為替変動リスク | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

為替変動リスク

投稿日:

為替変動リスクは為替相場の変動によるリスクです。

日本の通貨と国外の通貨の為替相場は常に変動しています。
そのため、換金する際に為替の影響を受ける事があります。

また、金融商品はリアルタイムで価格が変動します。

円高時に購入したものを円安時に売却すると利益が発生します。
しかし、円安時に購入したものを円高の時に売却すると損益が発生します。

具体例

1ドル=105円の時に海外の商品Xを105円(1ドル)で購入しました。

その後に円高となり1ドル110円になった場合、商品Xの価値は110円となります。
この場合は105円が110円になったので、5円分資産価値は増加しています。

しかし、反対に円安となり1ドル100円となってしまった場合は商品Xの価値は100円となってしまいます。
この場合は105円が100円になったので、5円分資産価値は現象しています。

100~110円の約10円の違いですが、割合では10%の増減があります。
為替は割合で変化するので、金額が100万円でも10億円でも10%は10%です。

金額が大きくなるとこの影響は大きく、10億円の場合は1億円の差が生まれてしまいます。

※例のためわかりやすく記載しました。ここまで大きな差が生まれる事は稀です。

まとめ

為替の変動は国内のものと国外のものの取引によって生じる需給バランスによって変動します。

国内への輸出が増加すると円高になりやすく、国内への輸入が増加すると円安になりやすいです。

また、これは金融商品も同様で、海外から国内の商品の購入希望者が多ければ円高になりやすく、国内から海外の商品の購入希望者が多ければ円安になりやすいです。
現在は物の輸出入よりも投資資金の動きが大きい傾向があるため、為替相場の変動は複雑です。

カントリーリスクは国の情勢に強く左右されますが、為替変動リスクもあるので注意が必要です。

関連記事

 需給バランス
 カントリーリスク

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

ボラティリティ(ボラ)

ボラティリティ(Volatility)は価格の変動を表現しています。ボラ(ボラティリティの略)が大きいと表現される場合は価格の変動が激しい事を意味しています。そのため、ボラが大きいほどリスクも大きいで …

心理会計(メンタルアカウンティング)

心理会計はメンタルアウカウンティングや心の会計、心の家計簿など多くの呼び方があります。いずれもお金の使用目的や入手方法によって評価が異なる心理です。勘定項目毎に価値が異なり、平均評価額が心の中で決まっ …

ギャンブラーの錯誤(ギャンブラーの誤謬)

ギャンブラーの錯覚は確率の偏りが発生している状況では、その偏りが収束する確率が高いと誤認してしまう心理です。ギャンブルをしていて確率の偏りが発生している場合、感覚的にその偏りが収束するように働くと考え …

信用リスク

信用リスクは信用がなくなる事で起こるリスクです。信用を積み重ねる事は難しいですが、信用は一瞬で失います。そして、信用されている時にはわからなかった様々な問題が起こります。信用は目に見えないですし、数値 …

リスクアセスメント

リスクアセスメントはリスクの分析を行うプロセスです。現状問題が無い場合でも状況の変化によってトラブルが発生する可能性があります。トラブルの発生を未然に防ぐことや、対応方法の検討、その後の影響など、リス …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ