無リスク資産(リスクフリー資産) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

無リスク資産(リスクフリー資産)

投稿日:

無リスク資産はリスクが少なく収益が得られる安全性の高い資産を指します。

一般的に元本が保証された安全資産を指します。
国債、銀行貯金などが主に該当します。
完全にリスクが存在しない事はありませんが、国債は国が崩壊しない限り大丈夫ですし、銀行預金は預金保証制度で一定額以上を保証する仕組みとなっているため基本的に元本割れがない安全な資産です。
そのため無リスク資産やリスクフリー資産と呼ばれ、元本が保証されている事が多いです。

投資の安定性を見る指標の一つにプロフィットファクター(PF)があります。
この数値が良ければ安定的な資産となります。

一般的にリスクとリターンは比例するため、無リスク資産による収益率は少ない傾向があります。

備考

無リスク資産よりもハイリスクハイリターンな資産をリスク資産といいます。
リスク資産は株や不動産などの元本が保証されていない資産です。
そのため、資産価値や利益率の変動で損失のリスクがあります。

また、無リスク資産とされる国債の中にもリスクのレベルがあります。
ドイツ、カナダ、シンガポールは高いランクと評価されているため、リスクが低いとされています。
日本の国債のリスクは高くも低くもないという評価になっています。
しかし、このランクはリーマンショックで大きな影響を受けた国が上位にはいっていたことから信憑性に疑問の声があがっています。

まとめ

無リスク資産は収益率が低いため、元本が少ない時に行っても収益効果はほとんどありません。
そのため、若くて元本の少ないうちはリスク資産を投資できるだけ保有(フルインベストメント)する事で収益性を高め、一定の資産を形成してから、資産三分割法のように値動きの異なる分散投資の投資先の候補とすることもあります。
このようにその時の資産や状況に応じて資産の管理(アセットマネジメント)を行う事が大切です。

関連記事

 アセットマネジメント
 資産三分割法
 フルインベストメント
 プロフィットファクター(PF)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

焼け太り

焼け太りは災害などの被害者が保証を受ける事で、被害を受ける前よりも生活が良くなる現象です。焼け太りの由来は、火災で損害を受けた際に保険によって補償金や見舞金などを受け取る事で以前の生活や事業を取り戻す …

現在価値(PV)

現在価値(PV)は現在を基準に価値を算出する方法です。ものの価値は変動しているため、同一のものでも過去・未来で異なった価値になります。(現在の価値を現在価値、未来の価値を将来価値と言います。)現在価値 …

プロフィットファクター(PF)

プロフィットファクターは投資の安定性を見る指標です。投資では収益のみ発生する事は基本的にはありません。そのため、損益のバランスを考慮し、安定して収益を出せるかが重要なため、その指標としてPFが用いられ …

損害遅延金(遅延賠償)

損害遅延金はお金の引き渡しが遅延した場合に追加で請求される賠償金です。基本的になにか契約を結ぶ時に金額とその引渡期限が決められています。そして、その引き渡し期限を守らない場合には何らかのペナルティーが …

安全余裕率(経営安全率)

安全余裕率は売上に対して利益が占める割合です。売上高と損益分岐点との差を示す指標です。そのため、安全余裕率が高ければ損失への耐性が高くなります。つまり、経営の安全度を示す指標の一つとして考える事もでき …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ