為替変動リスク | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

為替変動リスク

投稿日:

為替変動リスクは為替相場の変動によるリスクです。

日本の通貨と国外の通貨の為替相場は常に変動しています。
そのため、換金する際に為替の影響を受ける事があります。

また、金融商品はリアルタイムで価格が変動します。

円高時に購入したものを円安時に売却すると利益が発生します。
しかし、円安時に購入したものを円高の時に売却すると損益が発生します。

具体例

1ドル=105円の時に海外の商品Xを105円(1ドル)で購入しました。

その後に円高となり1ドル110円になった場合、商品Xの価値は110円となります。
この場合は105円が110円になったので、5円分資産価値は増加しています。

しかし、反対に円安となり1ドル100円となってしまった場合は商品Xの価値は100円となってしまいます。
この場合は105円が100円になったので、5円分資産価値は現象しています。

100~110円の約10円の違いですが、割合では10%の増減があります。
為替は割合で変化するので、金額が100万円でも10億円でも10%は10%です。

金額が大きくなるとこの影響は大きく、10億円の場合は1億円の差が生まれてしまいます。

※例のためわかりやすく記載しました。ここまで大きな差が生まれる事は稀です。

まとめ

為替の変動は国内のものと国外のものの取引によって生じる需給バランスによって変動します。

国内への輸出が増加すると円高になりやすく、国内への輸入が増加すると円安になりやすいです。

また、これは金融商品も同様で、海外から国内の商品の購入希望者が多ければ円高になりやすく、国内から海外の商品の購入希望者が多ければ円安になりやすいです。
現在は物の輸出入よりも投資資金の動きが大きい傾向があるため、為替相場の変動は複雑です。

カントリーリスクは国の情勢に強く左右されますが、為替変動リスクもあるので注意が必要です。

関連記事

 需給バランス
 カントリーリスク

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

非遡及型融資(ノンリコースローン)

非遡及型融資(ひそきゅうがたゆうし)は返済の範囲を限定する融資です。通常の融資(リコースローン)では返済が上手くいかない場合でも借入額+利息の合計を払う必要があるため、融資を受けた対象以外の資産を手放 …

埋没費用効果(コンコルド効果/サンクコスト効果)

埋没費用効果は、損切(損失を確定させる)ができない心理状態です。金銭、時間、精神などを投資し続ける事が損失になるとわかっていても、積み上げてきたものを失いたくない、無駄だと思いたくない心理です。始めた …

カントリーリスク

カントリーリスクは投資対象が特定の地域に偏っているため、リスクが上がっている状態です。投資対象が特定の地域に偏るとその地域で政治・経済・社会情勢などでなにかしらの問題が起きた場合、大きく資産価値が低下 …

内在価値

内在価値は時価に左右されない本質的な価値です。主に投資の際に用いられる用語で、株式投資などで用いられる事が多いです。株式では株の需要と供給のバランスが一致する価格がその企業の株価となるため常に変動しま …

富裕層

富裕層は資産が多い世帯と一般的には認識されています。日本は資本主義国家であるため、資本が多いほど選択肢が多く有利な傾向が強いです。そのため、特に資産の多い世帯を富裕層(富裕層の条件は一般的に「は純金融 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ