金銭崇拝 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

金銭崇拝

投稿日:2020年5月31日 更新日:

金銭崇拝はお金が善であると考える傾向が強い人です。

マネースクリプトによる金銭崇拝の意識が高い人は、お金は問題の多くを解決してくれる善であると考える傾向があり金銭忌避とはほぼ対局の考えです。
そのため、お金は自由や幸せを与えてくれると信じています。

お金が善であるという考えから、お金を大切にする人が多いです。
お金を大切にすると言っても貯金する人だけではありません。
投資(有価証券などの金銭的な投資に限らず自己投資や他者への投資なども含む)などの生き金(いきがね)として使う事が好きな人も多いです。

このため、お金を稼ぐ能力が高い傾向があり、お金に対しての考えを具体的に持っている人が多いです。

金銭崇拝の注意点

金銭崇拝意識が高い事は良い事とは一概にはいえません。

金銭崇拝意識が強い過ぎる人はお金に頼りすぎる傾向があります。

なにか困った時に問題を解決するためにお金で解決しようとする人は注意が必要です。
お金は使えば減っていきますし、減る量が多ければ無くなってしまいます。
無くなって気づく人ならば過去の自分に感謝をすれば済みます。
しかし、そこからさらに借金をしてしまう人もいます。
借金は未来の自分から希望を奪っていきます。

まとめ

金銭崇拝意識の傾向がある人は、お金は自由や幸せをもたらしてくれると考えています。

金銭崇拝は金銭ステータスと同様で高所得者に多い傾向です。
しかし、お金を大切にする意識が高いため、ギャンブルなどをする人は少ない傾向があります。

また、金銭崇拝意識が高い人の多くは自由や幸せを得るためにはお金だけでは足りない事も理解しています。

そのため、貯金は何かあった時の保険くらいに考えていて、普段の生活に支障をきたす事は少ない傾向があります。

基本的にストレスが少ない生活を好み、お金のためだからと世話しなく仕事をするという事も少ないです。

しかし、お金を大切にし過ぎてストレスがかかる事もあるので、お金との適度な距離感が大切です。

関連記事

 マネースクリプト
 金銭忌避
 生き金(いきがね)、死に金(しにがね)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

内在価値

内在価値は時価に左右されない本質的な価値です。主に投資の際に用いられる用語で、株式投資などで用いられる事が多いです。株式では株の需要と供給のバランスが一致する価格がその企業の株価となるため常に変動しま …

内部者取引(インサイダー取引)

インサイダー取引は一般の投資家が知らない情報を利用し利益を上げる事です。会社関係者が重大な影響を与える未公開の事実を元に売買を行う事は一般投資家と比べ有利となります。そのため、会社関係者が利益を上げる …

労使協定

労使協定は会社と労働者の間で労働基準法の例外を定めるために結ばれる協定です。労使協定は誰でも結べるわけではなく、労働者の中から代表を選出し、選出された人が会社との交渉などを行います。労働者の代表は民主 …

自爆営業(自腹営業)

自爆営業は従業員が自己負担で商品を購入して売上を上げる行為です。会社は基本的には顧客に商品を購入してもらいますが、顧客の変わりに従業員が商品を購入する事があり、購入する事自体には問題はありません。しか …

無リスク資産(リスクフリー資産)

無リスク資産はリスクが少なく収益が得られる安全性の高い資産を指します。一般的に元本が保証された安全資産を指します。国債、銀行貯金などが主に該当します。完全にリスクが存在しない事はありませんが、国債は国 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ