空気感染 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

空気感染

投稿日:2020年4月8日 更新日:

空気感染は空気中を漂う病原体を吸い込む事で感染します。

空気感染は空気を感染経路とするため感染者から離れていても感染してしまう可能性があり、特に密閉された空間で同じ空気を共有している場合、感染の拡大につながります。

空気感染による感染の広がり方は

  1. 感染者が咳きやくしゃみなどをする。
  2. 感染者の体内から病原体が放出される。
  3. 病原体が空気中を漂う。
  4. 空気中に漂っている病原体を吸引する。

このように空気を感染経路として感染者が増加します。
そのため、有効な対策は同じ空間を共有しない事となります。

空気感染の対策

空気感染の感染経路は空気です。
そのため空気の流れを意識する事が大切です。

  • 空気の流れがある所では病原体が拡散されます。
     (広い範囲に病原体が拡散するため、密度が低い)
  • 空気の流れが悪い場所では病原体がその場に留まります。
     (狭い範囲に病原体が集中するため、密度が高い)
  • 空気の流れによっては、病原体が溜まりやすい場所ができてしまう事もあります。

病原体の密度が高い方が感染確率は上昇します、しかし、換気を行い濃度を下げる事によって病原体を広めてしまうため、対応が難しいです。
また、空気感染は感染者がその場から離れても、病原体がその場に留まる事で、感染者から離れた場所が感染場所となる事があるため、未然に防ぐことが難しいです。

通常の感染症では感染経路を遮断する事で感染を防ぐことができますが、空気を遮断するためには感染者を別室で隔離するだけでなく、同じ空調を共有しないなどの対策も求められます。

まとめ

空気感染は空気を共有する事で感染が拡大します。
しかし、飛沫感染のようにと混同してしまう方が多いです。

空気感染は空気を感染経路とするため、空気中に存在する病原体を吸入する事で感染します。
一方、飛沫感染は感染者から咳きやくしゃみなどによって体外に放出され、それが他者の粘膜と接触する事で感染が拡大します。
そのため、感染者から一定の距離を保つことで感染リスクを大幅に下げる事ができます。

このように対策が大幅に異なるため、感染源がどのような方法で感染を広めているかは重要になります。

関連記事

 飛沫感染

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

注意欠損・多動性障害(ADHD)

注意欠損・多動性障害(ADHD)は注意散漫な状態が続く症状です。ADHDは先天的・後天的に発症する症状で、注意散漫が原因で過活動・衝動性・不注意などがみられる症状でが、幼少期にADHDと通常の行動の差 …

急性ストレス障害(ASD)

急性ストレス障害(Acute Stress Disoder)は大きなストレス受ける事で日常生活に支障をきたします。基本的に急性ストレス障害は日常的なストレスで発症する事はありません。急性ストレス障害を …

発達性読字障害(DRD/ディスレクシア)

発達性読字障害(DRD)は文字を読む事が困難な症状です。DRD(Developmental reading disorder)は脳の使い方の違いによって先天的に文字を読む事が困難な症状(文字を認識・記 …

アウトブレイク(感染爆発/感染症集団発生)

アウトブレイクは特定の地域や集団内で、予想以上の感染症が一定期間発生する現象です。範囲が限られ、特定の期間で収束する感染症で、院内感染などの限られた範囲で爆発的に感染者が増加する際に用いられます。感染 …

学習障害(LD)

学習障害(LD)は極端に苦手な分野があり知的遅れがない症状です。学習障害は発達性障害の一種とされ、感覚器官の影響によって学習に大きなハンディを持つ方で、苦手な分野として語学・数学などの学習する際に必要 …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク