資本主義(資本制) | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

資本主義(資本制)

投稿日:2020年1月28日 更新日:

資本主義(資本制)とは

概要

資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。

資本主義は商品の取引を行う事で競争が起きる事で、経済が成長して発展していき生活水準が向上していくのが特徴とされています。

しかし、放任するだけで経済成長が伸び続けるわけではなく、金融危機の影響などで破綻してしまう恐れがあります。

そのため、破綻を避けるように国家が主体となりある程度コントロールをして上手く調整を行う事が重要だと考えられています。

資本主義の問題点

資本主義はその名の通り、資本が大きな影響力を持っているため大きな資産を持っているほうが有利な傾向があります。

これは資本が多い方がより多くの選択肢の中から有利な選択肢をチョイスする事ができるためです。

例えば、ごはんを食べたい場合

  • カップ麵 100円
  • お弁当 500円
  • 飲食店 1,000円

このような選択肢があるとして、

  • 資本が少ない場合(所持金300円)
    選べる選択肢がカップ麺しかありません。
  • 少し資本がある場合(所持金500円)
    選べる選択肢は「カップ麺」「お弁当」の2択になります。
  • 資本がある場合(所持金1,000円)
    選べる選択肢は「カップ麺」「お弁当」「飲食店」の全ての中から選ぶ事ができます。

このように、資本が少ないと選択肢が狭くなってしまいます。

この例の場合はごはんなので大きな影響はないかもしれませんが、現実的な問題として生死を分ける選択も資本の大小によって決まる事があります。

基本的に大きな資本があるメリットは大きいですが、個人的な資本のみでは大きな資本を得る事は難しいです。

特に生まれた家庭環境の資本の差によって、ある程度は貧富の差も決まってしまっているため、貧困層の出身者が現状を覆して富裕層になる事はとても難しいです。

このような資本の差によってもたらされる貧富の差は日本でも近年問題視されるようになってきており、親の貧困が子供へと継承される貧困の連鎖をどうにか改善したいと考える人も現れ始めていますが、実際に改善する事はとても困難です。

資本が与える影響の具体例

  • Aさんの場合
    • 会社員として働いていますが大部分は生活費でなくなります。
    • 残ったお金は娯楽のために使います。
    • 翌月も翌々月もこの繰り返しで手元に残る資産はありません。
    • 俗にいうラットレース の状態です。
  • Bさんの場合
    • 親から継承した資産が10億円あります。
    • 10億円を投資して、年利4%(4,000万円)が不労所得として入ります。
    • 所得の多くを再投資に回して残ったお金で生活ができます。

Aさんは一日の多くの時間を労働で過ごし、Bさんは自由な時間を過ごす事ができます。

このように大きな資本があれば労働をしないという選択肢を選ぶ事もできます。

まとめ

資本主義はインカムゲインのみで生活をする事もできる環境ですが、多くの人はそこまでいくには多くの時間・知識・経験が必要になります。

そのため、資本も重要ですが、能力(知識や経験)による差は将来に渡り大きな影響をあたえます。

特に、海外では教育の格差によって貧富の差が日本よりも拡大しています。

日本では国が教育を受ける環境を整備して貧困層でも一定レベルの教育を受ける事ができる人が多いため貧富の差が開きにくくなっていますが、海外では読み書きができない人も多い(7億人以上とされています)ため、日本よりも貧富の差が大きくなってしまうため貧富の差を覆す事は日本より難しいです。

つまり、日本の格差がすくないのは私たちの先祖が教育環境の整備を行ってくれた成果です。

特に「1万円札」にも描かれている福沢諭吉は「学問のすゝめ」では

 天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。
 されば天より人を生ずるには、
 万人は万人みな同じ位にして、
 生まれながら貴賤(きせん)上下の差別なく、
 万物の霊たる身と心との働きをもって
 天地の間にあるよろずの物を資とり、
 もって衣食住の用を達し、
 自由自在、
 互いに人の妨げをなさずして
 おのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。

 以下略

このように残されています。

特に「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」は有名で「みんな平等」と言われることが多いですが少し語弊があります。

実際の内容を簡単にまとめると「みんな平等なのに貧富の差が生まれるのは勉強したかどうかなので勉強しよう」という内容になっています。

つまり「学問のすゝめ」はその名の通り勉強を促進する本で、貧困から抜け出すためには勉強した方が良いと教えてくれる本です。

資本主義では金融知識が生活に与える影響が大きいため、貧困で困らないようにある程度の勉強はしたいですね。

関連記事

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

原価

原価はその製品を作成する際にかかる費用です。原価を正確に把握するためには原価の計算を行う必要があります。原価計算には材料費、労務費、経費などを計算する事で原価がわかります。通常は原価に利益を載せて販売 …

労使慣行(労働慣行)

労使慣行は就業規則に定められた内容とは異なった慣行がある場合は慣行の方が強い力を持つ事があるとするものです。就業規則は会社で定められたルールですが、そのルールとは別に慣行的(日常的に守られている)なル …

ゼロサム・ゲーム(ゼロ和)

ゼロサム・ゲーム(ゼロ和)について 概要 ゼロサム・ゲームは総体的なお金が一定に保たれていて、その配分の変化によって利益や損失が出る内容の総称です。ゼロサム・ゲームを行うと短期的に利益が出る事もありま …

奨学金

奨学金は学生を支援するために貸し出されるお金です。奨学金は国内の高等専門学校・専修学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院などで学ぶ人を対象にしています。奨学金は基本的には借金のため、借りた分は返す …

金利(利息/利子)

金利は借金に対しての追加費用です。お金の貸し借りを行う際には、貸す側は返ってこない可能性が有る事ため、見返りがなければお金を貸すメリットがありません。そのため、基本的にはお金を借りる際には元本に追加し …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ