教師期待効果(ピグマリオン効果/ローゼンタール効果) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

教師期待効果(ピグマリオン効果/ローゼンタール効果)

投稿日:

教師期待効果は心理行動の一つで、教育者が学習者に対して期待をする事で、成績の向上に影響を与える効果です。

教師に期待されることでその期待に応じた働きを見せる心理行動です。

教師期待効果、ピブマリオン効果、ローゼンタール効果など、多くの呼び方がるものの、効果の影響には賛否両論あり、複数の心理効果が左右する可能性もあるため、必ずしもこの効果の通りとなるわけではありません。

具体例

期待されている生徒Aさんと、期待されていない生徒Bさんの例です。

教師はAさんと、Bさんに対して接し方は異なります。
これは客観的にだけではなく、主観的にも感じる事ができます。

AさんもBさんも同じ60点を取った場合、Aさんに対して教師は心配し声をかけるかもしれませんし、保護者の方へ連絡するかもしれません。
しかし、Bさんに対して心配する事はないでしょう。

そして、この扱いの差は本人たちも自覚し、異なる精神状態を生みます。

Aさんは同じ点数を取ると周囲から不審がられるため、いい点を取るために勉強をしなくてはいけないと思うはずです。
Bさんは周囲が納得しているので現状維持でいいと思うはずです。

この気持ちの違いが成績に影響を与えます。

まとめ

教師は優秀な生徒に対してやる気を出します。
そして、そのやる気は生徒にも伝わります。

この実験では優秀な生徒とされていますが、大切なのは教師が指導したくなる生徒である事です。

そのため、効率よく指導してもらうには、指導者のやる気を促すことが大切です。
つまり、指導される際の姿勢を良くすることで指導者のやる気を助長させます。
反対に、指導に対しての姿勢が不真面目な方は放任されてしまいます。

ドラマや漫画で多くある不良生徒の成績が伸びていくのは、その伸びしろに期待しているためです。
伸びしろが多い方が指導者もやりがいを感じます。
しかし、生徒へ指導を続けても改善の見込みがないと認識してしまうと、ピグマリオン効果の影響はなくなってしまいます。

備考

アメリカ合衆国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールが実験を行いました。
ピグマリオン効果はギリシャ神話から引用され名づけられました。

実際の実験内容

担当の教師に、ランダムに選んだ生徒の一覧という事を伏せ、これから成績の伸びる生徒のリストと教える事で、実際にその選ばれた生徒の成績は向上しました。

ピグマリオン効果の反対で、教育者が学習者に対して期待をしない事で生成の成績低下に影響を与える効果がゴーレム効果です。
しかし、この二点の因果関係はないとされています。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

帰結主義(結果主義)

帰結主義は結果を重要視し、その結果から行動が正しいのかを判断します。基本的に何かを進めるには行動を行った後に結果が生まれます。帰結主義では結果を見る事で、その行動が有効かを判断します。帰結主義では努力 …

アンダーマイニング効果

アンダーマイニング効果は報酬を用意する事でやる気が低下する心理です。アンダーマイニング効果(undermining effect)は自発的な行動を行っている人に対して報酬を提示する事で、自発的行動が報 …

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群)

茹(ゆ)でガエル現象は環境の変化に対応する事の危険性の例えで使われています。熱湯にカエルを入れるとカエルは逃げてしまいます。しかし、カエルを入れてから徐々に水温を上げていくと逃げるタイミングを失って、 …

ホーソン効果

ホーソン効果は期待されることで行動の変化を起こす現象です。一般的に他者は興味や関心を持つと、同時に期待を寄せる傾向があります。そして、期待を寄せられるとその気持ちに応えようとする心理(教師期待効果)が …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ