貧困(絶対的貧困と相対的貧困) | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

雑学

貧困(絶対的貧困と相対的貧困)

投稿日:2020年12月6日 更新日:

貧困には定義があり、絶対的貧困と相対的貧困に分類されます。

絶対的貧困と相対的貧困ではその生活水準が大きく異なります。

  • 絶対的貧困
     人としての水準を維持する事が難しい(貧困線を下回る)状態
  • 相対的貧困
     文化的な水準を維持する事が難しい状態
     (その地域で見た時に中央値と比較して生活が苦しい層で、その国の文化水準や生活水準と比べて困窮している状態)

絶対的貧困と相対的貧困はこのような差があり、基本的に日本で話題に上がる貧困は相対的貧困が多いです。

これは日本の制度が絶対的貧困を生まない様に考えて作られているのが大きな要因で憲法によっても定められており

日本国憲法 
 第25条 生存権、国の社会的使命

①すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
②国は、すべての生活場面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

最低限の生活を行う事を国が保証しているため、日本では絶対的貧困になることは稀です。

しかし、絶対的貧困と相対的貧困の具体的な差はわかりにくいです。

絶対的貧困と相対的貧困の差

相対的貧困が絶対的貧困の水準よりも劣悪な状態の地域もありますが、日本は絶対的貧困と相対的貧困の水準は異なり、世界でも恵まれた環境である事は明白です。

絶対的貧困で生活する人が世界には多く、食料の確保もままならない人がいる一方で、日本では年間約600万トンの食糧が廃棄されています。

このことからもわかるように、日本のような先進国で絶対的貧困だと考えられる人は極一部で、衣食住に困るようなレベルで生きる事に困る事は基本的にはありません。

ここまで抽象的な表現ばかりでしたので、具体的に絶対的貧困と相対的貧困の水準の差を比べました。

世界の絶対的貧困日本の相対的貧困
1日1.25ドル(150円程度)未満の生活年収122万円以下(平均月収10万円以下)
食料や水を調達できないご飯を食べたくても食べられない時がある
服や家がない生活保護を受給している
電気やガスなどのエネルギーが手に入らないライフラインの支払いが遅延する
病気になっても医療を受けられない国民健康保険に加入できない
教育を受ける事ができない家庭の事情で進学をあきらめる
衛生環境が整備されていない災害などによって土地が荒れてしまっている

このように、絶対的貧困に該当するような人は日本では極稀です。
そのため、日本は世界的にはとても恵まれた国である事がわかります。

貧困の問題点

貧困で特に問題視されているのが親の貧困が子供の貧困へと繋がる貧困の連鎖です。

親の受けた教育レベルが低い事が影響して家庭の収入が少なくなってしまうと、生活や教育レベルに悪影響がでてしまう事が多いです。

日本の高校進学率は90%を超えていますが、進学できない人の多くは金銭的な理由によって高校へ進学できませんし、進学しない家庭の多くは相対的貧困に分類されています。

そして、十分な教育が受けられずに育った子供(親の収入が少ないと進学をあきらめたり学業と並行して働かなくてはいけないなどの問題を抱える人が多いです)の収入は少なくなってしまう傾向が強く、親から子供へと貧困が継承されてしまう事が多いです。

特に新卒で社会に出るとこの差を体感する人も多いと思います。

教育の格差の影響(最終学歴など)は新卒の年収に強く反映される傾向が強いので、10~20代の年収は親の影響による貧富の差が現れやすい傾向があります。

そして、貧困層の周りには貧困から抜け出す方法を教えてくれる人はいないため「貧困である事があたりまえ」という洗脳に近い影響を受けてしまっている事は大きな差となります。

さらに、貧困層の家庭の子供は親を支援する事が多い反面、富裕層の家庭の子供は親に支援される事が多いのも格差を助長しています。

この差はリスク許容度にも大きな影響を与える(金銭的に頼れる人が少ないので失敗すると生活が成り立たなくなってしまいます)ため、挑戦できる回数に大きな差が生まれ成功する難易度が上がってしまっています。
※貧困家庭では金銭的なアドバイスを貰える可能性は低いですが、富裕層の家庭では実績から導かれた具体的なアドバイスをもらえる事もあります。

しかし、30代になる頃には親の影響が減っていき実力が評価されるようになっていくため親の影響で人生が決まるわけではありませんが、努力しても貧困層の家庭から超富裕層になれような人は一握りです。

そのため多くの人が貧困層に留ってしまい、生まれてくる子供も親と同じ貧困の連鎖から抜け出す事ができないまま大人になってしまう事が多いです。

極端な例にはなりますが、生活が苦しいのなら生活保護を受給すればいいと思う人も多いかもしれませんが、十分な教育を受ける事ができなかった無戸籍の大人の中には四則演算ができない人もいます。
そのような人が自分で生活保護というシステムを見つけて実際に受給する難易度は想像を絶するものがあると思います。
※このような人を保護するシステムもありますが実際にすべての人を救えているわけではないと思います。

それでも日本では6人に1人が相対的貧困だと考えられているため、絶対的貧困に陥っている家庭は極稀なとても恵まれている環境です。

まとめ

貧困は大きな社会問題として考えられています。

そのため、SDGs(エスディージーズ)のように世界的にも真剣に議論されておりソーシャルグッドを目指す雰囲気が社会的に広まっています。

1990年に全世界で極度の貧困に苦しめられている人は19億人いましたが、2015年には8億3,600万人にまで減少しました。
しかし、未だに多くの人が貧困で苦しんでいます。

幸いな事に日本は比較的絶対的貧困が少ない恵まれた環境ですが、教育の格差が収入の差を生み貧富の格差が広がっています。

これはメディアでも多くとりあげられていますし、この差は一朝一夕で埋まるようなものではないため改善する事が難しいです。
※格差が問題の本質ではなく絶対的貧困に陥っている人がいる事が問題の本質で、収入が多い人はその分多くの税金を納めてくれているので社会は成り立っています。絶対的貧困を減らすためには富裕層の収入を増やし税収を上げる事も重要です。

また、生活が苦しくなってしまったら生活保護という制度を積極的に活用して基本的な生活環境を支援してもらうとういう選択肢を取る事も重要です。

労働収入よりも生活保護の方が生活が豊かである可能性が問題視される事もありますが、労働賃金が低い会社で働いているならば転職や起業などという選択肢を取る事も選択肢に入れたほうがいいかもしれません。

生活保護を受給している人をバカにするような人もいますが、平和な日本でも紛争や天災などによって富裕層であった人が急に絶対的貧困へと陥る可能性もないわけではありません。

自分だけが良ければいいという考えではなく、困っている人を助けられる社会は素晴らしいと思います。

関連記事

 SDGs(エスディージーズ)
 ソーシャルグッド

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

アヴェロンの野生児

アヴェロンの野生児(ヴィクトール)は自然界で育った少年です。アヴァロンの野生児と呼ばれる少年は1797年頃に南フランスで保護(捕獲当時11~12歳前後だと考えられています)されました。少年(ヴィクトー …

バタフライ効果(バタフライエフェクト)

バタフライ効果は小さな変化が後々大きな変化をもたらす現象です。最初の小さな変化が時間経過共に大きな影響となる現象です。大きな現象を分析していくと小さな変化の積み重ねだとわかります。また、最初の些細な変 …

EQ(イーキュー)

EQ(Emotional Inteligence Quotient)は心の知能指数と呼ばれています。EQは感情を測定する指標で、感情に対しての認識・理解・抑制・表現などを数値化したものです。EQが高い …

シンプソンのパラドックス(ユール=シンプソン効果)

シンプソンのパラドックスは、統計において直観的な印象と事実が異なる現象です。 統計によって導き出された内容は、その統計の分析方法や収集の際の情報不足などの問題によって、正しい分析結果を導きだせない事が …

収穫加速の法則

収穫加速の法則は技術的革新のスピードは指数関数的な伸びを見せるという考えです。収穫加速の法則は新しい発見や、既存の定義の証明が進む事で革新的な方法が次々と立証される事で、さらに次の革新的な方法の発見ま …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ