資産三分割法 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

資産三分割法

投稿日:2020年2月18日 更新日:

資産三分割法は性質の異なる三種類の資産を保有する投資方法です。

三分割する事でリスクを分散させる方法です。
基本的に三種類のうちの一種類は預金とする事が多いです。

代表的な選択肢は下記になります。

  • 預金(普通預金、定期預金、積立預金、外貨預金)
  • 株式(配当金、株主優待)
  • 国債(日本、海外)
  • 純金
  • 不動産
  • 投資信託(株式、不動産、国債)

投資はリスクとリターンが比例する事が多く、活動できる時間によっても異なりますので、自分なりのバランスを見つける事も大切です。

また、三分割は値動きが異なる要素を取り入れリスクを分散するため、同じ値動きをするものを選択しても効果がなくなってしまいます。
そのため、違う種類の投資方法を選択しましょう。

具体例

総資産1000万円の場合

良い例

 400万円 預金(円、外貨200万円ずつ)
 300万円 株式(IT、ロボット、医療等)
 300万円 投資信託(不動産)

悪い例

 100万円 預金(米国預金)
 600万円 株式(米国株)
 300万円 投資信託(米国株)

良い例では資産が多様な種類に分散投資を行っています。
どこかで含み損が発生しても他の要素で持ち直す事ができます。
しかし、悪い例では米国の動向に強い影響を受けてしまいます。
高いリターンが望めますが、高いリスクを背負っています。

海外の動向は日本では情報が集まりにくいため、対応が後手になりやすいです。
預金残高も少ないため、問題が起きた時に迅速で適切な対応ができる時間的余裕がなければ、リスクを取りすぎている印象があります。

一般的には預金は最低でも生活費三か月分にするのが望ましいとされています。
しかし、高いリスクを取る場合は預金の比率を上げる事が望ましいです。

まとめ

投資で成功するには損をしない事が大切とされています。
そのため、迷ったら投資しない事が基本です。

預金が多くて困る事は基本的にはありません。
反対になくて困る事はあります。

そのため

  • 収入の1/10以上は預金に回す。
  • 生活費の3か月分以上の預金を保つ。

この二点を心掛け生活に余裕を持ちましょう。

生活に余裕がなければ精神的にも余裕がなくなってしまいます。
余裕がないと不安で頭がいっぱいになってしまい、誤った判断が増え悪循環に陥ってしまう事があります。

このような状況にならないために、資産の分布を常に確認し、自分のポートフォリオを意識した投資を心掛けましょう。

また、人は曖昧なものに対しては過大評価してしまう傾向があるため、想像と実際が異なる事が多いです、状況確認の頻度はできるだけ多くしましょう。

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

サブプライムローン(サブプライム・モーゲージ)

サブプライムローンは信用情報の低い人向けのローンです。サブプライムローンは主に海外で行われており、サブプライム層(プライム層よりも下の層に該当する顧客)向けの通常の融資とは異なったローンです。サブプラ …

消費者金融

消費者金融は貸金業法に基づいて、一般消費者に小口融資を行う金融機関です。消費者金融に悪い印象を持っている人も多いと思いますが、法令に法った運営を行っているため、不正な行いをしているわけではありません。 …

アセットマネジメント(資産管理・運用)

アセットマネジメントはお金の管理をする事や、代行する業務の事です。お金の管理は資産運用や資産管理をはじめ、収支の流れを把握する事です。広義の意味では家計簿もアセットマネジメントの一部となります。個人で …

内部者取引(インサイダー取引)

インサイダー取引は一般の投資家が知らない情報を利用し利益を上げる事です。会社関係者が重大な影響を与える未公開の事実を元に売買を行う事は一般投資家と比べ有利となります。そのため、会社関係者が利益を上げる …

可処分所得

可処分所得は所得から税金や社会保険料などを引いた自由に使えるお金です。一般的に会社員では給料から2~3割が社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険)や税金(所得税・住民税)などの費用として引かれ、残 …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク