iDeCo(イデコ)・個人型確定搬出年金 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

iDeCo(イデコ)・個人型確定搬出年金

投稿日:2019年12月15日 更新日:

iDeCoの詳細はお取引機関で確認お願いいたします。
この記事では、 iDeCoの仕組がお得かを考察しています。

iDeCoは基本的に60才まで引き出せない積み立てですから、始める前にしっかりと調べたいですよね。

私は「まだ」あまり魅力を感じませんでした。
「まだ」というのは、仕事や収入、はじめる年齢で節税効果が異なる制度のためです。
この制度は長期間になるほど元本に対する節税率が落ちていきますので、60才に近いほどお得な制度です。

この解説を簡単なiDeCoのおさらいから、考察までまとめましたので参考にしていただければと思います。

iDeCoのおさらい

 1. 限られた方法 (満60才以上、障害、死亡) でしか引き出せません。
    ※困った時の資金にならないというリスクがあります。
 2. 運用と預金を選べます。
    ※運用する際は元本割れのリスクがあります。
 3. 積立額、所得額、仕事環境に応じて節税額、掛け金の上限が決まります。
 

iDeCoについて考察

iDeCoは積み立て式なので、毎月元本が増えますが、節税額は一定です。
そのため、元本に対する年間の節税率が落ちていきます。
また、納税額が多いほうが節税額が多いため、個人差がでます。
(詳しくはお取引機関で確認してください。)

ここでは該当する人が多そうな枠組みを計算しました。

  • 15%(課税所得195万円以下)
  • 20%(課税所得195万円超~330万円以下)
  • 30%(課税所得330万円超~695万円以下)

表を見ていただけるとわかると思いますが、元本に対する節税率が低下していきます。
そのため、短期の方が節税率は良い(年長者になれば有利)です。
また、年齢が上がると所得が増加しやすく、節税率の増加もしやすいです。
所得があがると生活資金の余裕も生まれるため、安定しやすいです。

具体例

 Aさん(20才からiDeCo)
  20才から毎月1万円預金したとします。
  20才から40才まで15%で20年で36万円お得です。
  40才から60才まで20%で20年で48万円お得です。
  合計480万円の掛け金で84万円お得です。
  毎年単利(※1)約0.44%で運用したことになります。

 Bさん(20才から運用)
  20才から60才まで毎月1万円で40年間単利1%で運用しました。
  合計480万円の出資で約98万円の収益がでます。 

 Cさん(40才からiDeCo)
  40才から毎月2万円預金で20%に該当したとします。
  60才までは約20年ですので、96万円のお得です。
  合計480万円の掛け金で96万円お得です。
  毎年単利約0.5%で運用したことになります。

 Dさん(40才から運用)
  40才から60才まで毎月2万円で20年間単利1%で運用しました。
  合計480万円の出資で約50万円の収益がでます。

A~Dさんは同じ額を出資しています。

まとめ

 1. 60才に近いほどお得(元本に対しての年間の節税率が高い)な制度
 2. 年収が多いほどお得な制度(課税所得が多いため)
 3. 1と2を満たしたうえで、掛金上限が多いほどお得
   ※自営業は掛け金が多いです。

iDeCoに毎月積み立て預金を行う事は節税面から期待が持てます。
また、崩せないのは使ってしまうリスクを軽減するいい方法でもあります。

しかし、投資を行う場合はiDeCoよりも一般NISAや積立NISAを優先的に利用する方が効果が高いと個人的には考えます。

一般NISA枠は年間120万円ありますので、月10万円以上の積立をおこなえる余裕がある人がiDeCoを利用する事で節税効果が大きくなると考えました。

備考

※1 単利 元金に対する金利です。
  →複利 元本に利息を追加します。

関連記事

 複利効果

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

現在価値(PV)

現在価値(PV)は現在を基準に価値を算出する方法です。ものの価値は変動しているため、同一のものでも過去・未来で異なった価値になります。(現在の価値を現在価値、未来の価値を将来価値と言います。)現在価値 …

リスクオン

リスクオンはリスクを好んで取る事です。通常はリスクが増加する事でリターンも増加します。つまり、リスクとリターンが比例するため、リスクを増やす事でハイリスクハイリターンとなります。つまり、リスクオンはリ …

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は国や企業などの経済状況を重点に分析を行う方法です。ファンダメンタルは経済の基礎的条件と言われ、ファンダメンタルズ分析は経済状況を分析し、将来への影響を想定するために行われます。 …

ボラティリティ(ボラ)

ボラティリティ(Volatility)は価格の変動を表現しています。ボラ(ボラティリティの略)が大きいと表現される場合は価格の変動が激しい事を意味しています。そのため、ボラが大きいほどリスクも大きいで …

損益分岐点(採算点/BEP)

損益分岐点(採算点)は損益(損失と利益)がプラスマイナスゼロになるところです。基本的には個人でも、企業でも利益を出さなくてはいけません。一般的には利益を得るためには損失が発生します。そのため損失以上の …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ