臓器くじ | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

雑学

臓器くじ

投稿日:

臓器くじは健常者の臓器を取り出して多くの人の命を救う事は善い事かを考える思考実験として提案されました。

臓器くじは功利主義、モラルジレンマを考える際の題材として取り上げられることが多いです。

健常者の臓器を移植待機者へ配布する事で、犠牲者一人に対して多くの方が幸福となるため、健常者には臓器を提供してもらった方が良いかどうかを考える思考実験として考えられました。

功利主義の基本は最大多数の最大幸福の最大化です。
そのため、一人が犠牲になる事が善となります。

臓器くじの内容

  • 健常者の中から無作為に一人選び、その人から臓器を取り出します。
  • 臓器を取り出された方は助かりません。
  • 摘出した臓器を移植待ちの方へ提供します。

※不正行為も医療的な失敗もなく、移植以外に助かる方法はないと仮定します。

議論の焦点

  • 健常者が一人犠牲になる事で多くの人が助かる。
  • 臓器提供を望まない健常者が犠牲になる事への疑問
  • 臓器を摘出される側の気持ち
  • 健常者でいる事への疑問を持つ人が増える
  • 臓器移植を望む数人と健常者一人の社会的需要度
  • 臓器を提供する側が重要人物の場合や提供してもらう側が凶悪犯の場合

上記の様に道徳的問題が多いため、モラルジレンマとして取り上げられる事もあります。

まとめ

日本の社会では臓器くじのシステムが善とされていません。

健常者の多くはこのシステムに疑問を持つはずです。
しかし、健常者でない方でも疑問を持つ方は多いと思います。

臓器くじのシステムは必ずしも健常者から摘出する必要性はありません。
このシステムの根幹は犠牲者よりも救出者が多ければいいという考えです。

一人が犠牲になることで複数人が移植を受けられればシステム的には問題はありません。
つまり、一人の犠牲者から二つ以上の臓器が摘出されればいいため、臓器が2つ以上あれば摘出の対象者として問題はありません。

現在の日本では、このような功利主義的な考えは普及していません。

日本人は功利主義的な観点を主観に置く方が少ない傾向にありますが、世界的に見ても臓器くじを善とする社会は少ないです。

しかし、一般的に多く普及されている多数決はこれに近いです。
多数決は簡単に決まりがつきますが、その一方で誰かが犠牲になる可能性が高い事も知る必要があります。

関連記事

モラルジレンマ

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

浮きこぼれ(吹きこぼれ)

浮きこぼれは能力が高すぎて周囲となじめない人を指します。浮きこぼれは特に学校教育で問題になる事がある現象です。ギフテッドやタレンテッドの様に一般的な能力よりも高い能力を持つ生徒や、高い教育によって後天 …

センターピン理論

センターピン理論は影響力の大きいものに狙い効率よく成果をだす理論です。物事の要点を見極める事で効率的に大きな効果や成果が得られのが特徴で、ボーリングのセンターピンをたとえて提唱されているものです。ボー …

国民の階層分類(A層・B層・C層・D層)

国民の思想を分類したものです。思想で分類しているため、貧富の差は関係ありません。国民にはB層が多いとされています。そのため、B層に的を絞った選挙や、販売促進活動を行う事で成功しやすいとされています。小 …

男女のパラドックス(子供のパラドックス)

男女のパラドックスは問題に対する答えが直観とは異なるパラドックスです。通常は男女の比率は約1:1となるため、男女の問題ではその前提条件を元に考える事が多いです。しかし、その前提条件が変わる事があるため …

ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)

ヘンペルのパラドックスはカラスではないものの情報を集める事で、逆説的にカラスを証明するパラドックスです。「AはBである」反対に「BでないならばAではない」という事を前提にした内容です。「カラスは黒い」 …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ