接触感染 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

健康

接触感染

投稿日:

接触感染は病原体と接触する事で感染が広がります。

接触感染という名前から、手で触れるだけでは感染すると思うかもしれませんが、粘膜に病原体が接触しない限り感染しません。

粘膜は皮膚によって守られていますが、目や口や傷口などは粘膜が露出しているため、病原体を接触させないようにする事で感染の拡大を抑制します。

接触感染には感染経路によって「直接接触感染」「間接接触感染」の二つに分類されます。

  • 直接接触感染
     粘膜同士の接触で感染が広がります。
  • 間接接触感染
     病原体に触れた手などが粘膜に接触する事で広がります。

具体例

直接的な接触感染

直接的な接触感染は粘膜同士の接触によって感染が拡大します。
そのため唇や傷口などの粘膜が直接触れる事が原因です。

間接的な接触感染

間接的な接触感染はなんらかの物質の表面に病原体が付着しそれが原因で感染が拡大します。

  1. 病原体は咳きやくしゃみなどによって感染者の体内から放出されます。
  2. 放出された病原体が手などに付着します。
  3. 手などに付着した病原体はドアノブのような不特定多数の方が触る所に触れることで、次に触る人の手に付着します。
  4. 病原体の付着した手で目や口などを触る事で感染者が増加します。

感染対策

接触感染は病原体が付着したものが粘膜に触れる事で感染します。
そのため接触感染を防ぐには

  • 粘膜同士の接触を避ける
  • 他者が触れるものには触れない
  • 他者が触れたものに触れるたらすぐに消毒する
  • 粘膜に直接触れない

このような対策が有効です。
しかし、気を付けていても感染してしまう可能性は十分にあります。
接触感染が広まりやすい「ドアノブ」「携帯電話」などには要注意です。

まとめ

接触感染は、飛沫感染空気感染よりも対策が具体的で現実的なものが多いです。
そのため対策を徹底する事で接触感染による感染リスクを下げる事ができます。

しかし、接触感染の多くは感染経路が接触感染のみではなく、飛沫感染での拡大も想定される可能性が高いです。
そのため、飛沫感染の対策も同時に行い感染のリスクを下げる事が重要です。

関連記事

 空気感染
 飛沫感染

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

セルフ・ネグレクト(自己放任)

セルフ・ネグレクトは自身の生活を放任する事で心身の安全や健康が脅かされます。セルフ・ネグレクトはなにもする気力がなくなり、生活を維持する事ができなくなり、生活環境や栄養状況が悪化してもそれを改善しない …

児童虐待

児童虐待は子供を虐待する事です。全ての児童には愛され、健やかに育つ権利が法律によって補償されています。 児童福祉法 第一章 総則  第一条 全ての児童は、児童の権利に関する条約と精神にのっとり、適切に …

サヴァン症候群

サヴァン症候群は障害(自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群/ASD)や発達障害など)がある人の中で優れた能力を併せ持っている人を指します。サヴァン症候群は近年認知された症状で、特定の分野で突出し …

フラストレーション

フラストレーションは欲求が満たされない事生じる不快な気持ちです。基本的に人はなにかしらの欲求がありますが、その欲求は常に満たせるものばかりではありません。欲求を満たすためには行動を起こそうとしますが、 …

ニコチン依存症(煙草依存症)

ニコチン依存症は依存症の一種でニコチンに依存している病気です。ニコチンは喫煙をすることで体内に吸収され脳に幸福感を与えるます。この幸福感がやめられずに依存してしまう人がニコチン依存症です。ニコチン依存 …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ