資本主義(資本制) | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

資本主義(資本制)

投稿日:2020年1月28日 更新日:

資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。

資本主義は取引を行い、競争が起き、発展していくのが特徴とされています。
しかし、放任するだけで経済成長が伸び続けるわけではなく、金融危機の影響などで破綻してしまう恐れがあるため、破綻を避けるように国家が主体となり調整を行う事が重要です。

資本主義では個人的資本の影響が大きいため、貧富の差を覆す事は難しいです。
これは資本が多い方が選択肢が多く有利な傾向が強いためです。

具体例

Aさんは会社で働き、年収400万円を手にしています。
その多くは生活費でなくなります。
残ったお金は娯楽のために使います。
翌月も翌々月もこの繰り返しで資産を手にする事はありません。
(ラットレース)

Bさんは資産が1億円あるとします。
この1億円を投資して、年利4%(400万円)が不労所得として入ります。
この400万円の多く資金を再投資にまわし、残ったお金で生活をしています。

AさんもBさんも同じ収入ですが、自由に使える時間が大幅に異なります。
Aさんは一日の多くの時間を労働で過ごし、Bさんは自由に過ごせます。

まとめ

資本主義はインカムゲインで生活する事もできる環境ですが、そこまで行くには多くの時間、知識、経験が必要になります。

このため資本も重要ですが、能力(知識や経験)による差は将来に渡り大きく影響をあたえます。
海外で拡大している貧富の差ですが、日本は海外と比べ貧富の差が少ないです。
その理由として日本では国が教育を受ける環境を整備し、貧困層でも一定レベルの教育を受ける事ができる方が多いため、貧富の差が開きにくくなっている事にあります。
これは私たちの先祖が教育環境の整備を行ってくれた成果です。
海外では読み書きができない方も多い(7億人以上とされています)ため、日本よりも貧富の差が大きく、貧富の差を覆す事は日本より難しいです。

関連記事

 インカムゲイン・キャピタルゲイン
 ラットレース

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

ファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)

ファイナンシャルリテラシーは金融を理解し、活用する事を意味します。日本は資本主義の国であるため、お金とかからわらないで生きていく事はほぼ不可能であるため、ファイナンシャルリテラシーは生活に欠かす事ので …

SBIネオモバイル証券(国内株式について)

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は国内株式を1株から購入できる(FXなどの他のサービスもあります)サービスです。SBIネオモバイル証券の最大の特徴はTポイントを使って株を購入する事ができる点で、お買 …

多重債務

多重債務は複数の会社から借金をしていて返済が難しい状態です。多重債務の人は借金の総額が多くなったことで、金利も増加し返済が追い付かない状況となっています。多重債務者の中には借金返済のために他の金融機関 …

焼け太り

焼け太りは災害などの被害者が保証を受ける事で、被害を受ける前よりも生活が良くなる現象です。焼け太りの由来は、火災で損害を受けた際に保険によって補償金や見舞金などを受け取る事で以前の生活や事業を取り戻す …

将来価値(FV/ファンダメンタル・バリュー)

将来価値(FV=Future Value)は未来に予想される将来の価値です。今の価値(現在価値)は時間経過共に変動するため、将来の価値も変動します。ご飯を買って1週間経過してしまっては食べられなくなっ …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ