金銭崇拝 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

金銭崇拝

投稿日:2020年5月31日 更新日:

金銭崇拝はお金が善であると考える傾向が強い人です。

マネースクリプトによる金銭崇拝の意識が高い人は、お金は問題の多くを解決してくれる善であると考える傾向があり金銭忌避とはほぼ対局の考えです。
そのため、お金は自由や幸せを与えてくれると信じています。

お金が善であるという考えから、お金を大切にする人が多いです。
お金を大切にすると言っても貯金する人だけではありません。
投資(有価証券などの金銭的な投資に限らず自己投資や他者への投資なども含む)などの生き金(いきがね)として使う事が好きな人も多いです。

このため、お金を稼ぐ能力が高い傾向があり、お金に対しての考えを具体的に持っている人が多いです。

金銭崇拝の注意点

金銭崇拝意識が高い事は良い事とは一概にはいえません。

金銭崇拝意識が強い過ぎる人はお金に頼りすぎる傾向があります。

なにか困った時に問題を解決するためにお金で解決しようとする人は注意が必要です。
お金は使えば減っていきますし、減る量が多ければ無くなってしまいます。
無くなって気づく人ならば過去の自分に感謝をすれば済みます。
しかし、そこからさらに借金をしてしまう人もいます。
借金は未来の自分から希望を奪っていきます。

まとめ

金銭崇拝意識の傾向がある人は、お金は自由や幸せをもたらしてくれると考えています。

金銭崇拝は金銭ステータスと同様で高所得者に多い傾向です。
しかし、お金を大切にする意識が高いため、ギャンブルなどをする人は少ない傾向があります。

また、金銭崇拝意識が高い人の多くは自由や幸せを得るためにはお金だけでは足りない事も理解しています。

そのため、貯金は何かあった時の保険くらいに考えていて、普段の生活に支障をきたす事は少ない傾向があります。

基本的にストレスが少ない生活を好み、お金のためだからと世話しなく仕事をするという事も少ないです。

しかし、お金を大切にし過ぎてストレスがかかる事もあるので、お金との適度な距離感が大切です。

関連記事

 マネースクリプト
 金銭忌避
 生き金(いきがね)、死に金(しにがね)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

資本主義(資本制)

資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。資本主義は取引を行い、競争が起き、発展していくのが特徴とされています。しかし、放任するだけで経済成長が伸び続けるわけではなく、金融危機の影響な …

キャシュフロークワドラント(ESBI)

キャッシュフロークワドラントは収入を得る方法を4つに分類した考えです。収入を得ている人は基本的に「社員」「自営業者」「経営者」「投資家」に分類されます。※中には複数を掛け持ちしている人もいます。 労働 …

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は国や企業などの経済状況を重点に分析を行う方法です。ファンダメンタルは経済の基礎的条件と言われ、ファンダメンタルズ分析は経済状況を分析し、将来への影響を想定するために行われます。 …

損切(ロスカット/ストップロス)

損切は含み損を抱えている状態で、更なる含み損の増加が予想される場合に、損失を確定させる事です。損切を行う事で損失が確定されてしまいますが、それ以上の損失を止めるためには重要な事です。特にレバレッジを掛 …

個人信用情報(こしん)

個人信用情報は個人的な金銭の履歴です。個人信用情報の指す信用情報は 銀行での借り入れクレジットカードの作成キャッシングキャッシングローンリボ払い車や家のローン 上記のようなお金の履歴をはじめ 信用履歴 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ