iDeCo(イデコ)・個人型確定搬出年金 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

iDeCo(イデコ)・個人型確定搬出年金

投稿日:2019年12月15日 更新日:

iDeCoの詳細はお取引機関で確認お願いいたします。
この記事では、 iDeCoの仕組がお得かを考察しています。

iDeCoは基本的に60才まで引き出せない積み立てですから、始める前にしっかりと調べたいですよね。

私は「まだ」あまり魅力を感じませんでした。
「まだ」というのは、仕事や収入、はじめる年齢で節税効果が異なる制度のためです。
この制度は長期間になるほど元本に対する節税率が落ちていきますので、60才に近いほどお得な制度です。

この解説を簡単なiDeCoのおさらいから、考察までまとめましたので参考にしていただければと思います。

iDeCoのおさらい

 1. 限られた方法 (満60才以上、障害、死亡) でしか引き出せません。
    ※困った時の資金にならないというリスクがあります。
 2. 運用と預金を選べます。
    ※運用する際は元本割れのリスクがあります。
 3. 積立額、所得額、仕事環境に応じて節税額、掛け金の上限が決まります。
 

iDeCoについて考察

iDeCoは積み立て式なので、毎月元本が増えますが、節税額は一定です。
そのため、元本に対する年間の節税率が落ちていきます。
また、納税額が多いほうが節税額が多いため、個人差がでます。
(詳しくはお取引機関で確認してください。)

ここでは該当する人が多そうな枠組みを計算しました。

  • 15%(課税所得195万円以下)
  • 20%(課税所得195万円超~330万円以下)
  • 30%(課税所得330万円超~695万円以下)

表を見ていただけるとわかると思いますが、元本に対する節税率が低下していきます。
そのため、短期の方が節税率は良い(年長者になれば有利)です。
また、年齢が上がると所得が増加しやすく、節税率の増加もしやすいです。
所得があがると生活資金の余裕も生まれるため、安定しやすいです。

具体例

 Aさん(20才からiDeCo)
  20才から毎月1万円預金したとします。
  20才から40才まで15%で20年で36万円お得です。
  40才から60才まで20%で20年で48万円お得です。
  合計480万円の掛け金で84万円お得です。
  毎年単利(※1)約0.44%で運用したことになります。

 Bさん(20才から運用)
  20才から60才まで毎月1万円で40年間単利1%で運用しました。
  合計480万円の出資で約98万円の収益がでます。 

 Cさん(40才からiDeCo)
  40才から毎月2万円預金で20%に該当したとします。
  60才までは約20年ですので、96万円のお得です。
  合計480万円の掛け金で96万円お得です。
  毎年単利約0.5%で運用したことになります。

 Dさん(40才から運用)
  40才から60才まで毎月2万円で20年間単利1%で運用しました。
  合計480万円の出資で約50万円の収益がでます。

A~Dさんは同じ額を出資しています。

まとめ

 1. 60才に近いほどお得(元本に対しての年間の節税率が高い)な制度
 2. 年収が多いほどお得な制度(課税所得が多いため)
 3. 1と2を満たしたうえで、掛金上限が多いほどお得
   ※自営業は掛け金が多いです。

iDeCoに毎月積み立て預金を行う事は節税面から期待が持てます。
また、崩せないのは使ってしまうリスクを軽減するいい方法でもあります。

しかし、投資を行う場合はiDeCoよりも一般NISAや積立NISAを優先的に利用する方が効果が高いと個人的には考えます。

一般NISA枠は年間120万円ありますので、月10万円以上の積立をおこなえる余裕がある人がiDeCoを利用する事で節税効果が大きくなると考えました。

備考

※1 単利 元金に対する金利です。
  →複利 元本に利息を追加します。

関連記事

 複利効果

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

自爆営業(自腹営業)

自爆営業は従業員が自己負担で商品を購入して売上を上げる行為です。会社は基本的には顧客に商品を購入してもらいますが、顧客の変わりに従業員が商品を購入する事があり、購入する事自体には問題はありません。しか …

カントリーリスク

カントリーリスクは投資対象が特定の地域に偏っているため、リスクが上がっている状態です。投資対象が特定の地域に偏るとその地域で政治・経済・社会情勢などでなにかしらの問題が起きた場合、大きく資産価値が低下 …

複利効果

複利効果は運用で得た利益を再投資する事で元本を増やし、増やした元本によって利益が増加していく効果です。当然利回りが良いほど利幅が膨らみますが、複利効果ではこの利回りが非常に重要な要素となってきます。 …

資本主義(資本制)

資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。資本主義は取引を行い、競争が起き、発展していくのが特徴とされています。しかし、放任するだけで経済成長が伸び続けるわけではなく、金融危機の影響な …

証拠金

証拠金(しょうこきん)は信用取引を行う際に担保として預けるものです。証拠金は先物取引やオプション取引などを行う際に必要になります。そして、預けてある証拠金の価値に応じた取引が行えるようになります。しか …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ