浮きこぼれ(吹きこぼれ) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

浮きこぼれ(吹きこぼれ)

投稿日:2020年3月19日 更新日:

浮きこぼれは能力が高すぎて周囲となじめない人を指します。

浮きこぼれは特に学校教育で問題になる事がある現象です。
ギフテッドタレンテッドの様に一般的な能力よりも高い能力を持つ生徒や、高い教育によって後天的に能力が高くなった人は周囲との能力差が生まれてしまい学習ペースに不満を抱く傾向が強いです。

また、ギフテッドタレンテッドは先天的に知能が高いため、日常的な会話にも能力の差が生まれてしまい、同級生とは話がかみ合わず、孤立してしまう事も多いです。

能力的に高い反面、精神的に幼いため言動に現れやすく、同年代の周囲の子との差を埋めるのに苦労する傾向が強いです。

そのため、自身よりも年齢が上の人と話す事が多くなります。
そして、大人と会話する事が増えると同級生とは話が合わなくなっていき、さらに孤立を加速させて周囲との溝を深めてしまいます。

海外では能力が高い生徒を飛び級という形で先の学習へ進ませることで能力が高い生徒が不満を抱かないような仕組みとなっているところも多いです。
また、このような能力の高い生徒を集めた専用の教育機関もあります。

浮きこぼれの気持ち

浮きこぼれの気持ちを考えるのは自分よりも年齢が大幅に下の教育課程に混ざる事を想像していただければわかりやすいです。

中学生でしたら、小学校低学年の授業を受ける事を想像していただければわかりやすいです。

自分の学力は中学生レベルですが、周囲の学力は小学生レベルです。
先生の教える学習レベルも小学生レベルです。
ひらがなやカタカナの練習からです。

中学生レベルの生徒が小学生レベルの教育を受けても学ぶ事はありません。

そうなると授業は面白くないです。
さらに、周囲と能力が異なるため会話も理解されない事が多いです。

これは日本の教育が年齢で授業内容を統一しているためです。

まとめ

日本ではギフテッドタレンテッドに対する認知が海外よりも遅れています。
そのため、進むべき道をサポートしてあげる事で将来大きな成果を出せる能力が埋もれてしまう環境です。

授業を聞いていないのに勉強は人一倍できる生徒を目にしたことはありませんか?
そういう生徒の多くは能力に見合った授業が提供されていない可能性が高いです。
本来ならば伸びる才能が伸び悩んでしまう事で、周囲から浮いた存在となってしまう事も珍しくありません。

才能のある方がその才能を伸ばせる環境が必要です。
そのためには理解ある方が一人でも増える事が大切です。

備考

浮きこぼれは吹きこぼれともいわれ、落ちこぼれの対義語とされています。

関連記事

 ギフテッド
 タレンテッド

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

国民の階層分類(A層・B層・C層・D層)

国民の思想を分類したものです。思想で分類しているため、貧富の差は関係ありません。国民にはB層が多いとされています。そのため、B層に的を絞った選挙や、販売促進活動を行う事で成功しやすいとされています。小 …

フリン効果

フリン効果はIQ(アイキュー)の推移が向上する事です。反対にIQの推移が低下する場合は、負のフリン効果と呼ばれます。フリン効果によるIQ(アイキュー)の推移の研究では、1970年代をピークにIQ(アイ …

コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

コペルニクス的転回は価値観や考え方が全く異なったものになる事です。コペルニクス的転回はコペ転と略され、パラダイムシフトと同じ意味で用いられ、根本が覆る事、考え方や発想が全く異なった事の例えで用いられる …

フェルミ推定(フェルミの問題)

フェルミ推定とはいくつかの手がかりを元に論理的な概算を求める方法です。求めたい数値を仮定とする情報を元に論理的に分析するため、答えのわからない問いに対しての一つの解決方法として重宝されています。しかし …

水平思考(ラテラルシンキング)

水平思考はラテラルシンキングともいわれ、既成概念や固定観念のような前提条件に支配されない自由な発想です。物事を多面的に捉え、多くの視点から見て発想を広げ、新たな要素を取り入れたり、既存の要素を取り除く …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ