飛沫感染 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

飛沫感染

投稿日:2020年4月7日 更新日:

飛沫感染(ひまつかんせん)は空気中に飛び散った病原体を吸入する事で感染する事です。

飛沫感染は咳き・くしゃみ・会話などにより空気中に病原体が飛び散り、他者にの体内に入り込み感染者が増加します。

病原体は体内に入ると増殖を繰り返しますが、体内に入ってくる病原体が少ない場合は免疫機能が活発化する前に病原体が減少し症状が現れません。

しかし、病原体の増殖が収まらずに体調が悪化すると体内の免疫機能が活発化し、熱・咳き・くしゃみなどによって増殖を食い止めようとします。

そのため、免疫機能が働いている人は病原体に感染している可能性が高いです。

感染対策

飛沫感染は粘膜から感染する事が多いです。
そのため口や鼻などからの侵入を制限する事で防げると思われがちですが、目からの感染も気を付けなければいけません。

マスクは他者へ感染を広めない手段としては優秀ですが、感染対策として十分とは言えません。
マスクだけではなく、目を保護するゴーグルなどを同時に使用する事で感染リスクが軽減されます。
また、病原体に触れた手で口元を触ったり、目を擦ったりしてしまう事で感染してしまう事もあるため、こまめな手洗いを心掛ける事も重要です。

しかし、ゴーグルやこまめな手洗いは実際には行う事が難しいです。

飛沫感染は通常2m以内の至近距離で感染するとされています、しかし、咳きは3m、くしゃみは5m飛ぶとされています。
十分な距離を取る事で感染リスクは軽減されますが、他者から5m以上離れて生活を行う事は困難です。
そのため、感染の疑いがあると思った場合は、他者に感染を広めないためにマスクの着用は有効な対策となります。

まとめ

飛沫感染は感染者と交流がある方が感染しやすいです。
そのため、感染者と交流がある方を調べる事で感染源を特定する事ができます。
しかし、感染者は指数大数的に増加するため、感染者が少ない状態で感染源を特定し、適切で迅速な対応を行う事が重要です。

つまり、感染者が増加する事で感染経路を終えないような状態まで行くと根絶する事が困難です。
また、感染者が増加する事で感染症の進化が進み、対策がより困難になります。

飛沫感染は空気感染と混同される事が多いです。
空気感染は空気中に漂っている病原体を吸入する事で感染が広がります。
そのため対応策も大幅に異なります。

備考

感染症は「飛沫感染」のほかに「空気感染」「接触感染」「媒介物感染」「母子感染」などがあります。

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

適応障害

適応障害は過度のストレスによって精神的・肉体的な障害がでる症状です。特定の状況や出来事によって過度のストレスを与えられる事で精神的・肉体的な障害が現れ適応障害となります。適応障害の一般的な定義としては …

鬱病(うつびょう)

鬱病(うつびょう)は精神的に疲れていて、舞います思考になってしまう状態です。鬱病になってしまう原因は主にストレスによるものが強く、将来に対する不安や、周囲からのプレッシャー、自分の能力以上の仕事量、ハ …

アルツハイマー病

アルツハイマー病は脳の機能が徐々に低下してく病気です。アルツハイマー病は認知症の一種で、脳の機能(特に記憶力や思考力)が徐々に低下してくのが特徴です。重度の方の中には日常生活に支障をきたす方もいます。 …

不安障害

不安障害は不安や恐怖によって日常生活に支障をきたす症状です。不安になる事は誰でもあります。特に新しい事をするときは不安になり、心身共にストレスを受けるため、普段よりも疲労度が高くなるようなことがあると …

空気感染

空気感染は空気中を漂う病原体を吸い込む事で感染します。空気感染は空気を感染経路とするため感染者から離れていても感染してしまう可能性があり、特に密閉された空間で同じ空気を共有している場合、感染の拡大につ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ