金銭崇拝 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

金銭崇拝

投稿日:2020年5月31日 更新日:

金銭崇拝はお金が善であると考える傾向が強い人です。

マネースクリプトによる金銭崇拝の意識が高い人は、お金は問題の多くを解決してくれる善であると考える傾向があり金銭忌避とはほぼ対局の考えです。
そのため、お金は自由や幸せを与えてくれると信じています。

お金が善であるという考えから、お金を大切にする人が多いです。
お金を大切にすると言っても貯金する人だけではありません。
投資(有価証券などの金銭的な投資に限らず自己投資や他者への投資なども含む)などの生き金(いきがね)として使う事が好きな人も多いです。

このため、お金を稼ぐ能力が高い傾向があり、お金に対しての考えを具体的に持っている人が多いです。

金銭崇拝の注意点

金銭崇拝意識が高い事は良い事とは一概にはいえません。

金銭崇拝意識が強い過ぎる人はお金に頼りすぎる傾向があります。

なにか困った時に問題を解決するためにお金で解決しようとする人は注意が必要です。
お金は使えば減っていきますし、減る量が多ければ無くなってしまいます。
無くなって気づく人ならば過去の自分に感謝をすれば済みます。
しかし、そこからさらに借金をしてしまう人もいます。
借金は未来の自分から希望を奪っていきます。

まとめ

金銭崇拝意識の傾向がある人は、お金は自由や幸せをもたらしてくれると考えています。

金銭崇拝は金銭ステータスと同様で高所得者に多い傾向です。
しかし、お金を大切にする意識が高いため、ギャンブルなどをする人は少ない傾向があります。

また、金銭崇拝意識が高い人の多くは自由や幸せを得るためにはお金だけでは足りない事も理解しています。

そのため、貯金は何かあった時の保険くらいに考えていて、普段の生活に支障をきたす事は少ない傾向があります。

基本的にストレスが少ない生活を好み、お金のためだからと世話しなく仕事をするという事も少ないです。

しかし、お金を大切にし過ぎてストレスがかかる事もあるので、お金との適度な距離感が大切です。

関連記事

 マネースクリプト
 金銭忌避
 生き金(いきがね)、死に金(しにがね)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

トレードオフ

トレードオフはお互いに譲れない条件が対立した場合は取引が不成立となる状態です。トレードオフは複数の両立し得ない条件になる関係をさします。一方を得るために、もう一方を犠牲にするように、両立不可能な二律背 …

安全余裕率(経営安全率)

安全余裕率は売上に対して利益が占める割合です。売上高と損益分岐点との差を示す指標です。そのため、安全余裕率が高ければ損失への耐性が高くなります。つまり、経営の安全度を示す指標の一つとして考える事もでき …

難平(ナンピン)

難平(なんぴん)は売買方法の一種で、価格が下落した場合に買い足す方法です。難平のメリットは平均習得価格を下げる効果です。平均取得単価が下がることで上げ幅が少なくても利益が出やすくなります。その反面、投 …

リボルビング払い(リボ払い)

リボルビング払いは分割払いの一種です。リボ払いは割賦販売(かっぷはんばい)の一種で、主にクレジットカードの支払いを分割して支払うカードローンの一種です。手軽に借り入れができる反面、基本的に金利(利息/ …

ライン証券(LINE証券)

ライン証券は携帯アプリのライン(LINE)で株の売買を行う事ができるものです。ライン証券の最大の特徴は多くのユーザーがスマホ(スマートフォン)から利用しているコミュニケーションアプリのライン(LINE …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ