空気感染 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

健康

空気感染

投稿日:2020年4月8日 更新日:

空気感染とは

概要

空気感染は空気中を漂う病原体を吸い込む事で病気が発症してしまう事です。

空気感染は空気を感染経路とするため感染者から離れていても感染してしまう可能性があるため、感染源の特定・観戦原因の特定が難しいので対策が困難です。

空気感染で最も多いのは密閉された空間で同じ空気を共有している時なので、学校や職場などの特に人が集まりやすい環境に長時間いる場合、感染が拡大してしまう可能性が高いので定期的に換気を行うなどの対策が求められます。

空気感染の流れ

空気感染は、空気中に漂う病原体を一定量以上体内に取り込んでしまう事で感染症を引き起こすものです。
※少量なら免疫機能によって感染を食い止める事ができます。

基本的な感染の広がり方は

  1. 感染者が咳きやくしゃみなどをする。
  2. 感染者の体内から病原体が放出される。
  3. 病原体が空気中を漂う。
  4. 空気中に漂っている病原体を吸引する。

このように空気を感染経路として感染者が増加します。

そのため、有効な対策は同じ空間を共有しない事となります。

しかし、過去には病院内の空調が感染症対策に適合したものではなかった事で、隣の病室の患者から空気を伝って感染症が広まった事もありました。
※現在ではそのような事が起きないように対策されています。

空気感染の対策

空気感染の感染経路は空気です。

そのため空気の流れを意識する事が大切です。

具体的な内容としては

  • 空気の流れがある所では病原体が拡散されます。
     (広い範囲に病原体が拡散するため、密度が低い)
  • 空気の流れが悪い場所では病原体がその場に留まります。
     (狭い範囲に病原体が集中するため、密度が高い)
  • 空気の流れによっては、病原体が溜まりやすい場所ができてしまう事もあります。

病原体の密度が高い方が感染確率は上昇します、しかし、換気を行い濃度を下げる事によって病原体を広めてしまうため、対応が難しいです。
また、空気感染は感染者がその場から離れても、病原体がその場に留まる事で、感染者から離れた場所が感染場所となる事があるため、未然に防ぐことが難しいです。

通常の感染症では感染経路を遮断する事で感染を防ぐことができますが、空気を遮断するためには感染者を別室で隔離するだけでなく、同じ空調を共有しないなどの対策も求められます。

まとめ

空気感染は空気を共有する事で感染が拡大します。
しかし、飛沫感染のようにと混同してしまう方が多いです。

空気感染は空気を感染経路とするため、空気中に存在する病原体を吸入する事で感染します。
一方、飛沫感染は感染者から咳きやくしゃみなどによって体外に放出され、それが他者の粘膜と接触する事で感染が拡大します。
そのため、感染者から一定の距離を保つことで感染リスクを大幅に下げる事ができます。

このように対策が大幅に異なるため、感染源がどのような方法で感染を広めているかは重要になります。

関連記事

 飛沫感染

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

スマホ依存症(スマートフォン依存症)

スマホ依存症はスマートフォンの使用をやめられなくなり、多くの時間をスマホの使用に費やす状態です。近年の技術発展によってスマホは軽量で高機能となり、インターネットの普及や発展に伴い、電波の入るエリア・通 …

仮面鬱病(かめんうつびょう)

仮面鬱病とは 概要 仮面鬱病は鬱病(うつびょう)の一種で精神的症状よりも、肉体的症状の影響が大きく診られる症状です。うつ病は精神的な症状が広く知られていますが、身体的な症状が強く出る事もあります。仮面 …

書字障害(ディスグラフィア)

書字障害(ディスグラフィア)は字を書く事が困難な症状です。ディスグラフィア(dysgraphia)は発達障害の一種とされていますが字を書く事が苦手な事以外は周囲と差がないため、知的レベルが劣るわけでは …

睡眠サイクル

睡眠サイクルは睡眠時の浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)の繰り返しです。一般的には90分で1サイクルだと言われているため、1時間半、3時間、4時間半、6時間、7時間半の区切りで睡眠を終える …

ニコチン依存症(煙草依存症)

ニコチン依存症は依存症の一種でニコチンに依存している病気です。ニコチンは喫煙をすることで体内に吸収され脳に幸福感を与えるます。この幸福感がやめられずに依存してしまう人がニコチン依存症です。ニコチン依存 …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ