生活防衛資金 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

生活防衛資金

投稿日:

生活防衛資金は問題が起きた時に現状の生活を継続するための資金です。

生活防衛資金は現在の生活水準に合わせて決める必要があり、資産価値の変動が少ない現金や預金が代表的です。

一般的には最低でも3か月分の生活を行う預金を確保するとされています。
この3か月は個人の状況に応じて検討する必要があり、非常時以外に取り崩す事のない資金です。

倒産しそうな企業の会社員は多く確保した方がいいでしょうし、夫婦共働きで子供もいない、いざという時は親に頼る事もできるとなれば一般的な水準でもリスクは少ないです。

具体例

Aさん
20代前半会社員
一人暮らし
頼りになる両親健在
生活費が月15万円の場合

この条件で会社が倒産したとします。

20代前半でしたら3か月あれば基本的には再就職できると思います。
正社員になれずともアルバイトや派遣という選択肢もあります。
仮に再就職できなかった場合は両親に助けを求められる安心材料もあります。

そのため
15万円×3か月

45万円の生活防衛資金があればリスクは少ないです。


Bさん
50代後半
就労経験無し
投資家(信用取引有)
一人暮らし
身内はなし
生活費20万円

この条件で資産が大暴落してしまったとします。

信用取引の影響で100万円単位の請求が来る可能性もあります。
資産がなくなってしまうと労働収入を得る必要があります。
50代後半まで就労経験がない方が就労で月20万円の生活費を稼ぐのは現実的ではありません。
そのためここでは再投資で生計を立て直す計算を行います。

20万円×12か月は240万円
年利10%で運用できるとし、2400万円の再投資資金
ここに信用取引の支払いを100万円と過程

2500万円の生活防衛資金が必要になります。
しかし、暴落が起きた場合ですので、これでも不足感は否めません。

まとめ

具体例で取り上げたのはわかりやすさを重視し極端な例を用いました。
会社員の方はリスク管理が比較的わかりやすいですが、年齢の上昇共に生活費は向上し、再就職は困難になります。
そのため、生活防衛資金は増大していきます。

また、Bさんのような投資家の方は複雑で個人差が大きくなってしまいます。
投資を行っている方は自分の取れるリスクと常に向き合った投資を行う必要があるため、例のBさんのような場合はリスクマネジメントを行っていなければ50代になる前に破綻している可能性が高いです。

基本的に生活防衛資金が多くて困る事はありません。
そのため、少しでも不安を感じる場合は枠を多く取っておくことが大切です。
また、生活防衛資金は金銭的な余裕だけではなく、精神的な安定ももたらしてくれることがあります。
緊急時に使える資産は収益を生み出さなくてもそれだけで価値があると私は思います。

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

株主優待

株主優待は企業が株主に対して、利益を現金以外の形で還元するものです。株主優待を行っている上場企業は数多くあり現在1500社程度あります。しかし、上場している全ての会社が株主優待を行っているわけではあり …

クロヨン(トーゴーサンピン)

クロヨンは(9・6・4)は課税所得に対する不公平を意味する言葉です。クロヨンは税務署で把握している課税対象の所得の割合を示し、 給与所得者 9割自営業者 6割農林水産業 4割 といわれています。この割 …

自己破産

自己破産を行うと借金がなくなります。自己破産は借金の支払いができない事を裁判所に認めてもらう事で、借金の返済義務を法的に免除する事ができる制度です。この制度を利用するためには、財産(住宅や土地、車など …

安全余裕率(経営安全率)

安全余裕率は売上に対して利益が占める割合です。売上高と損益分岐点との差を示す指標です。そのため、安全余裕率が高ければ損失への耐性が高くなります。つまり、経営の安全度を示す指標の一つとして考える事もでき …

運用報告(2022年2月末)

今月の経済状況 注目 今月は株価の乱高下が凄かったです。2月24日にロシアがウクライナへ侵攻した影響でNYダウ工業株30種平均の前日比下げ幅が一時800ドル超えの低水準になりましたが取引終了前にはプラ …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ