確証バイアス | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

確証バイアス

投稿日:2020年4月24日 更新日:

確証バイアスは肯定的な情報を重要視し、否定的な情報を軽視する心理です。

自分の考えに肯定的な情報を重点的に集める場合、否定的な情報には触れないようにします。
しかし、「肯定的な情報=重要な情報」とは限りません。
そのため、自分にとって都合の良い情報のみでは、重要な情報を見逃している可能性があります。
このような事から、肯定感のある偏った情報は先入観を抱えた考え方を強くし、狭い視野でしか物事を見る事しかできなくなってしうため、自身の成長を阻害してしまいます。

具体例

占いで用いられるコールド・リーディングは確証バイアスに関連しています。

占いで話題に上がる「人間関係に困っている」「お金で困っている」などの情報は多くの人が該当する内容にもかかわらず、それが個人の特徴であるかの様に説明しています。

実際に人間関係で全く困らない人は極わずかですし、お金で困らない人も極わずかです。

それでも占いが当たるとされるのは確証バイアスによる影響があります。
情報に該当する内容を自ら探し出し、そこに的をしぼって考えます。
この時に自分の経験の中から該当項目を見つける事で、自分のみが該当していると錯覚してしまいます。
このような先入観の影響を強く受ける事で確証バイアスが形成されていきます。

そして、これが繰り返されるうちに、偏見が強くなっていきます。

まとめ

自分にとって都合の良い肯定的な情報を集める事によって、否定される事もなく過ごす事ができます。
しかし、自分の都合の良い情報のみでは真実から目を背けているにすぎません。

真実と向き合うためには多面的な視点で柔軟な発想が必要になりますが、確証バイアスは視点を狭くし、否定的な発想を排除していきます。

このような考え方は成長する機会を奪っていきます。

学校のような教育課程では周囲が勉強をして成長していきます。
そして努力する事でテストの点数が向上し、目に見える結果が返ってきます。

しかし、社会に出るとこのように目に見える結果として返ってくることは減っていきます。

社会人の平均学習時間は6分といわれています。
この中には数時間勉強する方も含まれています。
つまり、多くの方がほとんど勉強をしていません。

しかし、努力しても報われるとは限りませんし、努力が報われるには人の何倍も努力し続けなくてはいけません。
そして、多くの人が途中で努力を怠ってしまうのが現状です。

備考

認知心理学や社会心理学における用語の一種です。

関連記事

 コールド・リーディング

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

ウィンザー効果

ウィンザー効果は直接的な意見よりも、第三者から間接的に聞いたほうが信憑性、信頼性が高まる心理効果です。当事者は自分に都合がいいように話を展開する傾向があります。そのため、当事者以外の第三者から得られる …

ナルシスト(自己愛性パーソナリティ障害)

ナルシストは自己愛性パーソナリティ障害を持った患者です。ナルシストは異様に自分が大好きで、自分の能力に対して根拠のない自信を持つ傾向があります。 パーソナリティ機能が欠落しているため、コミュニケーショ …

寛大効果(寛容効果/寛大化傾向)

寛大効果は他者の良い面は過大に悪い面は過少に評価する心理です。寛大効果は無意識のうちに他者の良い面は過大評価し、悪い面は過小評価する心理のため、実際の評価よりも寛大(全体的に良い)な評価となります。こ …

ロングテールの法則(ログテール効果/ロングテール現象)

ロングテールの法則は、高成績は一部でその他の需要は大幅に下がっている現象です。成績が悪いものは、成績が良いものの成績をさらに向上させることもあります。商品販売などで考えるとわかりやすいです。パレートの …

おとり効果

おとり効果は選択肢の中に不適切な選択肢を入れて特定の選択肢を選ぶ可能性をあげる心理効果です。おとり効果は主にマーケティングで用いられています。そのため、商品の陳列の際にはこれを意識した陳列がされている …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ