為替変動リスク | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

為替変動リスク

投稿日:

為替変動リスクは為替相場の変動によるリスクです。

日本の通貨と国外の通貨の為替相場は常に変動しています。
そのため、換金する際に為替の影響を受ける事があります。

また、金融商品はリアルタイムで価格が変動します。

円高時に購入したものを円安時に売却すると利益が発生します。
しかし、円安時に購入したものを円高の時に売却すると損益が発生します。

具体例

1ドル=105円の時に海外の商品Xを105円(1ドル)で購入しました。

その後に円高となり1ドル110円になった場合、商品Xの価値は110円となります。
この場合は105円が110円になったので、5円分資産価値は増加しています。

しかし、反対に円安となり1ドル100円となってしまった場合は商品Xの価値は100円となってしまいます。
この場合は105円が100円になったので、5円分資産価値は現象しています。

100~110円の約10円の違いですが、割合では10%の増減があります。
為替は割合で変化するので、金額が100万円でも10億円でも10%は10%です。

金額が大きくなるとこの影響は大きく、10億円の場合は1億円の差が生まれてしまいます。

※例のためわかりやすく記載しました。ここまで大きな差が生まれる事は稀です。

まとめ

為替の変動は国内のものと国外のものの取引によって生じる需給バランスによって変動します。

国内への輸出が増加すると円高になりやすく、国内への輸入が増加すると円安になりやすいです。

また、これは金融商品も同様で、海外から国内の商品の購入希望者が多ければ円高になりやすく、国内から海外の商品の購入希望者が多ければ円安になりやすいです。
現在は物の輸出入よりも投資資金の動きが大きい傾向があるため、為替相場の変動は複雑です。

カントリーリスクは国の情勢に強く左右されますが、為替変動リスクもあるので注意が必要です。

関連記事

 需給バランス
 カントリーリスク

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

リーマンショック(サブプライショック)

リーマンショックは2008年に起きた世界的な金融危機です。リーマンショックの株価下落率は1カ月で約30%、2か月で約40%の下落を記録し戦後最大の下落となりました。そして、この下落の影響は株価だけにと …

労使慣行(労働慣行)

労使慣行は就業規則に定められた内容とは異なった慣行がある場合は慣行の方が強い力を持つ事があるとするものです。就業規則は会社で定められたルールですが、そのルールとは別に慣行的(日常的に守られている)なル …

運用報告(2022年3月末)

今月の経済状況 注目 先月の株価の乱高下もすごいと思いましたが、今月も乱高下がすごかったです。今月は株価の下落が止まらずに25,000円を割ってしまい「岸田ショック」と世間で大きな話題(岸田さんが10 …

プロフィットファクター(PF)

プロフィットファクターは投資の安定性を見る指標です。投資では収益のみ発生する事は基本的にはありません。そのため、損益のバランスを考慮し、安定して収益を出せるかが重要なため、その指標としてPFが用いられ …

リスクオン

リスクオンはリスクを好んで取る事です。通常はリスクが増加する事でリターンも増加します。つまり、リスクとリターンが比例するため、リスクを増やす事でハイリスクハイリターンとなります。つまり、リスクオンはリ …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ