無リスク資産(リスクフリー資産) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

無リスク資産(リスクフリー資産)

投稿日:

無リスク資産はリスクが少なく収益が得られる安全性の高い資産を指します。

一般的に元本が保証された安全資産を指します。
国債、銀行貯金などが主に該当します。
完全にリスクが存在しない事はありませんが、国債は国が崩壊しない限り大丈夫ですし、銀行預金は預金保証制度で一定額以上を保証する仕組みとなっているため基本的に元本割れがない安全な資産です。
そのため無リスク資産やリスクフリー資産と呼ばれ、元本が保証されている事が多いです。

投資の安定性を見る指標の一つにプロフィットファクター(PF)があります。
この数値が良ければ安定的な資産となります。

一般的にリスクとリターンは比例するため、無リスク資産による収益率は少ない傾向があります。

備考

無リスク資産よりもハイリスクハイリターンな資産をリスク資産といいます。
リスク資産は株や不動産などの元本が保証されていない資産です。
そのため、資産価値や利益率の変動で損失のリスクがあります。

また、無リスク資産とされる国債の中にもリスクのレベルがあります。
ドイツ、カナダ、シンガポールは高いランクと評価されているため、リスクが低いとされています。
日本の国債のリスクは高くも低くもないという評価になっています。
しかし、このランクはリーマンショックで大きな影響を受けた国が上位にはいっていたことから信憑性に疑問の声があがっています。

まとめ

無リスク資産は収益率が低いため、元本が少ない時に行っても収益効果はほとんどありません。
そのため、若くて元本の少ないうちはリスク資産を投資できるだけ保有(フルインベストメント)する事で収益性を高め、一定の資産を形成してから、資産三分割法のように値動きの異なる分散投資の投資先の候補とすることもあります。
このようにその時の資産や状況に応じて資産の管理(アセットマネジメント)を行う事が大切です。

関連記事

 アセットマネジメント
 資産三分割法
 フルインベストメント
 プロフィットファクター(PF)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

レバレッジ効果

レバレッジ効果は自己資本を超えて運用資産を増やして取引する方法です。レバレッジは自己資本の他に他者の資本を借り入れる事で、少ない資金で大きなお金を動かす事ができるようになるため、少資本で少ない利益しか …

損益分岐点(採算点/BEP)

損益分岐点(採算点)は損益(損失と利益)がプラスマイナスゼロになるところです。基本的には個人でも、企業でも利益を出さなくてはいけません。一般的には利益を得るためには損失が発生します。そのため損失以上の …

民事再生(個人再生)

民事再生は借金を減額してもらう制度の一つです。民事再生は借金総額の全額返済見込みがない状態の人の借金総額を減額する制度で、減額後の借金を返済する事で減額された分の借金についても法律上の返済義務がなくな …

出産手当金

出産手当金は出産で会社を休んだ時に支給されます。出産するために会社を休んだ場合に給料を受け取る事ができない人が出産給付金を支給してもらう事ができます。しかし、申請が必要なので必要な書類を用意し申請しま …

iDeCo(イデコ)・個人型確定搬出年金

iDeCoの詳細はお取引機関で確認お願いいたします。この記事では、 iDeCoの仕組がお得かを考察しています。iDeCoは基本的に60才まで引き出せない積み立てですから、始める前にしっかりと調べたいで …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ