自己顕示欲 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

自己顕示欲

投稿日:

自己顕示欲は他者に認識してもらいたい心理的欲求です。

自己顕示欲は承認欲求の一種とされ、他者から確立した個人として認識されたいと思う心理です。

しかし、自己顕示欲が強くなりすぎると周囲へのアピールが過剰になり、不自然であったり分不相応に映る事があり、周囲からの印象が悪くなってしまいます。

そのため「自己顕示欲が強い人」という表現は否定的な意味合いが強くなっているので使う際には注意が必要です。

自己顕示欲が強い人の特徴

自己顕示欲が強い人は

  • 他者からの評価を過度に意識する
  • 自分に自信がない
  • 競争心が強い
  • 承認欲求が強い
  • 虚栄心(自分の能力を良く見せたい願望)が強い

このような要因があり、他者から認めれ貰うために等身大の自分よりも誇大表現になってしまう事が多いです。

これらの特徴はナルシストと似ているため混同されやすいでが、承認欲求とナルシストでは

  • 他者からの評価を気にするかしないか
  • 自分の能力を誇大表現しているか本気で思いこんでいるか
  • 表現の仕方を間違えているのか自己中心的な思考なのか

などの違いがあります。

まとめ

自己顕示欲は誰しもある感情ですが、その強さは異なります。
そのため、自己顕示欲が強くでてしまうと周囲からは良く思われません。
そして、周囲からよく思われないとさらに自己顕示欲が強くでてしまい悪循環になってしまう可能性があるため注意が必要です。

自己顕示欲が歪んだ形で表現されると自分よりも立場が弱い人に対して横暴な振る舞いを取るようなことがあります。
これは、マネースクリプト金銭ステータス意識が強い人が特に起こりやすく、お店の接客係りの方への横暴な対応を取る人などは注意が必要です。

自分に対する不満が多くなる自己顕示欲は強くなる傾向があります。
これは理想の自分と現実の自分の差が大きくなる事で必要以上に周囲へ能力をアピールして認めてもらおうとしてしまいます。

しかし、本当に能力が高ければそんなことをせずとも周囲は認めてくれます。
反対に誇大に能力をアピールすることで周囲の期待値はあがり、実際にそれができていなかった時には周囲の評価が大きく低下してしまいます。

また、誇大表現をしているため、信念が揺らいでいたり、話に現実味がなくなってしまう事や話が変わってしまう事もあります。

このように多くの問題を含む可能性が高いため、人間関係でトラブルを起こしやすく、コミュニケーション能力に問題がある人が多いです。

関連記事

 承認欲求
 ナルシスト(自己愛性パーソナリティ障害)
 マネースクリプト
 金銭ステータス(マネーステータス)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

ロサダ比(ロサダの法則/3対1の法則)

ロサダ比(ロサダの法則)は対人関係の黄金比とされる比率で「3対1の法則」とも呼ばれています。幸福になるためには、他者と接する際にポジティブ(※1)な感情3に対してネガティブ(※2)な感情1で接する事が …

優越の錯覚

優越の錯覚は自分は平均よりも優れていると過大評価する心理です。知識や技術、身体能力や性格など、他者よりも優れていると錯覚しやすい傾向があります。 これは人間の生存本能によるもので、他者よりも優れている …

ホーソン効果

ホーソン効果は期待されることで行動の変化を起こす現象です。一般的に他者は興味や関心を持つと、同時に期待を寄せる傾向があります。そして、期待を寄せられるとその気持ちに応えようとする心理(教師期待効果)が …

透明性の錯覚

透明性の錯覚は、自分の内向的状態の情報伝達を過大評価する心理的傾向です。自分の考えや感情を他者が理解していると考える現象で、時には心を読まれていると感じることもあります。 透明性の錯覚が起こる理由 透 …

ラベリング効果

ラベリング効果はそのものの本質ではなく、提示されたラベルによる効果です。ラベルング効果は周囲が評価するための指標です。基本的には一番最初にだれかがラベルを張り、その後は周知されたり、変更されたりが繰り …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ