被虐待症候群(BPS) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

被虐待症候群(BPS)

投稿日:2020年3月1日 更新日:

被虐待症候群(ひぎゃくたいしょうこうぐん)は虐待の被害者が虐待を受け入れてしまう状態です。

虐待は身体に限らず、精神的・性的虐待なども含まれ、日常的に行われている虐待が発見されないように隠す事が多いです。

被虐待症候群は、虐待被害者の症状の代表的なものとされ、虐待が日常的に継続して行われている場合、被害者が虐待を受け入れてしまいます。

被害者が虐待に抵抗しても状況が改善しない事を認識してしまうため、被害者の心理には「抵抗しても無駄」「抵抗する事で状況が悪化する」などという心理(学習無力感)が芽生える事で起こりやすいです。

最初は軽度の虐待から始まる事が多く、徐々に虐待はエスカレート・常習化していき、環境が悪化していくため茹でガエル現象の様に気づいたときには手遅れという事もあります。

日常的に継続して行われるため、多くは家庭内の被害者が多く、虐待される環境から抜け出した後も心理的ストレスが長期間継続してしまう事から、心的外傷後ストレス障害の一種とする考えもあります。

まとめ

肉体的な力が劣る女性や児童をはじめ、高齢者も虐待の被害者となる事が増加しています。
しかし、その一方で女性が加害者となる事も増加しています。

特に、幼少期のうちは被害者が自身で虐待の被害者と判断する事は困難です。
これは自分の置かれている立場が通常の環境なのかを判断する経験や知識が乏しいためです。

虐待被害者はその後の人格形成や人間関係で大きな支障がでる事が多く、被虐待の環境が常態化して育った方が親になった時に、子供に対しても自身が受けた虐待を行ってしまう傾向が強いです。
しかし、本人は虐待を虐待と思わずに育っている可能性もあり、閉鎖された家庭環境ではその虐待に気付く人も少ないです。

虐待をされている人を目にしたら救いの手を差し伸べてください。

備考

被害者によって呼び方が異なる事があります。

  • 虐待被害者が女性の場合の主な名称
     被虐待女性症候群(バタードウーマン)
     被虐待妻症候群(バタードワイフ)
  • 虐待被害者が児童の場合の主な名称
     被虐待児症候群(バタードチャイルド)
     被殴打児症候群

関連記事

 学習無力感
 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
 茹でガエル現象(茹でガエル効果/茹でガエル症候群)

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

接触感染

接触感染は病原体と接触する事で感染が広がります。接触感染という名前から、手で触れるだけでは感染すると思うかもしれませんが、粘膜に病原体が接触しない限り感染しません。粘膜は皮膚によって守られていますが、 …

適応障害

適応障害は過度のストレスによって精神的・肉体的な障害がでる症状です。特定の状況や出来事によって過度のストレスを与えられる事で精神的・肉体的な障害が現れ適応障害となります。適応障害の一般的な定義としては …

ストレス

ストレスは精神的・肉体的に負担となる刺激です。心身は刺激に対して反応を返します。この際にエネルギーを消費します。肉体的に刺激を受けると疲労として症状が現れます。疲労を回復するためにはエネルギーを補充す …

パニック障害

パニック障害は急に理由もなく不安や恐怖を感じるため日常生活に支障がでます。パニック障害の「突然」「理由もなく」強い不安や恐怖、動機や発汗手足の震えなどの症状が起きます。また、パニック障害は特定の場所や …

オーバーシュート

オーバーシュートは予想を大きく超えた感染を意味します。オーバーシュート(overshoot)は直訳すると的を外す事を意味します。金融関係でも用いられる言葉ですが、ここでは感染症についての記事になります …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ