリプトはお金に対する価値観です。マネースクリプトを大まかんに分類すると4つに分割する事ができます。分類された傾向や特徴を見る事で、自分の価値観を認識し、苦手な事を理解し改善しやすくなります。 …

非遡及型融資(ノンリコースローン)

非遡及型融資(ひそきゅうがたゆうし)は返済の範囲を限定する融資です。通常の融資(リコースローン)では返済が上手くいかない場合でも借入額+利息の合計を払う必要があるため、融資を受けた対象以外の資産を手放 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ