無リスク資産(リスクフリー資産) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

無リスク資産(リスクフリー資産)

投稿日:

無リスク資産はリスクが少なく収益が得られる安全性の高い資産を指します。

一般的に元本が保証された安全資産を指します。
国債、銀行貯金などが主に該当します。
完全にリスクが存在しない事はありませんが、国債は国が崩壊しない限り大丈夫ですし、銀行預金は預金保証制度で一定額以上を保証する仕組みとなっているため基本的に元本割れがない安全な資産です。
そのため無リスク資産やリスクフリー資産と呼ばれ、元本が保証されている事が多いです。

投資の安定性を見る指標の一つにプロフィットファクター(PF)があります。
この数値が良ければ安定的な資産となります。

一般的にリスクとリターンは比例するため、無リスク資産による収益率は少ない傾向があります。

備考

無リスク資産よりもハイリスクハイリターンな資産をリスク資産といいます。
リスク資産は株や不動産などの元本が保証されていない資産です。
そのため、資産価値や利益率の変動で損失のリスクがあります。

また、無リスク資産とされる国債の中にもリスクのレベルがあります。
ドイツ、カナダ、シンガポールは高いランクと評価されているため、リスクが低いとされています。
日本の国債のリスクは高くも低くもないという評価になっています。
しかし、このランクはリーマンショックで大きな影響を受けた国が上位にはいっていたことから信憑性に疑問の声があがっています。

まとめ

無リスク資産は収益率が低いため、元本が少ない時に行っても収益効果はほとんどありません。
そのため、若くて元本の少ないうちはリスク資産を投資できるだけ保有(フルインベストメント)する事で収益性を高め、一定の資産を形成してから、資産三分割法のように値動きの異なる分散投資の投資先の候補とすることもあります。
このようにその時の資産や状況に応じて資産の管理(アセットマネジメント)を行う事が大切です。

関連記事

 アセットマネジメント
 資産三分割法
 フルインベストメント
 プロフィットファクター(PF)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

リスクオン

リスクオンはリスクを好んで取る事です。通常はリスクが増加する事でリターンも増加します。つまり、リスクとリターンが比例するため、リスクを増やす事でハイリスクハイリターンとなります。つまり、リスクオンはリ …

狼狽売り(狼煙売り/パニック売り)

狼狽(ろうばい)売りは株価が下落した際、冷静な判断ができずに売却してしまう事です。狼狽売りは価格が下落したことで「保有していると膨大な損失が発生する」と思い込んでしまい、冷静な判断を行う事ができないパ …

福利効果

福利効果は運用で得た利益を再投資する事で元本を増やし、増やした元本によって利益が増加していく効果です。当然利回りが良いほど利幅が膨らみますが、福利効果ではこの利回りが非常に重要な要素となってきます。 …

流動性リスク(リクイディティリスク)

流動性リスクは売買が減少する事で取引が成立しなくなる事で起こるリスクです。物の流動性が低下すると売りたい時に売れない・買いたい時に買えない可能性が高くなります。特に問題視されるのは短期間で売却したい場 …

金銭ステータス(マネーステータス)

金銭ステータスはお金を持っている人は価値がある人という考え方です。マネースクリプトで金銭ステータス(マネーステータス)意識が高い人は、人間の価値はお金を持っているかで決まると信じている傾向が強いです。 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ