金銭警戒 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

金銭警戒

投稿日:2020年6月3日 更新日:

金銭警戒は貯金する傾向が強い人です。

マネースクリプトで分類される金銭警戒はお金を使う事に抵抗を感じる傾向がある人です。
節約や倹約を行い浪費を抑えて貯金し、いざという時に備える事が大切だと考えている傾向が強いです。

日本人は金銭警戒の傾向が比較的強いです。

お金を貯めるためには節約や倹約、収入の増加などお金について考える事は多くなります。
そのため、経済状況に敏感で保守的な考えを持つ傾向が強くなります。

金銭警戒意識が高い場合はギャンブルなどでお金を失う事を過度に嫌います。
そのためリスクを負う事は避ける傾向が強く、過度な支出をする事はほとんどありません。

このように保守的な考えが先行する結果、貯金という選択をする人が多くなります。
また、貯金がある事が精神的に安定する要素になっているため、

貯金をして安心感を得る→安心感を得るために貯金する→貯金して安心感を得る

という貯金がたまりやすい心理になっている人もいます。

このように精神的な安心材料がある事から、総合的に幸せな生活だと自覚している人が多い傾向があります。

金銭警戒の注意点

金銭警戒傾向の強い人はお金に対して敏感で、節約意識が高くなりすぎてしまう可能性があります。

その結果労力に見合わないような節約を行いストレスを貯めてしまう人や、それを周囲にも強要する人もいます。
このような状況になると人生を楽しむ余裕がなくなってしまうので注意が必要です。

マネースクリプトの他のタイプと比較して借金をするなどの過度な支出は少ないでしょうが、お金を使うという事に神経質になりすぎて、大きな支出や損をすると罪悪感を持ってしまう可能性があるため注意が必要です。

まとめ

金銭警戒意識の強い人は常日頃から家計簿をつけるなど、収支の管理ができているため基本的に金銭的に生活に困るような事にはなりません。

金銭警戒意識が高い人は問題が起きる前に対処できる人が多いため、基本的に問題が起こる事はありません。
しかし、それでも問題が起こる事はありますが、堅実に貯蓄を行っているため問題が起きても解決できてしまう事が多いです。

これは資本主義ではとても大切な要素と言えます。

また、節約するためには物の内在価値(本質的な価値)がわからなくてはうまくいきません。

例えば
 A 1回しか使えないのに100円の物
 B 10回使えて500円の物

使う頻度が多い消耗品だったらBを選択した方が節約につながります。
反対に、数年に一回しか使わないような物の場合はAを選択した方が場所を取らずに済みます。

余計な物が家にあって空間を圧迫している場合は、その物を置く場所にも固定資産税や家賃がかかっている事を考える事も大切です。

このように、金銭警戒意識が強い人はお金について日々考える機会が多いので、その分知識や経験が培われていき、選択も洗練されていく傾向があります。

関連記事

 マネースクリプト
 ストレス
 資本主義
 内在価値

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

原価

原価はその製品を作成する際にかかる費用です。原価を正確に把握するためには原価の計算を行う必要があります。原価計算には材料費、労務費、経費などを計算する事で原価がわかります。通常は原価に利益を載せて販売 …

不労所得

不労所得とは所得を得るための労力が少ない所得です。労働をして得る事のできる勤労所得を除いたもの全般を指します。労力無しで得られる収入と誤解される事が多いですが、労力がかかるものも含みます。労力が収入に …

積立計算(複利運用)

積立の計算です。一定額を積立て複利運用した場合の資産額を表示します。※元金が増加していきます。 (元金が一定の場合はこちら→複利計算) 参考 年利3%程度 : リスクを抑えた投資年利5%程度 : リス …

株主優待

株主優待は企業が株主に対して、利益を現金以外の形で還元するものです。株主優待を行っている上場企業は数多くあり現在1500社程度あります。しかし、上場している全ての会社が株主優待を行っているわけではあり …

複利計算

複利の計算です。元金を複利運用した計算結果を表示します。※積立ではありません。 (積立はこちら→積立計算(複利運用)) 参考 年利3%程度 : リスクを抑えた投資年利5%程度 : リスクもリターンも中 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ