民事再生(個人再生) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

民事再生(個人再生)

投稿日:2020年5月27日 更新日:

民事再生は借金を減額してもらう制度の一つです。

民事再生は借金総額の全額返済見込みがない状態の人の借金総額を減額する制度で、減額後の借金を返済する事で減額された分の借金についても法律上の返済義務がなくなります。

具体例

借金の総額が3,000万円の場合
借金の弁済額の上限は1/10のため、借金の減額が最大の状態で300万円の借金残高(300万円よりもへることはない)になります。

そのため、借金の減額は3,000万円-300万円=2,700万円となります。

つまり、3,000万円の大半の借金がなくなり、
返済額が大幅に減額されます。

その結果、借金の2,700万円は法律上の返済義務がなくなります。

しかし、この制度を利用すると返済額が減額される反面、名前などの個人情報が広報に乗ってしまいます。

民事再生の特徴

民事再生を行う際の特徴は何点かあり

  • 借金の総額が5,000万円以下
  • 借金の全額返済見込みがない
  • 借金の返済が難しい主たる理由が個人の怠慢ではない
  • 財産を所持したまま借金の減額を行う事ができます
  • 官報に掲載されます
  • 就業できない職業ができます
  • 最低弁済額以上の返済義務が生じます

このような特徴があります。

最低弁済額は借金総額から借金を減額してもらった後の返済額の基準です。

減額前の借金総額最低弁済額
100万円未満借金総額
100万円以上~500万円以下100万円
500万円超~1,500万円以下5分の1
1,500万円超~3,000万円以下300万円
3,000万円超~5,000万円未満10分の1

※ 基本的には最低弁済額は3年以内(特例で5年以内)に返還しなくてはいけません。

さらに、民事再生は「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」に分類されます。

基本的には小規模個人再生の方が返済額が少ない傾向があります。
しかし、小規模個人再生を行う場合は「債権者の半数以上の同意」か「債権額の半数以上を所持する人の同意」が必要なため、この制度を利用できない場合があります。
そのような場合でも、会社員などの安定した収入がある人は、給与所得者等再生を申請し借金の減額を申請できる可能性が高いです。

まとめ

借金の減額をしてもらう制度は便利な制度で利用する事ができるならばしたいと思う方もいるかもしれません。

しかし、このような制度を利用する際には社会的信用が低下します。

特に信用情報を保管する機関でこのような状態は記録され、クレジットカードやローンの申請の際にその保管されたデータを照会され申請が通らなくなります。

さらに、民事再生の対象となる借金総額が5,000万円以下という条件を超えた借金を返せなくなった人は自己破産となりますが、自己破産を行う場合は官報(日本の機関紙)に個人情報の一部が公開されます。

このように借金を返済しない事に対してのリスクが発生するため、気軽にできるものではありません。

関連記事

 小規模個人再生
 給与所得者等再生
 自己破産

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

マネースクリプト

マネースクリプトはお金に対する価値観です。マネースクリプトを大まかんに分類すると4つに分割する事ができます。分類された傾向や特徴を見る事で、自分の価値観を認識し、苦手な事を理解し改善しやすくなります。 …

レバレッジ効果

レバレッジ効果は自己資本を超えて運用資産を増やして取引する方法です。レバレッジは自己資本の他に他者の資本を借り入れる事で、少ない資金で大きなお金を動かす事ができるようになるため、少資本で少ない利益しか …

複利計算

複利の計算です。元金を複利運用した計算結果を表示します。※積立ではありません。 (積立はこちら→積立計算(複利運用)) 参考 年利3%程度 : リスクを抑えた投資年利5%程度 : リスクもリターンも中 …

複利効果

複利効果は運用で得た利益を再投資する事で元本を増やし、増やした元本によって利益が増加していく効果です。当然利回りが良いほど利幅が膨らみますが、複利効果ではこの利回りが非常に重要な要素となってきます。 …

資本主義(資本制)

資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。資本主義は取引を行い、競争が起き、発展していくのが特徴とされています。しかし、放任するだけで経済成長が伸び続けるわけではなく、金融危機の影響な …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ