接触感染 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

接触感染

投稿日:

接触感染は病原体と接触する事で感染が広がります。

接触感染という名前から、手で触れるだけでは感染すると思うかもしれませんが、粘膜に病原体が接触しない限り感染しません。

粘膜は皮膚によって守られていますが、目や口や傷口などは粘膜が露出しているため、病原体を接触させないようにする事で感染の拡大を抑制します。

接触感染には感染経路によって「直接接触感染」「間接接触感染」の二つに分類されます。

  • 直接接触感染
     粘膜同士の接触で感染が広がります。
  • 間接接触感染
     病原体に触れた手などが粘膜に接触する事で広がります。

具体例

直接的な接触感染

直接的な接触感染は粘膜同士の接触によって感染が拡大します。
そのため唇や傷口などの粘膜が直接触れる事が原因です。

間接的な接触感染

間接的な接触感染はなんらかの物質の表面に病原体が付着しそれが原因で感染が拡大します。

  1. 病原体は咳きやくしゃみなどによって感染者の体内から放出されます。
  2. 放出された病原体が手などに付着します。
  3. 手などに付着した病原体はドアノブのような不特定多数の方が触る所に触れることで、次に触る人の手に付着します。
  4. 病原体の付着した手で目や口などを触る事で感染者が増加します。

感染対策

接触感染は病原体が付着したものが粘膜に触れる事で感染します。
そのため接触感染を防ぐには

  • 粘膜同士の接触を避ける
  • 他者が触れるものには触れない
  • 他者が触れたものに触れるたらすぐに消毒する
  • 粘膜に直接触れない

このような対策が有効です。
しかし、気を付けていても感染してしまう可能性は十分にあります。
接触感染が広まりやすい「ドアノブ」「携帯電話」などには要注意です。

まとめ

接触感染は、飛沫感染空気感染よりも対策が具体的で現実的なものが多いです。
そのため対策を徹底する事で接触感染による感染リスクを下げる事ができます。

しかし、接触感染の多くは感染経路が接触感染のみではなく、飛沫感染での拡大も想定される可能性が高いです。
そのため、飛沫感染の対策も同時に行い感染のリスクを下げる事が重要です。

関連記事

 空気感染
 飛沫感染

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

書字障害(ディスグラフィア)

書字障害(ディスグラフィア)は字を書く事が困難な症状です。ディスグラフィア(dysgraphia)は発達障害(LD)の一種とされていますが、字を書く事が苦手な事以外は周囲と差がないため、知的レベルが劣 …

スーパースプレッダー

スーパースプレッダーは感染症を通常の想定以上に感染させる恐れのある感染源です。一般的な感染源は3人程度までへの感染で収束する一方で、スーパースプレッダーは10人以上へ感染させる感染源と定義され、数十人 …

自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群/ASD)

自閉症スペクトラム障害は対人コミュニケーションが苦手な症状です。自閉症スペクトラムは旧アスペルガー障害で、ASDとも呼ばれ一般的には発達障害の一種とされています。ASDは知的能力(IQ(アイキュー)) …

感染経路

感染経路は病原体が感染者を増やす経路です。感染経路は「空気感染」「接触感染」「飛沫感染」「媒介感染」などがあり、対応策も異なるため、感染経路がわからなければ対応が難しいです。 空気感染 特徴:空気中に …

ストレス

ストレスは精神的・肉体的に負担となる刺激です。心身は刺激に対して反応を返します。この際にエネルギーを消費します。肉体的に刺激を受けると疲労として症状が現れます。疲労を回復するためにはエネルギーを補充す …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ